こんなに忘れてるっけ?

新緑がきれいなシーズン。考えてみたらみずみずしいグリーンの葉っぱの時期って一年のうちでもそう長くないですね。5月から10月ぐらいまで。半年もないね。
標高の高いところに行くともっと短いわけで。
去年撮った写真をみかえしていたらもう9月の始めぐらいに桜の葉っぱが黄色くなっていたので、桜の葉も短いなあ。

今年は雨もあり晴れもありの梅雨です。去年のことを考えたら今年はだいぶ楽な感じがします。とりあえず庭のいろいろな草木にお水をあげなくてもいいし、それぞれがみずみずしくしているのをみるとありがたいよ。

上の写真。コゲラちゃんがいました。新緑とコゲラ、どちらもきれい。

トビちゃん通過。

カワラヒワが見えるところでビーンビーンと鳴いてたけれど飛び立ちました。
飛ぶ瞬間を撮れるとうれしい気持ちになる。

社会を経験しだしたちゅんこベビ。

見るものすべてがどう映っているのかな。

 

昨日もいたキビタキ、ぶわっと羽づくろい。なんか違う形の鳥さんになってる。くつろいでいるのならなにより。

全体的に鳥が少ないので花畑のほうに移動。今日もオルレアにジャノメちゃんがいました。

ぶんぶんマタギなクマバチをこのころはメインに撮っていました。虫は難しいね。格段に。飛んでる姿を撮るのは。
ムギュ!と花につかまってムギュムギュムギュ!って花粉をおなかにためこんで足にくっつけているのかな。クマバチってミツバチみたいに足にまるまるをくっつけてないけれど足が太そうだからしっかりくっついているのかしら。
いざ「クマバチは花粉を集めてるのか」とか「味わってるのか」って思うとわからなくて都度調べたり、いきものの習性って分かっているようで全然わかんないね。忘れてしまっているのか分からないままだったのか。
分からなくても普通に生活はしていけるけれど、分かると楽しい。

知識の引き出し、なかなか数が増えないなあ。むしろ減っていっているのをあわてて補充している感じ。私ってこんなに忘れてるっけ?て思うことも多いしね。

晴れやかな朝、飛び去るきみについていきたい

最近写真に対して弱気になっているの、なんでかなーって思ったら単に「鳥枯れ」なだけだった(笑)

そうじゃんいつもそうなるじゃん、撮れる鳥さんが地元で少なくなると一気にテンション下がるもんね。これなんでなのかなと考えてるけど機会損失みたいなものに近い感情かも知れない。

ということで・・バラの花も咲きはじめたころ、小鳥も少なくなってきているのですがチョウチョを見つけては追っています。ジャノメちゃん、今朝は黄色のバラが好きみたい。

うーん・・・ヒョウモンは何度見てもツマグロのおんなのこ以外は「誰だっけ」てなる。きみはツマグロのおとこのこ、だよね。たぶん。

写真って難しいなーと思う、一枚。ファインダーで見るともうちょっと色味が濃くていい感じなのに撮ると色が飛ぶなあ。
やっぱ7dmk2のファインダーはとても見ていて気持ちがよすぎ。撮れる写真とのギャップに迷うことがある。
色が飛ぶ覚悟で明るめで撮るけれど、かといって露出を下げるとカワラヒワ暗くなるし。測光の問題なのか?まだまだ未熟ね・・
こういう写真が一番上手く撮れるようになりたいのだけど。

コゲラちゃんがくつろいでいました。今年はいつもの公園で営巣はしていないみたい。去年は一番見やすい木に巣を作って巣立ちまで見ることが出来ました。

キビタキが気持ちのいい声を聞かせてくれたよ。きみ、時々ここに登場するよね最近。前は毎日続けていてくれたよね。

木のあるところに行ったり、花畑に行ったり、の往復を数回いつものお散歩で繰り返しています。あ!クロマルハナバチ☆かわいいよねきみ。まんまるで。そしてお仕事いっぱいくっつけてる。おつかれさまだよ。

ちゅんこも毎日すくすくです。ごはんもらえたね!

そのぽってりおなかがかわいくてかわいくて・・

後ろ追いだけれどゴイちゃん。このとき、今季初でした。
多分5月ぐらいにはもう渡ってきてると思うのだけど、今年は何度もここに書いている通りサギのコロニーがなくなってしまったので彼らはどこで過ごしているんだろうと気になってます。
飛び去るきみについていきたいところだよ。

かわいいにも程がある

6月って長い。いつまでたっても終わらない感じ。
しかも今年は月末週末だもんね。なんだか時間を余分にもらっているような、それとも7月まで足踏みされているような。

 

カワラヒワおやこ。下がベビです。実はしきりに親にごはんをねだっていました。
でももらえない。親離れを促されていますね。ファイトだー。

オルレアがよく咲いています。ジャノメちゃんがよく来ているのでパチパチ撮っています。ジャノメちゃん自体、あんまり美しいというよりもちょっと柄にドキドキしてしまうほうだけど、これも神様がきみたちのために作ってくれた素敵なお洋服。

正面向くとかわいい感じの顔になるね。

ジャノメちゃんは、目が黒いのかなー。それとも黒いように見えるだけかな。ほかのちょうちょと比べるとちょっと目が黒いような気がするんだ。

白い花は飛びまくるね(苦笑)。

シジュッちがきました。おとなですね。なにかものをいいたげ。

足元にはテントウちゃん。

ちゅんこのベビがいました☆かわいいなあ。奥のベビ、ねてるよ。
ほんとふわっふわだよね。かわいすぎるにも程があるぞ。

一枚目のカワラヒワとは違う親子です。木陰でにぎやかに3羽のベビがママを待っているようでしたが来たとたんこう。
大人気のママ。はぁ・・ベビはかわいい。幸せな気持ちになる。

ふたたびてんとうちゃん。
てんとうむしって、いるときはあちこちに見つけることができるのにいったん見かけないとずーっと見ないんだよね。
ということは、えさがあるときとないときの差なのかな。

夏はけだるい

ちょっとけだるかったので、にっき2日とばしましたー。

と言ってもどれだけの方がここを見てくださってるか・・夏はとかくけだるいです。あまり得意ではありません。
昨日のお散歩のとき暑くて暑くて胸がドキドキしてしまった。
これは熱中症あぶないよーのサインです。これからは気をつけて行かなくてはいけないんだね。いつものお散歩も汗をかくので服まわりのあらいものが増えるシーズン到来だな。

まだすがすがしいナンジャモンジャの花が咲くシーズン。とてもこの花は花といえない形だけれどさらさらした印象で、いいですね。好きです。

白い色ってのもいいね。

小鳥たちの姿が少しづつ少なくなってきているから花畑のほうに。オルレアにジャノメちゃんがいました。

モッコウバラもちょうどいい感じに満開。いい時期だ。

しじみんが細くなってとまっていました。まだ朝だからね。のんびりしてるんだね。

あら、カンムリカイツブリ、まだまだいるねー。一羽だけ。いつもの子かな。

ちゅんこたちも徐々に巣立っていってて、毎日かわいい。
この日は地面にいました。むこうのほうに親がいますよ。

そうそう。
冬のはじまりぐらいに職場にあるミカンの木で育って壁際にさなぎをこしらえたちいさなアゲハ。
秋の子だからほんとに小さいサイズのさなぎになっていて、しかも大掃除の時にひっかけてコロンと下に落としてしまい、さなぎポケットを急きょ作ってその中に入れておいたんです。
これ春になったらちゃんとかえるのかなぁ?と思っていたそのさなぎが、無事かえりました!

さなぎが小さかったから小ぶりなアゲハ。5月のある朝、羽化しているところを発見できました。私がみつけたときはもう、しっかり羽根をのばしているところ。
このあと1時間ぐらいしたら飛んで行きました。元気でねー。
ちょうちょの羽化ってドラマチックだよね。

写真はまたいつもの公園。上の写真とはまた別の日。
スイバにベニちゃん。色が同化してていいかんじ、かわいい。

スイバの色もちょうどいいかんじ。こういう日ってほんと、数日ぐらいで過ぎちゃってあっという間にボサボサになっちゃうよね。

ここにもベニちゃん。

いつもの公園にはベニちゃんがいてくれて、私はうれしいんだ。オレンジ色かわいいもの。

絶賛ヒタキ類祭り(上高地④)

ひきつづき上高地の5月上旬の写真です。

青いルリもいっぱいいましたが、ところどころでおんなのこも見かけました。かわいいねーかわいいねー。

マガモのオチリ。一羽だけ、梓川の方を見て何か考え事をしているみたいでした。

そしてまたルリ。ルリばっかり!すごい。私去年までずっとルリにほとんど逢えなかったけどこの時期に来たらこんなにいるんだね。

またまたルリ。違う個体です。ふんわり感、好みですがもうちょいしっかりピントあわせたかったなあ。

そしてまたルリ。全部違う個体。どれだけいるのって感じです。

そしてまた違うルリ。多分撮れてないだけでも10羽はいたぐらいなので、明神のほうへ足を延ばしたらもっといると思うよ。

かさこそ、かさこそと茶色い姿が動いていたのでもしかしたらと思ったらミソっちではないかあ!こんな見つけやすいところにいるとは思いませんでした。

ちょと、拡大。休みなく動きまわるよ。

そしてまたむこうのほうへ消えて行きました。

アオジちゃんはまあまあ、いたかな。真夏ほどではなかったですがちょいちょい見かけました。また夏にかわいいさえずり聴かせてね。

地元にはいないゴジュウカラにも逢えました。ん~!でもこの日はこの写真ぐらいかな。

コサメちゃんもちょこちょこと見かけました。飛び方かわいいなと毎回思うよ。

パウダーシュガーかのような真っ白な雪。そして濃すぎる青空。ほんとに雲ひとつない日でした。多分木陰を歩いていたけど日に焼けたと思う。風と空気が冷たいから心地がいいけれど、帰ったら唇が焼けてたみたいでじわじわ皮がむけてきました。

地面にはヒガラ。なにかくわえていますね。

コガラも元気。ここに来たらコガラがいるーってポイントがあるのでそこに行ったら、いました。

上手にぶらさがるよねー。

正直コガラとヒガラは見慣れてないので鳴き声だけでは「どっちだっけ」て判別を覚えられてないのですが、彼らの声はどっちにしてもとても気持ちがよくなります♪

あ!ここにもルリがいた。すごいなあ。どこにでもいるよ。

キビタキもホントに多い。この日、ヒタキ類祭りでしたw

また違うルリ。ほんとに、一定の距離を置いてルリがいっぱいいたんだ。
次に来たときはいるかなあ?こんなに1日で逢えてしまうとルリに見慣れてしまうというなんという贅沢現象。
地元ではいつもの森に1羽だけだよ?

みんなどんどん集まって来ていたんだねー。どれだけここで営巣するんだろう。あちこちでベビ見られるんだろうか☆☆だとしたらすごく楽しみ。またすぐ来たくなってしまうよ。

仕事のお靴&小鳥がいっぱいの上高地③

なんか知らないけどこの時期、結構くたびれますね。
毎日帰宅すると足の裏がどかーっと熱い感じがしています。なんならお昼ぐらいにも。そんなに歩いていないけれど靴下、もうちょっと厚めのものを履いた方が疲れないかな~。

仕事で履いている靴、ソールが薄いものなんだけどデザインが気に入っていて、もう同じの3足目。
薄いので割とすぐ靴底がすれてしまって、すれてしまうと滑りやすくなるので半年ぐらいで買い換えているのね(もともとリーズナブルってのもある)。で、こないだ3足目を買いに行ったら在庫がなくて取り寄せをしてもらったの。
全国にチェーン展開している靴屋さんなので違うお店から送ってもらったそうなんだけど、どうも在庫がなくなったらこのデザインのは終わりみたいで、もう1足同じのを買ってしまった。
最近は新しいものを探してもなかなか気に入るものがなかったりするので同じのをリピすることが多いです。服も。
新しいものも試したい気持ちはいっぱいあるけれど、なんかねぇ、気に入るのがなくてねえ。なんでだろー。
とりあえずこれから1年ぐらいは靴に悩まなくてもよさそうだけど、「もしまた欲しかったら全国から探して取り寄せますんで!」て笑顔で元気に店長さんが言って下さったのでよかった。

ひきつづき上高地。今日の上高地もいいお天気だったみたいだね。私の地元もほんとうに心地いい冷たい風の一日でした。
朝も冷えていてうれしかった。
夏場、お昼間の気温が38度になってもいいから朝晩は20度ぐらいになってくれるといいなー・・という淡い夢・・。

田代池からのぞむ景色です。5月なのでまだ春はこれから。

あ!カケスがいました☆一羽だけ逢えました。うれしー。
カケスがゆっくり撮れるのはここしか知らないし、今年もカケスに逢えたらいいなと思っていたんだ。地元にもいるけれど距離遠いしねー。
なにか、ごはんをさがしていたよ。

私の定番ルートは林間コースなのですが、林間コースはかなり人が少ないので、途中ほんとうに「しーん」と言う音が聞こえるほど何も音が聞こえない瞬間を堪能できたりします。
だいたいいつもその「しーん」エリアに気配がしたので見たらおさるさんいました。
ド真ん中だね。

もちろん私はこのあと脇を通りましたが、なんにもしてこないので「ホントに野生?」て思っちゃいます。

あ!!ルリいた!!!
そう、この日、ルリビタキもあちこちにいたんです~。写真のよしあしはおいといて。青い鳥さんは色を出すのが難しいなと改めて痛感よ。
ルリビタキってなんかしらないけど、偵察にきません?人間が来ると。私、自分からルリビタキを見つけて近づいていくことがほとんどないんですよね。だいたいルリのほうから近づいてきてまた去っていく~。

ちょうちょもすこしづつ、動き始めているようです。ふきのとうにちょうちょ。ええと、きみは・・ヒメアカタテハかなぁ?自信ないよ。

なかよしなかよし。数羽ほかにいました。

あ!またルリがいた!違う個体です。ほんとにあちこちにいるー。ちょっと鳴いているのでなわばりを意識してるのかな。てか、ずっといるの?私、上高地でルリ見たのほとんどなかったんだけども??

アオジちゃんがいました☆虫をつかまえています。このまま食べずに飛んで行ったよ。子育て中なのか、おんなのこにあげるのか、かな。

仲がよさそうなコガラたち。
多分そろそろペアになるのかなー。子育て、するんだね。

ホント上高地は小鳥がいっぱいいて楽しい!

キビタキいっぱい上高地②&200-600㎜に惹かれる!

ほー・・・ほけきょ!けきょけきょけきょ・・♪

君の声を聞くととても心が澄んで踊るよ。

ぱっと動いたので追ってみましたが。コサメちゃんにしてはちょっと背中がうぐいす色のような・・。

そうそう、あちこちにキビタキがいたんです!この時期キビタキめちゃくちゃいるんだね~。何羽見つけただろう?

その影にかくれているきみはアオジでしょう?出ておいでよ。

でてきた。願いが通じたのかな。やったね!アオジたちも冬場はよく地元にいますが徐々に山の高い方に移動しているのか、真冬もここにいるのかどっちだろう。

ぴょん!と近づいてきてくれたのはヒガラかな。
ヒガラとコガラはここに来ないと見ることができないので、出逢えるととてもうれしい。

あ!またキビタキがいるよー。さっきの子とは違う子です。

ヒガラとコガラに同じく、地元では見ることがないキバシリもここに来たらタイミング良く出逢えたりします。個人的にはレア枠なので嬉しいよ。
それにしても、木に同化してるね。

ひょいひょい、と登って行く様はほんとうに身軽のひとことだよ。

お天気がいいのはいいけども、すごくまぶしすぎてだいたいの写真の色がすぐ飛んじゃいます。こういう日。まっすぐな強い光。
んー。普通に鳥さんを見てる分にはとてもきれいなんだけどなあ。
写真に残すとなるとむずかしい。この差、埋まればいいなあ。
これはまだまだ腕が足りないのか、それとももうちょっといいカメラだと違うのかなーと、光の加減で悩むときはいつも思います。その、補正をするしないっていうのはおいといて、上のランクがあるってことはそこなんだろうな、性能で違うのは。

最近惹かれているのはソニーですねぇ。200-600㎜も600F4も、いいですねぇ。200-600㎜はとても惹かれます。現実的な価格だし!
いいですねぇ・・って言ってるうちに時が過ぎそうな気もするけれど(苦笑)。一度使ってみたいなあ。レンタルじゃなく自己所有として。
今使っているセットは全然嫌いじゃないんだけど、まだ扱いが完全に自分の体の一部になってなくて。なんかしっくりこないんだよね毎日使ってても。
やっぱり両眼視したいなぁ。照準器かなぁ。それから曇りの日はピント合うの遅いしなぁ・・

手持ちの限度とかも含め、最高のセットを選択するのって難しいですね。頭で考えてるけどなかなかね。カメラ機材を選ぶときはある意味思い切りも要るし。というか思い切りがほとんどじゃないかな、って思うよ。

雨に強く&今年初めての上高地①(5月)

職場でハプニング。雨がちょっと強くなってきたときに突然、ある一カ所から「だばあーーー!!!」と水のかたまりが落ちて来ているのをちょうど目の前で発見。
どうやら樋に不具合があったようで、さっき業者さんが直していってくれました。

突然大雨が降ったり、もう普通のおうちの設計ではゲリラ的な豪雨に対応できなくなってるんじゃないかな・・と最近感じます。
もうすこし雨、というか水に強い家づくりも目指していってほしいなあ、建設業界には。

そんな感じの日常ですが、今日からの写真は上高地!
しかも、今年もう3回行っているのですが1回目の写真からです。5月連休後のお休みの日です。先月前半ですね。
世間では春になった感だったのですが山はこれから春と言った感じです。

写真には撮っていないけれど、ふきのとうが出て、つくしが生えてきているぐらいの気候でした。そして私は病み上がりでしたがどーしても行きたくて行ってきたのです。
ホントは4月のうちに行っておきたかったんだけどどうしても時間が取れず、もう柳の花咲いちゃったかな~と思っていたのですが、ちょうどいい感じに柳も咲きはじめていました。

駐車場に着いた途端「焼酎いっぱいぐいー!」の声で出迎えてくれました☆

今年初めての焼岳さん。今年もよろしくね。
気になったのは3カ所ぐらい、水蒸気が出ていたのですよ。去年の冬前ぐらいから地震もあったりしたし、心配していました。焼岳の活動が活発になっちゃうと上高地来れなくなるだろうなと思ってて。
(でもその後2回行っている分には水蒸気は出ていません)

当然春の始まりのシーズンなので、空気が冷たいです。冬の装備をしていったので正解でした。吹く風が冷たい~!
大正池でマガモさん。おはよう!
晴れててとても気持ちがいいのですが朝から風が出ています。ん~鳥さんに出逢えるかなぁ。風の日は探すの難しいですよね。

オシドリもいました!今年もここで、楽しめるかな?

ピピピ!と言う声とともにオシドリのそばを通過していく鳥さんが。
ん~実は誰だか分かっていませんがなにかのシギです。なんだろう。顔がちょっと見たことない感じのシギでした。あとで調べる。

さっきのマガモが徐々に近づいてきてくれました。そういえばマガモって、地元であんまり見かけなかったりするなあ。カルガモみたいにどこにでもいないし。

いつものように大正池で座ってあさごはんを食べている時からずっと鳴いていたウグイス。かわいい~☆

ほーーーーーーっ ほけきょ!

この子もウグイスだったと思うんだけどな・・・(ムシクイっぽい)

ふと振り向くとものすごく近くにいてびっくりした!
「ホントにビックリしたー!」←ヤバタン

オシドリ夫婦だね!

ほんとにウグイスがいっぱいいるしみんなあちこちで鳴いててとてもじょうずで、テンションあがるよー。

近いよなあ・・・ここの子たちはほんとうに。トリミングしなくていい幸せ。

2羽のくっつきむし

物騒な事件が多いよね~。なんか。
あんまり気にしないで情報として流すようにしてるけど、この時期って事故も事件も増えるような気がするよ。

夏は、暑いからイライラしちゃうもんねぇ。寒いとイライラするというのはあんまり私はないんだけど、暑いだけで「ああ・・・」て気持ちが落ちることはある。なるべく落としたくないけど、夏はあんまり得意じゃないからなあ。
今朝のお散歩もじめじめっと湿気があってひと汗かきました。
これからはそういう時期かー。

モッコウバラのシーズンのとき。
かわいい黄色の色だね。モッコウバラは好きな人多いんじゃないかな。意外と開花時期が短くて、気付くと散り始めていたりする種類。

苔の色もきれいになってきました。シジュッちおはよう。

かわいこちゃんたち。いたいたー!ジュリジュリと言う声が近づいてきたので見上げたらきみがいたよ!

ベビはとにかく落ち着いてないよね。きみたちの時間は私がすごす同じ時間よりもすごく早く過ぎて行っているような気がするよ。

おめめ、ちょっと遠くから見てると充血してるような感じにも見えるね。

2羽のなかよし。兄弟かな。

ちょっと下がきになるきになる・・。

わあかわいい☆くっついていますね。

こんなに枝がいっぱいあるのにくっつくところがほんとにかわいいなあと思う。癒される~。

気になっていたので、おりました。

おりたけどまたのぼってきた。

なんか落ち着かないなー、て感じかな。

かわいい2羽のベビ、このあとママが近づいてきたので一緒にここから離れて行きました。

私が見られる時間はほんの少しだけの時間。でも、彼らのかわいさに集中していると時間が止まってしまったように感じます。

いいおてんき。

梅雨の中休みっぽい晴天のいちにちだったけれど、なんか「これで梅雨明けとかしないよね?」って思ってしまうぐらいいいお天気でした。
たくさん雨が降って、恵みになって、お花もそうしたら夏場持ちこたえられるから、普通の梅雨であってほしいなあ。

ちゅんこたち、巣立ちのシーズン。この日は3羽のベビが待機していました。もう1羽はちょっと離れたところにいたので。
見るものみんなあたらしくて気になっちゃうんだろうな。

同じ巣から育っても大きさの差はどうしても出てくるんですね。右側の子のほうがちっちゃいものね。

照り返しが暑くないかなと思うぐらい日差しの強い夏みたいな朝だったのです。
荘大な逆光の中いつものように撮ってましたが私も相当まぶしい。

あぁぁかわいいなあ・・・・見てる自分も幸せ。この時期すごく楽しい。

さっきのベビたちがそばのサルスベリの木に移動しました。

どっちもまるまるやん。

なかなかママこないねー。

好奇心が勝るとちょっと移動してみたりしてね。

どんな角度で見てもかわいいな。癒される。

なかなかママがこないのはきっと、自分でごはんをとろうねのサインなんだろうね。私も距離を置いて望遠で撮っているので私がいるからでもないと思っています。
この後ママがすぐ近くに来てみんなすごい勢いでママのあとをおっかけて飛んで行きました。ママ=ごはん、だもんね。みんなまたねー。

レモン系

夏に近くなってレモン系のお菓子はことしとくに多く見かけるようになってうれしいです。私、柑橘系が好きなのです。

特にレモン。果物のレモンはそんなになのですが、お菓子になったのが好きです。
ウイークエンドシトロンも好きだしレモンケーキも懐かしい感じがして好きです。なのでこないだまでのハーゲンダッツのクリスピーのウイークエンドシトロンはけっこうリピしてます♪

ふだんそんなにすっぱいものをよく食べるわけでもなく、どっちかといえばたまに食べるぐらいなのにレモンのお菓子は好きなんですよね~。ふわっとした酸味。ああ、好き。

カイカイカイ・・・シジュッち、まだベビと一緒に行動はしていませんが、そろそろベビたちも巣立ちのころなんじゃないかな?

この日もちゅんこベビみつけました。ナンジャモンジャの木のなかでちょっぴりねむたい。

上手に隠れてるように見えます。が、終始「ちっちっち」って鳴いてるので、すぐわかっちゃう(笑)

おや、この季節には珍しいカンムリちゃん。一羽だけ、たまに見かけています。この日は一番近くに来てくれました(とはいえ警戒心が結構強い)。

ずいぶん頭の毛が伸びましたね。広がってるよ。どしたの。
そして首もとの丸襟状態なのがとてもかわいい。

すっかり夏羽になっているけど相手がいなさそうなんですよね・・・
どっか具合が悪くて渡って行かなかったのかなあ。そんなふうに見えないけれど。
そろそろ暑いと思うよ?

youtubeで足りちゃう

いい時代になったよなあ・・・

たまたま今日youtubeで探し物をしていてそこから以前よく聴いてたハウスとかのミックスを聴く旅をしばらくしてたんだけど、普通に聴く分にはyoutubeで足りちゃう世の中になっちゃったなあ。音質にこだわらなければ。いいイヤホンにすればいいだけのことで。

wifiあれば尚更便利。ギガ使い放題のプランに入ればそれも快適。そりゃあこんなでは音楽CDが売れなくなるはずだよね。私も全然CDを買ってないもんなあ。誰がこんな世の中に変えて行ってくれたんだろう。こうだったらいいな、の10年前の夢をほぼ叶えてる。

このままこんな感じに変わっていくのかな~世の中も。
ただ携帯がないとこうやって聴けたりはしないからこれからも携帯は携帯として持ち歩かなくてはいけないのかな、携帯じゃなくても何かのガジェットを携帯するという形。

私の理想の折り畳みスマホ、やっと商品化されてきたけどこれだってあと3年もしたら手に入りやすくなるんだろうし。本当に人間はどんどん変わって行くものに対して受け入れ、それでもなお「ここがこうなれば」と言う欲求は尽きない。

そう思うと車のオーディオって全然進化しないよなと思う。
いまだにオーディオ類は高いしカスタマイズもあんまりできないし。私の車CDデッキないから(それは別にいい)何かをつながないといけないんだけど、それ以上もそれ以下もない感じで革新的な感覚的な使い方がここ10年ぐらい、出ないよね。
CarPlayも、便利だと思うんだけどどうなんだろう。結局は携帯持ってないといけないもんなー。私の車にはついてなくて、かつバージョンアップもできないまま。こういうところが遅いな~と思う。まぁ今の自分の携帯をつなげれば音楽だって好きなように聴けるのでそれでいいっちゃいいけどね。ナビも画面は携帯しか見れないけど声は拾ってくれるし。
自分の好みのデバイスを使えば車も思い通りになるけど、車単体がどんどん柔軟に対応していってくれてるかと言うとそうでもない。10年前(15年前?)と変わったのはbluetoothぐらいじゃない?あとはジャックがついてるのだって、USBのままだし。
まあ、それが今までの普通のバージョンアップの早さだったんだけどね。

そろそろさー、バカでかいスクリーン付けて、中のカスタマイズは全部自分でできるような車出て来てくれてもいいと思うんだよね(それならiPad置けばことたりちゃうけど。ていうかそこが、その「携帯があれば」とか「タブレットがあればできるよね」になっちゃってるから車のオーディオ周りの進化が遅いのかもな・・・)

 

どうでもいいけどこないだ庭の水やりしててホースが絡まったの見て「水もbluetooth使えないのかな」と思いましたw
あったら便利じゃない?長いホース使わなくても蛇口から無線で(それがありえないけどw)ホースの先から水が出てくるっていう。あは。

ずいぶんベテランさんのルリちゃん。それでもまだまだ、機敏だよ。

ベニちゃんはスイバの実のところでカモフラージュ的。

モンシロちゃんは懐かしい気持ちになれて見るとつい追ってしまう。

まばゆい春の光。ちゅんこベビが枝にいました。
上手にかくれているところをちょっとだけのぞいちゃったよ。ふわっふわですね。

お、今季初のテングちゃん。きみって秋にもいた子かな。いつもの公園で越冬したのかもな。

そしてたまにしか出逢えないかわいいすじすじとドットの子。トラフシジミちゃん☆
素敵な模様。ちょこちょこと今年は逢えてます、というか、今まで見かけたことがありませんでした。私の中では珍しいよ。

いろいろ飛び交って楽しい公園です。鳥が少ない時はちょうちょに頼りっきり。

活字に溺れたい欲

繁忙期も過ぎて体調悪化ものりこなし(ほぼ喉は治りました☆あと2日抗生物質を飲みきるまでは薬を飲みます)気持ちも落ち着いてきたので本を読もうかなと言う気持ちになってきました。

ここ数日はkindle使ってる(アプリね)。思ったよりもちゃんと読み進められるのがいいね。背景が真っ白だから若干目が疲れる部分はあるけれど、フォントも大きいしいい感じ。
それから、ハードカバーを1冊読み進めています。これは先日のNHKの安楽死の番組関連の本。その時出ていらした方の詳しい当時の状況なども知れるルポタージュなので、一気には読みませんが(精神的になんとなく)読みやすく進んでいっています。

本を読むのも気持ちと体調に左右されるよねぇ・・でも前からこんな感じだったかなと思うけども。
私、もともと出先であえて本を読む行為はほとんどしなくて。電車で読むことは学生時代はあったけれどほとんど今は電車乗らないし、車だと当然無理だし、カフェで本を開くというのもあんまりしないなぁ。雑誌を読みたい時に喫茶店に行くことはあるかな。
なので、外で本を開いてずっと読んでいる方を見ると羨ましい感じがあります。休日にそういう時間の使い方ができるほどゆったりした気持ちでもない自分がちょっと切ないぐらい。

本を読もうと思った気持ちの時にががーっと読んで活字に溺れるのはとても気持ちがいいね。

 

この日であったカワラヒワの親子。ベビが3羽。まあ賑やか^^
みんながママにごはんを要求していますね。

木のところに飛んで行っても上手に隠れています。
写真が撮れる瞬間はほんのわずかで、すぐベビはすすっと緑の間に隠れます。

ちゅんこもいま子育て真っ最中だね。

元気がいい時は隠れるけれどやっぱり突然眠たくなるのはベビならではだね。

丘では今日もてんとうちゃんたちを見かけます。

おっと、右側に虫が入り込んでしまった。いろいろ飛んでるよね~。

かわいい花畑というほどの季節は終わりつつあります。

ふたたびさきほどの続き。1羽いませんが、すぐそばの木に飛んで行きました。
ママがんばれー。

 

「新」がついてないやつ

私は自他共に認めるじゃがいもラバーです。じゃがいもが、大好きなのです。

秋冬のあのホコホコとして崩れる、ほっくりしたじゃがいも派。
春夏の新じゃがシーズンは、新じゃがをさけて年季もののじゃがいもを探しにあちこちまわります。これがなかなかない・・。

きたあかりならこの時期でもほぼ思った通りの料理の仕上がりになるけれど、きたあかりって、ないときは全然なくて。
なので、ないときは男爵の冬を越しているものを苦労して探します。「新」がついてないやつね。あるスーパーとないスーパーとあるものね。
きたあかり、地元ではあんまり人気ないのかな。
あるとまとめて買ってくるので買い物の袋がやたら重くなります(笑)

かといってじゃがいもの箱買いはさすがに無理なので・・。いつも探す旅に出ているようなものです。
ほっくほくのじゃがいも、食べたいなあ。

お天気のいい穏やかな春の朝。ベニちゃん、今朝はシロツメクサが好み。

ぶんぶんみつばちもやってきました。

てんとうちゃんも上に登っていました。私と目が合うとそそくさと地面に向かって歩いて行って、草の陰にかくれちゃったよ。
用心深いてんとうちゃん・・・

タンポポの丘にカワラヒワが2羽いたんですよね。このおふたり、なかよしです。そしてどうやらすでにめおとになってます。

もう1回子育てをするんですね。きっと。オチリにある穴がしっかり写ってしまった(笑)

そのあと1羽のベビが合流したんですよね。親2、子1の家族です。
ベビも体つきが大きくなっていて普通に飛べてもうそろそろひとりだちの感じ。でもねだってます。そしてママもねだってるんです。これ。パパに。

どっちを先にあげるんだろう?多分ママには求愛給餌だけどベビはこどもだし。と思っていたらママが先にもらいました。そうなんだー。

パパが飛び経ってからもベビはママのほうにごはんをねだります。
でも絶対、ママはあげないんです。そんなそぶりもなしで。

そろそろオトナになりなさい!わたしたちは次の子育てをしますよーって感じかな。割と厳しいですね。

そしてママも飛んで行ってベビがひとりぽつんと。
でも、ひとりになったらなったでごはんをさがして、そしてみつけて食べていました。

おおきくなるんだよー。

色気がハンパなさすぎる

梅雨らしく、雨がどーっと降ったり曇ったり。
今日は晴れたり。忙しいお天気。

 

昨日「ミストレス」見てたんだけど・・・今までちゃんと見てなくてあんまりあらすじはわかんないけど、昨日の一話見てるだけでももうすべて分かった感。
まぁ濃いね、それぞれ。それ以上にハセキョーの色気がハンパない・・。美しいを超えて色気しか伝わってこないぐらいに。
あれは口元なんだろうな。あんなに大きい口してたっけ。
それも含め役柄なんだとしたらすごいわ。

それを見てから寝たら、なんか変な夢を見ちゃって朝起きた時にすごい疲労感・・。内容忘れちゃったけど。
幸せなホコホコした気持ちになって眠ったほうがいいな。

このころは毎日お天気が続く春だったなあ。カワラヒワ、この日も綿毛もぐもぐ。

毎日同じような写真ばかりですが雑草がぐんぐん毎日伸びて行って、もうこんなに。

これはそろそろ、きみたちの姿が隠れて見えなくなりそう・・・綿毛シーズンももう終わりに近づいているなあ。

割と5月終わりぐらいまでヒドリガモはいてくれていました。この時も他の冬のカモたちはもういませんがヒドリーズだけは。
めおとですね。なかよきよき。

子育て中のエナガちゃん、この日もやってきました。

ベビの動きも激しいので全然枚数が稼げませんね・・・きみたちちょっとおちついて。

ふわわわーっと地面にも降りてきちゃいました!エナガが地面に降りることってめったにない気がするので私がハラハラしてしまいます。
なにか気になるものがあったの?

なんか、あった?
うう・・・かわいい。かわいすぎる、きみ。

木にいてジュリジュリ鳴いてたらママがきました。

もうこれぐらいになると率先してごはんはあげませんね。
もうきみ、ひとりでごはんさがせるようになってるもんね!

エナガと一緒に動いていることも多いシジュッちがなにかおいしそうなものをみつけたよ。

最後は、エナガちゃんのかくれんぼ。

ゆーつーに入りました

つゆいりー。いきなり大雨でした。
風もある雨はやっかいね。学生時代を思い出す。今みたいに車で送ってもらって通学なんて世の中じゃなかったから自力で学校までたどり着くと靴下までびしょびしょ、帰りの場合は家に着くと泣きそうなぐらいすべてが濡れてて、玄関に着いた途端バスタオルを持ってきてくれる親に「もーーー雨やだーーー」て言いたくてね。
といっても親は仕事をしていたのですべての雨の日に出迎えてくれることなどなく、だいたいは自分で濡れた足で玄関に上がってタオルを取りに行ってまた玄関でカバンやらなにやらを拭くって感じだったけど。

雨の日だけは「おかえりー」て親の声がとても恋しく感じるね。

写真は雨の日じゃない晴れた春の日。だいぶ雑草がボサボサになってきたなか、その隠れ具合がちょうど安心してごはんできるようになったと思われるメルヘンカワラヒワはこの日も公園に降臨です☆

くにゃーーん、と留まった枝がしなっても折れないその軽さ。

この日はちょっとだけ近くに行くのを許してくれました。相当おなかすいてたんかな。もしくは、ヒナ用のごはんかな。
カワラヒワって他の親鳥みたくそんなに口に虫をいっぱいくわえてヒナのもとにいく姿を見かけませんね。おなかのなかにいったん、ためとくのかな。

エナガとかコゲラとかスズメもそうだし、シジュウカラもだけど、だいたいヒナのためにいもむしいっぱいくわえているけれど。
カワラヒワは完全に草食なのかな?

新芽の出そろったトチノキは小鳥たちも居心地いいみたいで、カワラヒワをここでもみつけました。

ちょっとおとなしそうな感じだった。

安定のシジュッちも来てくれたよ。きみは頭に白いドットのある、前からおなじみの子だね。

おもむろに毛づくろいをはじめてカイカイしまくってたのでその瞬間を。

小さな体だからカイカイがすぎるとよろけて飛んじゃったりします。そういうのもかわいいなと思う。

再度耳鼻科&ファイティンなのだ!

耳鼻科進捗。

耳鼻科行ってきました。薬が週末前にきれちゃうと思って。
先生に「まだ喉が痛みます」ということで耳と喉をみてもらいましたが、この先生「ここがどうなっている」っていうのをあんまり伝えてくれない人なんだよなぁ・・・きっと、て感じで、多分耳は両方の耳になにか薬らしきものを綿棒で塗っているような感じと、鼻は鼻でみてもらって、結局そんな感じ。

で、痛み止めを今日こそもらわねばと思ってもらうように伝えて、あと、目の充血がずっと薬を飲み始めてから気になっててこれは薬の副作用ではないかと思いつつたずねてみたら「それは眼科ですね」って笑われてしまった・・・

でも、抗生物質の種類が変わりました。ひとつ、強いものになったみたい、けどどうなんだろ。

 

エナガたちのにぎやかな声が聞こえて来てその声を追ってみたらかわいいベビがしきりに鳴いていました。と思ったら上にママがいたのね!

緑色のいもむし。結構大きいよね。このあとちゃんともらっていました。
どれだけ食べてもすぐに吸収しちゃうんだろうな~。

おつかれさまだね。この時期の親を見るとねぎらいたい気持ちだけしかないよ。

きっとあともうちょこっと。ファイティン!

カワラヒワの子育ても同時期に公園で始まっています。おや、きみがここにくるのはちょっと珍しくない?

つかまっている枝の先の穂をついばんでしました。これ何の草かなぁ。

タンポポの丘はシロツメクサもいっぱい咲いています。モンキちゃん。

そして私のアイドル、ベニちゃん。

カワラヒワのベビも、この丘が待機場所みたいです。この親子は一羽だけみたいですね、ヒナが。
もうここまで大きくなったら危ない時は木の枝にすぐ飛んで行くので私も見ていて安心。
ママいつ来るかな?

しあわせの青い鳥☆

ものすごいお客さんが来てくれました。いつもの公園に!きみは、オオルリ!!!

一度も来てくれてないと思うんです。少なくとも私は一度もこの公園で見ていない。
オオルリはこの時期になるとSNS上でものすごい写真がいっぱいアップされてくる夏鳥なんですけど、撮れて逢えていいなあっていつも思ってたんです。

でも、やっと!やっとです。ありがとうオオルリ来てくれて!

すぐそばにキビタキがいました。2羽が近かったので、割と仲良しさんたち??

青い鳥は撮るの難しいのでこの時もドキドキしながらも設定合わせて撮っていましたが、青っていうか、割と黒っぽくもあるんだね。

おなかの白い感じがツバメにもちょっとだけ似てるよねー。

いやーほんとにね、嬉しかったのです。
割と人慣れしているほうの子だったので、この日は曇っててちょっと設定的に難しかったけど、大満足だよ。
明日もいてくれるかなあ?いないかなぁ。いないよね多分・・

でもまたきっと逢いたい。

キビタキのほうはずーーーっとずーっと、鳴き続けていました。楽しそうに。楽しいわけないのか。
きみしかいないと思うから、きっとあんまり鳴かなくても大丈夫だと思うよー。でも時々は鳴いてね。私が気付くから。

ぶんぶんもお仕事まっさい中。
今季はクマバチが個人的にアツいです。武骨な見た目だけど人を襲わないし、かわいく撮れないかな~。

そして恒例の姫ことベニちゃん。
今年もかわいい姿、たくさん撮るからよろしくね。

喉痛進捗状況と鳥豊富なシーズン

自分の体調進捗(備忘的)。
昨日の夜は話すのにとても辛いぐらい喉と舌の付け根が痛くなってしまって、当然だいすきなごはんを食べるのも痛かったなぁ。

今朝起きたら痛さは少し軽くなっていて、でもその後支度をしていたらなんだか熱っぽくだるさを感じてきました。
でも、耳鼻科の先生に痛み止めをもらうの断っちゃったから、手もとにあるのはいつものお守り代わりのロキソフェロンだけ。

これ飲み合わせ大丈夫かなあ・・・

と思って、昨日薬をもらった薬局に電話をしました。
快く「大丈夫ですよ~」って教えてもらったので飲んだら、やっぱ効きますねぇ・・・熱は今はなんともないです。喉痛もだいぶ楽になりました。でも大声はちょっと出しにくい。声が出るだけありがたいよ。

ところで耳鼻科の先生からは病名的なものは全く教えられてないので(先生側からしても別に何って患者に伝えなくても薬飲んでたら治るわぐらいの程度なのかなと推測、なのか単に先生が)ネットでいろいろ検索していたけれど私の病名何だろう。
ウイルスか細菌感染か、といったら、抗生物質をもらっているってことはウイルスじゃないってことなのだろうし。てことは細菌感染なのか?
先月の熱もそうだったよねぇ。なんだかなぁ。最近の私、細菌に負けてばかりじゃない?(別にかけてないですw)

徐々によくなってくれることを願ってる。

 

先日のノジコ。次の日にとはいかなったけれどもう一度撮れました!
ものすごい逆光感あふれまくりなのですが、ピントがもうちょいしっかりあってればなあーという感じです。
雰囲気は個人的にすごく好きな感じなんだけどなあ。めちゃくちゃまぶしいけど、この時期の光ってこれぐらいホントにまぶしいよね。

残念ながらワンチャンだったのでこれ以上もこれ以下も、撮れませんでした・・。ノジコちゃん・・。

エナガちゃんたちがきて、一羽、撮れました。親かな。
ほかはベビたちです。賑やかだよー親子だと。

そしてここでは珍しいほうにはいるコサメちゃんもこの日、いてくれたのです。
ちょっとした拍子に、こちらもワンチャン。

かわいいね・・・目がおおきいね・・。春秋にちょっとだけ寄ってくれる子かなぁ。

水面にはカンムリちゃん。いつまできみはいるの?

こないだかろうじて撮れたキビタキもこの日は割と近くまで寄らせてくれました。かわいいねえ!まっきっきだね。

元気の出る黄色ですね。そしてきみの鳴き声はとてもほがらかで明るくて響いて大きくて、鳴き声でも元気をもらっているんだよ。

タンポポの丘に来ればカワラヒワが綿毛のあさごはん。
鳥が多くてうれしい~!!!

てんとうちゃんも登場。
いい季節だなぁ。春はとてもいい季節。みんながこのあたたかさを楽しんでいるように見えるよ。

耳鼻科と安楽死の番組と桜シメちゃん

先週の木曜日からずっと喉が痛いままなかなか治らないので耳鼻科に行ってきました。

右の耳の方もなんか、違和感がずっとあって・・・。

耳鼻科って子供のころから私あまり鼻がよくないので、子供の頃よく行ってました。ネプライザーだったかな、をやりに。
いつ頃からか行かなくなっちゃったんですけどそれ以来の耳鼻科だったので内心ドキドキで行きました。どんな感じだったかな・・。
初めてのことはいつもちょっぴり恐怖がありますね。

喉をみてもらったら真っ赤。耳と、鼻もみてもらいました。
耳は何も言われなかったんだけど「さわらないように」て言われました。耳の穴の皮膚は薄いから、と。荒れてたのかなぁ。
鼻は、カメラで視てもらいました。鼻から入れるカメラですね。これ初でした。胃カメラはやったことあったんだけど。
そんなの簡単に鼻に入るのか?て思ったけど、インフルの検査よりも痛いかなと思ったらそれよりは痛くなくてよかった。

5日分の薬と抗生物質をもらって帰宅でした。
また抗生物質か~。この春はどうもダメだなあ。細菌かなぁ。しっかり寝ているんだけどなー。単なる疲れだとしても、続いてるのがやだ。
自信がなくなっちゃうよね・・。

そういえば昨日のNスペの安楽死の番組。
あんなにあっさり数分で眠って死ねるのは憧れてしまう、てのが率直な意見でした。人が生きているところから死んでいくところを撮るって、最近はドキュメンタリーも結構踏み込んだ内容のものが多いですよね。どこまで映すんだろうと思ってハラハラしたりした。

けど、死ぬ直前に家族にお礼を言ってその直後にあんなにあっけなく命が消えるっていうのは、生きている上でやっぱり憧れみたいなものを感じます。もちろん、私は毎日生きたい、出来るだけ長生きできたらいいなあと思いながら生きているけれど、どういう形であれ迷惑をかけると思うし。
それに、眠ることは大好きだから、大好きなことをしながら死ねるというのも憧れる理由の一つかなぁ。
もちろん、第三者の視点からの想いだからつらつらと簡単に書けたりするけど、そうか、そういう選択がある国もあるんだなぁと知れたし、もし私が治ることのない病気になり彼女と同じ状況になったのだとしたら、自分の人生を自分でしまう選択はとても、逆に光を与えられるようなものになるかもしれないなと。

これだけ毎日気が沈むようなニュースが続き(報道も過敏になっているからそういうネタをこぞって取り上げているからというのもあるけど)死ぬことについても普通に生活しているだけでも誰かの情報が飛び込んでくる。自分から選択する暇もなく。
日本もそのうち、数十年もしたら安楽死が法律でも認められるようになるのかもしれないなぁ。かなりの条件はつくだろうけど、生きづらさを感じている人には一つの明るい選択肢になるんだと思うし。

もう一人、継続的に治療をしながら生きて行く道を選択した方も出てきたけれど、なんというか、二人それぞれで同じ天秤に載せて測れないよなーって。

もっと心にどーんと重く響くテーマかなと思ったけど、逆に少し心が軽くなったような番組でした。

アクロバティックシメちゃん☆この日も桜の木を選んであさごはん中。

おっこちないギリギリのところをいちばんよく知っているね。

花びらはいっぱい落ちちゃったので、見つけやすいです。

やあ!翼、見てみて。こんな色なんだよー。

カワラヒワが珍しくこの木に来て新芽をついばんでいました。いろいろと食べる種類が多いんだなあ。きみたち。

そしてこの日やっと・・・やっと、キビタキの姿が撮れました。
いつもの公園では去年もキビタキが来てくれてて、営巣してベビの姿も見せてくれたんですよね。でもそれまではキビタキ自体を地元で見かけることがほとんどなく。私の行動範囲では。
この日の前の日あたり、数日鳴き声だけは聞こえてたのでどっかのタイミングで撮りたいなと思ってたけれどやっとです。うれしい。

桜シメちゃん、今度は少し低木の桜にも来てくれました。さっきは高い桜の木だったんだ。

これからのシーズンは桜でもコゲラをよく見かけることができるようになります。他のカラ類と一緒に動いているけれど、この時はひとり。近くに行くのを許してくれました。

いっぱいごはんつかまえてね。

桜シメちゃんを最後にして彼らは旅立っていくのです。
冬の間たくさんかわいい姿を見せてくれてありがとう、と言う気持ちです。