<4月>メルヘンカワラヒワちょこっとと

だいぶたんぽぽが伸びてきちゃった。今季カワラヒワとタンポポを撮れるチャンスがなかなかなく、もう今年は無理かなーと思ったらこの日はベビがおりてきてた!

この春生まれだね。ようこそ。一羽だけでちょっとこわばっているのは、どうしよう・・って思ってるからかも。まだ近くに親はいます。

まだ春だけど日陰のところは枯れ葉がたくさん。

お、ミサゴ先生いました。この冬は不定期でお会いできる機会が少なめだったなー。

オオバンちゃん、おていれおていれ。

珍しく近くで撮れたよ。

このトチノキもそろそろ葉っぱが出てくるかな。

コゲラはメジャーだけどそこまで一年通して撮れるチャンスも多くないというか。

遠くのほうに、カワウたち。手前の子、もぐるよ。

<4月>ジューンベリーが咲きました&桜

職場のちゅんこたち。ジューンベリーが日に日に咲き始める4月のはじめ。

もう春に突入、という感じ。この時期になるとこの木に遊びに来るちゅんこたちの頻度が減り始めます。みんないろいろ忙しくなるみたい。

まだ風もつめたいし、ぽわっとなっているけれど、日中の日差しはあったかくなってきてるね。

公園の桜も日に日に咲いていきます。

控えめなこのピンク、華やかというよりは飽きの来ないしっくりとした色だね。

ツグミちゃんたちもそろそろ、数が変動してきます。まだこの時期はいるよ。

桜のじゅうたんと鳥さんはこの時期撮りたい景色のひとつ。

毎日桜の蜜を堪能できても太らないからすごいねきみたち。

ぽつぽつと咲き始めました。たんぽぽ。

今見返していても、ぱあっと気持ちが明るくなるなあ、この時期は。

美味しさがいっぱいだね。

飛ぶヒヨを撮りたくなるのもこの時期ぐらいから。

ほんとちょうどいい、満開。

<4月>さくラスティ

ラスティ、桜が咲いたよー!桜と撮ろう!

きみはおとこのこだけど桜が似合う!可愛さ∞倍増し!

かいぬしの言うことはちゃんと聞くよ。

隣で見ている私はふたりのやりとりにデレておるよ。

ちょっとぽやんとしている顔もまたかわいい。

春霞の朝。気温もちょうどよくて、いいかんじ。

うーん、かわいい(語彙力)。

ひととおり桜の写真を撮らせてもらったら休憩タイムです、モデルくん。

あーーーーーーー。こうなると、自然におなかに手がのびるw

風にむかってくんくんするの、かわいいよね。

えーー、寝るんですかぁーー。ラスティは自然の中で目をつむるの大好きなのよねー。

<4月>ムラサキハナナラスティ

春になったのでラスティとお花と一緒に撮ろう!ということでおつきあいをしてもらいました。
ラスティは友達の飼っているわんこ。保護犬でこの夏で友達のおうちにきて1年たちました。

ちょうど春のとき、いつもの公園は桜とムラサキハナナがきれいに咲くので絶対かわいくなる!!と思ったらほんとにかわいくなったーーー☆

きらきら春のむらさきとラスティ。

ラスティのサイズは大型犬。写真で見る雰囲気よりも大きいです。

ラスティーの視線の先にはかいぬしが。

ぺろりん。

なぜ自分はここにいるのかわからないけどちょっと飽きてるラスティ。

春の光。待ち遠しかったね。

そろそろ移動してもいいですかー。

パンジーが植えてあるところ。なにか地面が気になるね。

そろそろ水仙が咲くころ。

すっかりくつろいじゃったよ。

<3月>桜がはじまったよー

一年に一度のピンクの世界のシーズンがはじまりました。
今年は河津桜のスポットに行かなかったので、通常営業のソメイヨシノで桜を楽しみました。
ピンクの世界、撮れるかなー?地元はだいたいヒヨがメインです。

とても楽しそうに動き回っているから、特に被写体は誰でもOK。お口まっきっきだね。

時々メジロちゃんもきました。これから咲くから楽しみだね。

毎年同じところで撮っているので同じような写真の連発になりそうですが、なんだろ、ソメイヨシノってあちこちにあるけどいざ撮影となると誰もいない公園のソメイヨシノのほうが気楽じゃん?てなって、場所を選んだりする。

あとはお花のつきぐあいとかね。

薄いピンクがかわいいね。

彼らはずっと一日中桜の蜜を堪能しているのよね。

その時だけ桜に集中してもなんとも思わないのかな。

と思ったら椿のカップに頭をつっこんでいるヒヨがいました。上手にホバリングしているんだけどちょっと撮るの近すぎたw

椿は12月ぐらいから長く咲くものね。

好きな味をながく、どうぞ。

わたし・・テレビに出ます・・!!

多分こんなラッキーなことはそうそうないので告知です!わたし…テレビに出ます…!

My Story My Life

東海圏は明日8/1(月)23:10〜メーテレ(報道ステーションのあとの「世界の車窓から」の時間帯だよ)
全国ネットで時間帯は全国は以下です。多分今週中だと思うけどなぁ…?

私の仕事風景、クラリネット、カメラかと!ぜひ😃

JEEPの番組ですー。5分ぐらいの番組かな。関東と関西ではやってないみたいなんだけど、のちほど番組のYouTubeにアーカイブがアップされるような感じなのでまた告知したい…!!

 

めちゃくちゃ恥ずかしいですが楽しみです。

<3月>今年も桜が始まりました

この春は河津桜のスポットに行きませんでした。なんか気分が気ぜわしかったのと、毎年おんなじ感じになっちゃうから今年はお休みしてみようかな?と思って。
なので今年の桜はいつもの公園の桜のみ。

桜が咲き始めると一気に枯れた色が古く見えてしまいます。

ぽつぽつとムラサキハナナが咲いてきたねー。

タンポポまで出てきちゃって。

この公園の春の紫色はムラサキハナナ。かわいい。

ちょっと赤紫の色は見ていても気持ちが明るくなるね。

むこうのほうにムクちんがおりてきました。

おさんぽおさんぽ。

ひょいっと、

よいしょ、

ブルっ。

<3月>渡りが始まってるー

つくし、出た場所が日当たりがよすぎるのか、こんな短いのにもうほけてしかも頭が焦げちゃってる。3月に入り日差しも春っぽくなってきていて、意外と太陽光線が強いのかなー?

ちなみにつくし、違う場所で今年も採って、いただきました☆春の楽しみ。

 

変わってすっごい雨の朝。モズりん、雨だね。よく降るね。

キジポッポもじっとしていました。目がww

むこうのほうからヒドリーズが飛んできた。

意外とぽってりしてるのによく飛ぶよねぇ。

そしてたくさんの群れが飛んでいました。あーー今年も春だねーーー渡りだねーーーこういう季節だねーーだれかな?と思ったらオシドリたちでした。

毎冬このへんにいるのは知ってるんだけど、今季も見られる場所にはいてくれなかったなー。

あっちにこっちに。

<2月>つくしが出てきたよ

初春の芝生ちょっとキラキラの中のハクちゃんおはよう。

ピーウ!ピーウ!と声がしたので見てみたらちょっとなにかあったみたいね。

おとこのこがおっかけられてるのね。どうしたのかな、元カレかなw

むこうのほうではカンムリちゃんがカンムリちゃんを追い回していました。2月もそろそろ終わりの頃、きっとアピールきたけどうざかったのね。

つくしがちょんちょん、と出て来ていました。

つくしが出ると春だから、そろそろ君たちとはお別れのこころづもりをしないといけない時期になったのかー。

シメちゃんとかシロハラは遅くまでいてくれる種類よね。

何気なく撮ってみたらちょっといつもいる顔と違う顔。
ヨシガモのおんなのこかな?確か去年も春先に1日だけ見たかも。しかもソロの子で。だから同じ子かもしれないね。そっかーーーもう渡りは始まっているのよねーーと思ったひととき。ここではヨシガモのおとこのこは見かけません。今度連れて来てー。

オオバンズが上をちょっと見あげたのは・・

トビちゃんがいたからなのでした、がトビちゃんもめんどくさいカラスにおっかけまわされてるねぇ。

別にいいのに、カラスもトビちゃんが来るとモビングするの好きだよねぇ。

さいごに、なかよしさんを。

<2月>おいしいサラダだね

ふかふかな枯れ葉の上でじっと座っているムクドリをみかけたの。
なんかくわえてる。

ん?葉っぱだね!春のサラダ!

なんかめちゃおいしそうでかわいい顔してるーーー♡

ぱくっと食べてはまたぱくっと。この草はここは森になっているので真冬も霜があたらないからずっと緑で生えているのだけど、それでも季節感はあって2月ぐらいから出てくるんだよね。

食欲旺盛よ。

ぱくっ!

ちょっとおちついたみたい。

すぐそばにヒヨがやってきました。ペアなのかなー?いいね、そろそろ春がくるね。

ヒヨたちが飛び立っていったのでお散歩続き。ハクちゃんがいた。

何かをお探し?

このときはソロ活動してた。

おしゃべりいっぱいしてる。どうしたんだろう。

と思ったら理由が分かりました。頭上をミサゴ先生が通過していったのですねー。心配で警戒で鳴いてたみたい。

<2月>春のきざし

これを書いている今は「ザ!7月下旬」て感じの日々。今日はあつかったなー日差しがストーブだったよ。朝は空気が冷たくてとても気持ちが良くて23度だったけど、23度と25度のこの2度の違いってすごい体感的に大きいよねぇって思いながらお散歩してた。

シロハラちゃんの2月。いい感じにぶんなげてくれたーーー。毎年「こういう背景のこういうイメージでシロハラかツグミの枯れ葉ぶんなげ選手権を撮りたい」という目標はあるのですが、これはまあまあ近いかも。もうちょっとドラマチックにしたいけどなかなか・・・

ふかふかの枯れ葉をひたすらぶん投げている。

今度はツグミちゃん。

いい日差しの色~初春って感じ。ムクちんが地面にいました。

シメちゃんも。

お水を飲みに来たよ。

カルガモズの素敵なフォーメーション。

ここで渡りの子たちを。ベニマシコです。この時は2月。ベニマシコはいつもの公園には定着しなくて、12月ぐらいと春先にちょっとだけ通過してくれるのですが独特のめちゃかわいい声が聞こえたので探したら高い木の上にいましたーーー。今春初、でした。

わたしベニマシコ、おんなのこのほうに会う確率のほうがすごく高いのよね。

ベニマシコが来たということでなんとなく春を感じた一日。

あっちのほうでオオバンちゃんがなんか食べてます。

<2月>職場のちゅんこズといつもの公園と

いっぱいいるねぇ。毎年冬場にやってくるちゅんこたち。職場の中から愛でるのが楽しみ。

彼ら、忙しいとあっちこっちに飛び回ってるけどなにもすることがなくなる午後はじーっとここで滞在します。そしてこっちを見てくるw

ねむたそうだわ。時々寝てるよ。

 

さていつものお散歩。

シメちゃんがスサァしてた。

この日もシロハラちゃんがいました。枯れ葉ぶんなげてるぶんなげてるー。

いいぞーもっとやれーー。

連日同じような写真しか撮れませんが。それでも、鳥さんが地面におりてくるのっていつものことじゃないから、地面におりてきてるとつい撮ってしまいます。

遠くのほうにヒドリーズ。

あっ、きのうのハチジョウツグミが普通にツグミにおっかけられてる!

冬のかわいいシメちゃん。

さっき追いかけられてたね。

この日も黙々とシロハラは枯れ葉ぶんなげ選手権。

ぶわっ!

ぽってりちゃんと、

ちょっとごきげんシメちゃん。

<2月>ぽってり

シメちゃん、今日もおはよう。

いつものジョビが下を向いてました。なんか虫がいたみたいで。

珍しくコゲラちゃんの正面顔いただきました。

シメちゃんこんなに近くにいても逃げなくなったのね・・渡りの直前シーズンの距離つめてく感じ、スキ。

そこからはいってはいけませんー。

いつもシロハラの写真ばかりだけどツグミもぶんなげ選手権常連よね。

ちょっと逆光気味。

むこうのほうからツグミちゃん。

かわいいね・・・ほんとにかわいいねこのぽってり具合・・

竹林のほうにきたらシメちゃんがここにもいました。

シメちゃん、ちょっとアジアンな感じだから竹が似合うね。

<2月>かわいい仁王立ち

冬はみんなまんまるくてかわいい。

蝋梅とジョビ。だるまさんみたいになってる。

おっとこの日も一触即発です。背中の羽根がぶわってなってるねぇ。

お花とからめて撮れると嬉しいけどちょっと花付きが貧相な木ねぇ・・

花も実のものもだけど、剪定も大事だし「なり年」というのがありますねぇ。今年はすごく実をつけたけど去年は全然とか。花も花木だと種類によってはそういうのがある。この冬は蝋梅あんまり花をつけてなかったなー。今度の冬はいっぱい咲いてくれるかな?

静かな水面にカワウさん。

ぽちゃん。

地味だけど冬はこの景色を必ず撮りたい。ふわふわ冬カラー背景のツグミちゃんを。

彼らは食事をせねばいけませんから、そんな私のような悠長なことはいっていられません。

かわいい仁王立ち。

2月ともなるとシメちゃんたちの警戒心もちょっとだけ緩くなるのです。でもこの距離がギリギリだけどね。

オオバンちゃんたちがいました。いつも「なんだよもう!」て感じで大急ぎで私の前から逃げてく・・

冬の時期にシメちゃんって、合いますねぇ。

むちっとしてて大好きだわ。地面におりてきました。

がさがさの枯草の中を歩き回っていたよ。

<2月>ハチジョウツグミさんですか?

イカルちゃんたちがいました。にぎやか。

おくちのまわりをムクノキの実でいっぱいにしながら食べてます。かわいい。

水面にハクちゃんいた。すたすたー。

親もいたよ、すぐそばに。ハクセキレイっていつまで親子で行動するのかなー。わりと年中一緒って感じもする。

 

とここで突然のライファー。

ツグミかな?と思ったんだけどやけに茶色い。
んっ????????

んんんんんっ???????きみは噂のハチジョウツグミ?!

初めて見かけました。ソロ活動してた。そして割とおっとりさん。まあまあ警戒心はあるけどそこまででもないというか。よくツグミの群れの中にいるとか見たことあるけどこの時は群れになってなかったし・・

戻って検索したけどハチジョウツグミっぽいよね、ということでハチジョウツグミにケテーイ☆

次の日もいてくれるかなー。

白黒おもちがいました。

シロハラちゃんもだいぶ近づいても大丈夫になりました。

枯れ葉ぶんなげ選手権やりますか。

おみごと。

R7にドットサイトDOS-HS05つけてみましたー

ちょっと前にR7のレビューを書きました。
その時に、7シリーズだと私は両眼視がうまくいかない、なのでドットサイトを導入することにした、と少し書いたのですがきょうはそのドットサイトについてです。

ドットサイトを買おうか迷ったのは7dmk2を買ったときもそうだったのですけど、そのときは迷って迷ってるうちに90Dに買い替えちゃったので、結局買いませんでした。
が、今回R7使い始めて、やっぱりスピーディにファインダーに鳥さんをいれるためにはドットサイトあったほうがいいかなぁと思いまして。

で、私はこれにしましたーーーー。
これはデジスコドットコムさんのDOS-HS05、です。

野鳥でドットサイトというと割と検索でひっかかってくるのはオリンパスとかニコンの屋根付きのドットサイトなんだけど、私がこれにしたのはDOS-HS05の説明書きに「両眼視に有効」と書いてあったのと、簡単にホットシューにつけられることでした。
オリンパスとかのだと三脚を使って野鳥撮影をする前提ならブラケットとかで下から固定したりして使えるのだろうなと思ったのですが、私三脚持ってないw 手持ちで普段撮影しています。なので必要なのは機動性が第一、そして首からストラップでカメラを提げてた時になるべくストラップとドットサイトが干渉しないようにかつスタイリッシュにしたいと思い、それらの点が大丈夫そうなデジスコドットコムさんの商品を選びました。そして以前からずっと「買うならこれにしようかな」って思ってたし!

なんか商品情報とかも一昔前の感じで更新止まってたり、レビューも全然なかったりするので買う時にはホントにこれ大丈夫かなとは思ったのですが(スミマセン)・・・とりあえず届いた商品は、

ずっしり、しっかり、ちゃんと、

してました。

けっこう重いのね。金属の塊的な重さ・・。これ足の甲に落としたらめっちゃ痛くて骨折するやつwってぐらい。
まぁR7が90Dより小さく軽くなってるのでドットサイト足してトータルの重さは帳消し的な感じで違和感はそこまでないです。

ホットシューにはいくつかのパターンで装着できるのですが、私が一番しっくり来たのはこの付け方でした。

撮ったこの写真がちょっとナナメなので分かりづらいかもですが、これだと両眼視ができます!!!!!!念願の!!!!!!!!左目で鳥さんを見ながら右のファインダーにシフト、ができます。

しかし実はこの状態だとですね・・・
ドットサイトがちょっとナナメになるため、本体の角度をどう変更してもドットサイトの中に光るドットランプが全然見えないのですよね・・

おそらくこの場所に装着すると角度の問題で枠の中に被写体を入れることはできてもドットランプがちょっとはじっこ(右下?)のほうに見えるというかまあ全然見えないというかw正面からドットサイトを見ないことになるのでドットランプの意味がない・・

違う角度でまっすぐ枠を見ればちゃんと真ん中にドットランプは見えるのでドットサイト的には壊れてないのは確かなのですが。本来の目的を充分活かしきれてないというか宝の持ちぐされ的なのはちょっと残念。まぁいっか、この枠の中に鳥さんとりあえず入れればいいわけだし・・と思うしかない。まあそんな完璧に付けられる後付けのパーツはなかなかないものですし。サードパーティだと特にね。欲を言えばあと少しだけドットサイトが左に寄せられたらちゃんとまっすぐの角度から見られるのになぁと思いましたが、そのための追加的なパーツがどこをどう探しても全く見つからないので、その点は今は一旦諦めました。まあこれでいいか。

 

で、つけてみた結果、飛んでいる鳥さんを捕捉するのが楽になりました。そして木にとまってる鳥さんを捕捉するのはだいぶ楽になりましたよ。

 

まとめると

<DOS-HS05のいいところ>

・ホットシューにつけられるので自分にあった使い方ができる

・しっかり作られているので使ってて安心。好きな角度にした時に留めるねじもゆるんできたりはしません

・両眼視できる

・ぎょうぎょうしくないので(ほかのドットサイトと比べたら)気負いしなくて使える

 

<DOS-HS05の私にとってデメリットなところ>

・両眼視設定だと見る角度が本来の角度と少しずれるのでドットランプが使えない(枠に入れれたらいいや、ていうぐらいの意味合いでしか使えない)

・ちょっと重い

・なるべく自分の好きなセッティングにさわらないように気を付けて持ち歩く必要はある(ずれるから)

 

て感じかなー。

 

ドットサイトどれがいいかなと思われる方はご参考に~。

 

(でもいずれ慣れてきたらドットサイト外しちゃうような予感がしなくもない・・と思いながらしばらく使おうと思いますwww)

長すぎるR7ファーストインプレッションレビュー♡

タイトルの通り、ラインナップにR7を迎えました。

待ってました・・・もう何年も待ってました!即予約でした。ということで発売当日に届きました~のでしたがしばらくずっと使っていてもう早くも1か月経ってしまうということで、やっといろいろ分かってきて慣れてきたのでいつものようにレビューできたらと思います。

ちなみに私のセットはR7+シグマの150-600㎜オンリーです。
150-600はずっと使い続けているレンズ。それにEF-EOS Rをかませてます。この設定で以下書いていきますね。多分これを見てくださるみなさまはもっといい機材を使われているでしょうから私よりはいい写真が撮れるはず・・・☆☆☆

そして過去は直近ですと70D→7dmk2→90D(発売初日に購入以来ずっと使用)、でした。それ以上のスペックのボディは使っていません。

 

早速いきます。いいところ、わるいところ。

 

 

<R7のいいところ>

①軽くなってる!(7Dmk2や90Dと比べて)

ぱっと見はそこまで小さくなった実感はないのだけど、持つと分かります。小さくなっている割にとても持ちやすい!なんかこう・・「あれ?90Dから痩せた・・?」て感じです。贅肉落ちて筋肉質になった感じ。小さくなってもホールドはとてもいいかんじ。

②性能は良いにきまってるじゃんね

以下90Dとの比較になりますが・・

AF周りに関しては90Dよりも感触がいいです。私は90DまではワンショットAF、スポット1点のみで使い倒してきたのですがR7は瞳認識があるのでこちらをメインで鳥さんには使いたくてサーボAFで鳥さんは撮るようにしました。とまっている虫さんはワンショットAFに。切り替えは*ボタンに割り当ててあります。AFエリアの設定はいくつかの種類を選んで使うようにしてみてるので、すべての領域が使えるようにAF-ONボタンに割り当てました(親指AF使わないので)。

↑ここめちゃ暗い場所なのだけど、ちゃんとちびカマちゃんにすっとピントが合ったので嬉しかった。90Dだとまあ、迷うし、ぶれる。

 

細かく書いていくと、

<瞳認識>

メインで野鳥、そして虫さんたちを撮りますが、設定は「動物優先」にしてあります。鳥さんの場合、近くで撮れる鳥さんには目にちゃんとピントがいきます。おおおーーすばらしい。遠いところの鳥さんは瞳まではいかないけれど頭部に認識がいってくれることが多いのでだいぶ楽に撮れるようになりましたー。すごいねー。ありがたいねー。

↑このサイズなら余裕で目にくるよ。精度もいいしすばやいです。がしがし追尾してくれる。これだけでR7使ってて充分うれしい。

 

↑かわいい・・・

 

ちょうちょとかの虫さんについてですが、これもカミキリムシぐらいのサイズだと目にちゃんとピントきます。ちょうちょはとまっているちょうちょになら目にいくことも多いんだけど、いかんせんちょうちょって、例えばジャノメちゃんとかだと羽根の目の模様のほうにピントがいっちゃうことがめちゃくちゃ多いのよね・・・「あーやっぱり黒点に合うようにできてるんだなー」と感じる瞬間です。

↑ウラナミちゃんも黒点ありますからね・・そっちばっかり狙おうとするよ。ちゃんと目にあわせるにはワンショットAFに変更してからなら撮れますが、それも追尾させてると黒点のほうに行こう行こう、とは、します。

↑羽根にAFがいきまくる代表格ジャノメちゃん。

 

<サーボAFの追尾>

私R7にしてから初めてサーボAFを使うようになったのですけど、すごい楽ですね・・鳥さんの中でも例えばハクセキレイとかだと、地面をすたすた歩いているときにつつつーーーっと□の模様が顔まわりを追ってくれます。めちゃ楽。フレーミング考えるだけでいいもの。まだこの楽ちんさに慣れてない所が正直あったりするのだけど、どんどん慣れていって空気のように使いたいなと思ってる。

↑速足のハクちゃんでもヨユーで追ってってくれます。背景があってもなくても。

 

③バッテリーは大容量のを使うほうがいいけど、大容量だと丸1日ぐらい持つと思うし以前からのバッテリーでもその半分ぐらいは使える

大容量のほうを買い増ししよっかなーと思ったんだけど、今まで使ってたバッテリーもそれなりに使えるのでまだ買い増ししてません。まる1日持つぐらいだと思います。

その代わりタイトル通り、従来の90Dとか用のバッテリーではたぶん半日ぐらいはもつかな?ぐらいの感触。毎日1時間持ち歩いて散歩してると4日目ぐらいにまあまあ減ってくるので交換、というサイクル。
そう思うと7dmk2ってホントすぐにバッテリー減ってたよな・・・

④ファインダーも違和感はほとんどなかった

撮り方の設定(メカシャッターにするか電子シャッターにするかとか)でファインダーからの見た目って変わるのだけど、私はしばらく電子シャッターで使うつもりなので、連写をしまくっていてもブラックアウトとかはありません。
が、連写についてはあとでデメリットのほうにも書くけれど、やっぱミラーレスってとっさにかまえて目をファインダーにもってったその瞬間のレスポンスが微妙に遅くて、かまえる直前に半押ししながら目にもってっても暗かったりします。

設定で常時点灯的な感じにできたかな・・できたと思うんだけども、バッテリーの容量のことを考えるとちょっと迷ってしまったりしますね。私は2分設定のファインダー電源オフ、に今は設定してます。これは今後設定を変えるかも。

ファインダーの中の見た目の明るさについては変更できるのだけど、私にはちょっと現実より明るい映りをするような気がするのでマイナス1暗めにして使うことにしました。が、これでもまだ明るいかなぁと最近は思ってる。
ミラーレスの恩恵は露出とかが見たままの景色でちゃんと反映して撮れることだよねーー。これはほんとに楽・・・・・
今までは憶測で「あそこ背景暗いから露出マイナス方向へっ!」て都度ダイヤルまわしていちかばちかで撮ってたのが、ミラーレスになってすぐわかるのは本当にありがたい。

⑤モニター側のマルチコントローラー的なものの位置がファインダーの横にある件

これは良し悪しかなぁ・・90Dをずっと使ってるとマルチコントローラーはモニターのすぐ右にあったわけでこっちにめちゃくちゃ慣れているので、これが上のほうに持ってこられると親指が一瞬迷いますねwだいぶ慣れたけれど。

↑このクルクルね。AF-ONボタンのすぐ横になりました。
ちゃんと親指は届くんですけどね・・

 

あと親指AF多用している方はどう思うのかなこの位置、って思った。私、親指AFもちょっと先月あたり試してた時があったのだけど、鳥さんをリアルで追ってる時にファインダーのぞきながら親指AF押しっぱなしにした状態でさらに親指の先のほうでマルチコントローラーのダイヤルをまわしたりするという同時2種使いをみなさん器用にできるのかなぁ?(私はマルチコントローラーのダイヤルは露出補正を割り当ててます)
私はちょっとむりだった。両方同時に押せるっちゃ押せる(厳密にいえばAF-ON押しながらまわす)。意識が2点分かれることを同じ瞬間に同じ指でやるのはちょっとついていけないかなと思ったので・・ゆっくりとじっくりと鳥さんを撮る方にはいいのかもしれない。飛んでる鳥さんを追いながら設定を変えて撮るとかは、このマルチコントローラーの位置がいいのか悪いのかは人それぞれかなり差が出そうな気がした。

このマルチコントローラーが上にいっちゃったことで、本来のモニター右にある十字ボタンの意味がちょっと薄くなっていて、ジョグダイヤルのほうでも撮った写真のプレビューできるので十字ボタンあえて使う必要もないっていうか、そもそも十字ボタンがちょっとちゃっちいです(これはデメリットポイント)。こっちもマルチコントローラーにしてほしい!!!!そしてここにもいろいろ割り当てしたい!!!

⑥画質

いいと思います。よくなってると思います。瞳認識のおかげだなーと感じます。90Dと比較するとなんとなーくエレクトリッキーな仕上がりにはなる気がするけどねぇーでも質としては私は満足。鳥さんの羽毛の線とか、ちょうちょの羽根の細かい部分とか、デジタルって感じの解像の雰囲気はするかなぁ。色気があるとかそういうのはない。なのでそのあたりを現像していくのなら自分の味を追加すればいいんじゃないかなー。私はほとんど補正しない派なので(単にめんどくさがり屋なので撮ったときに一発で決めたい)。

⑦RAWバーストモードいいんだけどねぇ・・

私は基本JPEG派です。が、せっかくR7にしたしこれからはRAWも残してみようかな♪なんて思って、当初はRAWバーストモードにして撮ってみました。

が・・・

詰まるね。バッファ。

連写の設定を一番早い設定にした状態でRAWバーストモードにして撮ると、だいたい数秒連続で撮ったとしてその後5秒~10秒ぐらい、詰まります。
これは痛いと思う人多いと思うなーー。ここでR7を使うのをやめる人も出てきそう。そしてRAWバーストモードで撮っちゃうと、その場でプレビューして拡大したりしてピントあってるか確認することができないんだよね、連写した枚数すべてを「1冊のアルバム」的な感じでまとめられちゃってて、その場で拡大したりするにはその中の1枚を選ばなくちゃいけないような設定になってた(はず。あんま覚えてなくてごめん)。RAWだからなのかしらん。

あ。もちろんSDカードはちゃんと詰まらないようにいちばんいいやつ使ってても、詰まるよ。

わー使いづら!!と思ってその日からRAWバーストモードはやめました。
飛ぶ直前の鳥さんの写真はすっごい撮りたかったからRAWバーストモードもバリバリでオンにして使うつもりだったけど・・・詰まることとプレビューで拡大とかの確認できないこと、は留意しといたほうがよさげです。

んで結局RAWで撮るのはあっさりやめて、またJPEGの連写が一番早い設定に戻して、今も使っています。JPEGだとね、ぜんぜん、詰まらないよ!!フフフ。

⑧ファインダーその2

さっきのファインダーについての追記。設定で、ファインダー内の映像を大きくするか小さくするかは選べます。これ、大きいほうにするとほんとうに「右目の全面が映像!」て感じになります。小さいほうは少し遠くから俯瞰する感じかな?どっちがいいかは人それぞれかも。私もコロコロ設定を変えてみてるけど、いまだにどっちがいいかは分からない・・

⑨メカシャッターにするか電子シャッターにするか

どちらも使ってみて今は電子シャッターにしています。
音についてですが、メカシャッターの電子音がなんとも私はしっくりきません・・ドシドシドシドシドシ!!!て音です(近くで聞いてると)。
そして、電子シャッターのほうは「カ——————!!!!!」て音です。

7dmk2のような「カカカカカカ」ていう小気味の良い音とはまた違う。
もちろんサイレントの設定もできますが、電子シャッターの音は私はオンにしています。

そして音よりも大きな問題は「ローリングシャッター歪み」ですねぇ。これはのちほど。

 

<R7のいまいちなところ(私にとって)>

①説明書がウェブで!になっている

ご時世的にそうなっていくのは仕方ないのですが、まだ慣れないうちに外で調べたいときに携帯で調べなくちゃいけないのがちょっとおっくうかな。ウェブで見られる説明書は確かにウェブなりの便利さはあるんだけど、必要な情報にすぐたどりつきづらいというか・・そもそも通信料こちら持ちで調べなくてはなのねってところがなんとなく。

②肩のとこのサブ液晶がない・・・

これが使い勝手では一番デメリット。ぱっとISOいくつか確認するのとかにサブ液晶すごい使っていたので、ここがないとなるとすべてモニターみないといけなくなっちゃうんだよね・・これはのちのち搭載されるような気配もするけど、あってほしかったなぁ。

③この機種はハイエンドではないなと感じてしまう

一応今の時点だとAPS-Cとしてハイエンド、なんだろうけど、一眼も含め全体的なレンズ交換式カメラとして見てみるとR7ってハイエンドじゃないんだよね・・立ち位置がちょっとぼやけてる感じがしています。
一応「かんたん撮影ゾーン」みたいなものが選べたりするんだけど、これってkissのグレードにはある設定で、これR7にも必要かな?と思うんだよね。
でもゆくゆくはR7がエントリー的な感じでもっともっと上にAPS-Cが出てくるのなら納得、という感じで、それ憶測の中の納得なのでなんともわかんないけども事実、実際使ってる感覚だとこれではおさまらないだろう?と思います。やっぱりR7の上のAPS-Cは出てくると思います絶対。この機能だけじゃ満足しないことが多いので。
ただAPS-Cよりも「ちょっと大きく撮りたいならAPS-Cじゃなくてクロップ機能使ってねこれからのミラーレス時代は」てスタンスをCanonさんが取っていくのなら、APS-CとしてのR7の立ち位置はこれでいいとも思うし・・・うーんちょっと今後の展開で立ち位置は決まりますねー。楽しみにしています。

④マグニファイヤーが使えない・・・

これは私個人的なコアな悩みだったりします。
両眼視して鳥さんをファインダーにおさめようというとき、左目で鳥さんを直接見ながら右目でファインダーを見て鳥さんをおさめるじゃないですか。そこに視差が発生してちょっとずれが生じますよね。
このずれを解消してくれるのがマグニファイヤーだったのです・・・これ一眼では使えるアイピースで、90Dまでのクラスの一眼で使えます(1桁Dは使えなかったんじゃないかな)。マグニファイヤーをするとファインダーの中が拡大されるのですよね、これもともとは被写体をより大きく捉えるようにするためのものなんだと思うんだけど、マグニファイヤーすると両眼視が簡単にできるのですよ・・!!なのでめちゃくちゃ愛用してたし、70Dから7dmk2に買い替えた時に7dmk2にこのマグニファイヤーが対応してなくて我慢して使ってたけどやっぱりだめで90Dに買い替えた苦い思い出があります。

今回もまた7シリーズに戻るのでこの視差の問題はすごい懸念していました。飛んでいる鳥さんをすっとファインダーに入れたいけど当然Rシリーズにマグニファイヤーは対応していません。でもミラーレスだしなんかファインダーの中でなんとかなったりするのかも?なんて期待を抱きながらR7のファインダーをのぞいてみたのですが・・・だめでしたね・・やっぱりずれてた。

これたぶん利き目が右目の人はあまり意識しないことだと思うし、多少の慣れもあるので「それぐらいのことでそんなに悲観的にならなくても」案件だとは思うのですが、私利き目が左。でもちゃんとファインダーは右目で見ます。本来左目を働かせてしまうので左目→右目への被写体の移動がスムーズにしにくいのかもしれません・・

かなりいろいろと練習したりしてみたんだけどやっぱり思うようにここ1か月被写体を入れることができなくて。入れることはできてもちょっともたつく間に鳥さんが飛んで行ってしまったりするじゃないですか。んで「がああああああーーー叫」て感じになることが多発・・

なのでこれに対する対応は照準器を導入することにしました。これについては後日また別記事で書きます。

マグニファイヤーってもう出してくれないのかな~出さないよね~だってRのファインダー、何かを挿せるような形状になってないもん。それならファインダー内でマグニファイヤーの働きをしてくれる性能があったらいいなーそう思うとR3の瞳を認識してくれるやついいよね・・・便利そう。

⑤ローリングシャッター歪みが歪みまくるね

今までずっと90Dまではメカシャッター使ってきました。あえて電子シャッター使う気にならなかったのでR7から初トライ。

まあ歪みますね。面白いぐらいに。鳥さん撮ってるだけでも、連写してるだけでも歪んでます。

↑ツバメちゃんがこっちに向かってきた!

↑こんなに羽根長いっけ・・?とは、なる。

 

ただ・・・野鳥を1枚だけ連写の中で選ぶのであれば、歪んでるのかどうかは正直あんまりわからないかも(適切なSSと露出で撮ってれば)。プレビューでざざざっと連写した写真を追って行けば「おお歪んでいる」て分かるんだけどね。
鉄道写真だったらちょっと歪みは使えないレベルかもしれないなー。

↑このモンシロちゃんの羽根をどう見るかなのかなぁ?私はまあこれもありかな、と思うけど、ふつうこんなにとがってないしね。

 

↑クマバチの羽根もなんかあり得ない形になってたりw

 

でもこの歪み、鳥さんが動いているから歪むのもあるのだろうし私の手振れで歪むのもあるのかしら??まあ細かいことは考えず、歪むという事実はしっかり認識して電子シャッターで撮ればいい瞬間を逃さないのでよいかと。

⑥(レンズとの相性な気がするが)空バックの鳥さんの少し遠めの飛翔写真が撮れなくなった

私にとっては致命的デメリットです・・タイトルの通り、近いところを飛ぶ鳥さんならまあまあピントが合ってファインダーの中に入れれば撮れるし、その際は頭にピントを合わせて追従してくれるので90Dよりもちゃんと瞳にピントがあった写真は撮れるのですよ。

しかし、空抜け前提で、少し遠いところを飛んでいる鳥さんにレンズを向けても全くピントが合わないのです。もう全然ダメ。
その他、これなら普通に合うでしょっていうところも頑としてピントが合わないこともまあまあ起こります。

なんで???????

↑このサイズなら大丈夫なんだけど、もっと遠いとこに飛んでる鳥さんはぜんぜん・・ピントさえ合わせないというか放棄されてるっていうか・・・

 

いろいろこのためにボディ側の設定を変えたり、レンズ側の設定も変更したりしてるんだけどダメなんだよね(手振れ補正のカスタマイズとか距離のピント設定のとか)。今はレンズの設定はすべて切ってます。それでも起こるから、レンズのせいなのかもなぁと思っています・・(レンズのせいになんてしたくないけど!!)
レンズ自体が一眼用で作られてるものだし純正レンズじゃないのでレンズのせいだとしたらそこが原因かなと思ったりもしている。じゃあレンズ、シグマの150-600のファームウエアは何か出てるのかな?というところだけどここ数年バージョンアップのものは出てないんだよね。しかも、そもそもR5とR6にシグマのレンズが適応するかという検証結果、Rシリーズの発売から半年たってから検証結果のリリースが出ているので、ひょっとしてR7にレンズの性能が適合しているかどうかの検証結果もまだリリースには時間かかるかもしれないな~。

というわけで・・・

100-500が欲しくなってます、今。純正。まだ買わないけど・・
たぶん純正ならしゅっとピント合うんじゃないかなーって思うので。空抜けで遠くのほうで何が飛んでるかなーとか撮るの好きなのよね。渡ってる鳥さんだったりしてびっくりしたりして楽しいしさ。いい写真を撮るとかじゃなくて見れないものを撮って知るのって楽しい。

どうも空みたいに雲ぐらいしかピントをあわせるものがないところだとピントが迷いまくって放棄、みたいです。くやすぃ・・。

 

 


動画については、撮ってないのでわかりません、ごめんね!

 

 

というわけで現時点でのファーストインプレレビューでした~。長いけど読んでくれてありがとうー。R7、肌がしっくり合う♡という機種というよりはちょっと癖があって合わせるためにいろいろ追加していく感じはするけど、あともうすこしで使いこなせる領域に入りそうです。

<2月>すごいお仕事してた

なんか怖い事件がこないだあったけど、いろいろ情報が分かってくるたびに、なんというか・・・容疑者はほんとうはとてもやさしい人だったのかもしれないなぁと思ってしまう。容疑者の人生が明らかになってくるとこっちがううう・・・てなりますね。
ただ子供の時にしっかり頼れる正しい大人がそばにいたらなぁと思ってしまうけど。あと大人になってからも支えてくれる近しい誰かが、とか・・本当に復讐したい人じゃない人を対象にせざるを得ないほど、精神的にも追い詰められていたのだと思うし、なんだかなあ。というか彼が本当に得たかったのは愛情なんだよね。きっといつまでたっても愛情はとても必要なもの。子供の頃、辛かっただろうなあ。と同情してしまいそうになるのはいいことなのか否か。
もちろん犯罪なのでしかるべき処遇を負うべきではあります。

ニュースの断片的な情報でこういう風に思ったりするけどこの情報はきっと氷山の一角で。本当の気持ちは本人にしか分からないのだけど。こういう犯罪はもう起こってほしくないね。そんなことをするために生まれてきているわけじゃないし、犯罪を被る側だってこんなことで命を落としてはいけないのだよ。

冷静に健康的な状況でないとものごとって正確には考えられないものだと思うけどそういうのを感じてきたのは私も40代に入ってからだもんなー。それもじわじわと。人それぞれの人生だけど、私も自分の人生がどうかと考えるときもあったりするけれど、なんかこう、やれることしかやれないよね。それ以上のことも頭で分かっててもできないし。でもやっぱり人が人を殺めてはいけないんだ。それだけは。やはり。
この話題はこれぐらいにしておきます~。

 

 

冷たい朝。なんか降ってる。雪かなぁ。ハクちゃんがむこうにいた。

今朝もしずかな穏やかな水面で朝寝していました。うっすらこっちは見てるw

シメちゃんが水場におりてきていました。ここは湧水が出ているので、水を飲みに来たんだね。

イカルちゃんもきた。イカルは群れがこの公園にずっと滞在しています。

パトロールついでに「おはよ!」て言ってたジョビ。

枯れ葉の坂ではツグミが枯れ葉ぶんなげ選手権やってる。

お、みつけたね。

ハイタカさんがしゅーっと横切っていきました。あーーこうなると小鳥が飛んで行ってしまうーー。

川のほうではトビちゃんがなんか気にしてる。

シメちゃん自体はイカルほど多くありません。いても10羽弱ぐらい。ペアかな。

この日もカワウがきていました。が・・・

やっぱし飛んで行っちゃった。

そしてむこーーーうのほうに。

そこなら私も近づけませんわ。

この朝、高い鉄塔の補修でしょうか、朝早く、しかも雪が舞う冷たい日、すごいアクロバティックなメンテナンスをされてました。すごーい!

慣れてらっしゃるとはいえこれ地面から30メートルは上にいるのよねえ。毎日こういうお仕事をされてるのだと思うけどほんとすごいわ・・

 

<2月>まんまるの鳥さんたちいろいろ

コロナの感染者がまたすごい勢いで増えてきたね・・・やだな・・
そして世の中は3連休だね。やはり帰省かなと思うお客さんもちらほら。そしてみんなリラックスしているのかウレタンマスクの人が多いーーーーーーしかもマスクしてない若い男性もーーーー。

こわいので強制的に車で待っててもらってます。まあしかたない。

 

そこまでいらない情報~って感じかもしれませんが今日からこの過去の写真のにっきのタイトルに月を入れることにしたよ。今の記事も書いていきたいと思うしねー。

コゲラちゃん。雪の日だったのでうっすら桜の枝にも雪があるね。

枝の中はきっと虫さんがすやすやしているのでしょうね。

ジョビは真冬のまんまるちゃんです。ちょっと押したら転がりそうね。

このメジロちゃんは地面のムクノキの実を食べたい子です。毎日みかけてた。

ハクちゃん、水辺で何か見つけました。これ何かな・・・

なんだろ。その後食べてた。

高い鉄塔には毎年ハヤブサ先輩がきますが、ペアなのですよねー。赤いほうに一羽います。そしてかわいい声で鳴いてたりするんだよ。ハヤブサの声ってあまり聞くことないし、なんかうれしくなるね。願わくばタケコプターが欲しい・・空からきみたちをみてみたい。

あしもと、つめたいね。ツグミちゃんがいました。

しっかり体に羽毛があるから大丈夫なのだろうけど、それでも足の裏は冷たいと思うのよ。

カルガモズがとんできました。

ハクちゃん。さっき水辺にいたのはこどもです。
ふわふわ背景で撮れるのはうれしい。ふわふわ背景、大好きです。

なんか葉っぱを掴んで歩いていたのですよね。裏になにかいたのかな。

この日もオオバンちゃんはなにかを食べていました。

ばしゃばしゃ。

ペアで動いています。

あ、なんか食べたね。

こまかい雪の朝

今年もよく雪が降りました。積もりはしなかったけどこの日もけっこう雪。カワウがむこうのほうにいました。この天気なので警戒心もちょいゆる。

カルガモもひとりで。なんかさむそうねー。

上の写真ぐらいの明るい露出が好みではあるけれど実際はこの写真ぐらいの暗さよね、雪の朝って。写真っていろいろな表現があるけれどどこを自分の基軸にするか、そもそもそこまで考えなくてもいいのか、どっちだろ。

この日も家族がいました。

みんな思い思いだわ。

降る雪が写るくらいの軽さと細かさ。ハクちゃんたち、寒いのにお疲れさまね。

うんうん、かわいいね。しってる。

さっきのカルガモ、身ごしらえ。

別のおふたりがやってきました。冬場はここもカルガモが多めになります。夏になるとみんなどっか行っちゃう。

さむいけどいい一日になるといいね。