母の味、祖母の味

秋深まって来ていろいろが美味しい季節になってきた☆

私はじゃがいもが好きなのだけどホクホクのが好きで、これからの季節はかぼちゃもじゃがいももホクホクのになるからとてもうれしい。
昔おばあちゃんが作ってくれたじゃがいもの煮っ転がしはしょうゆとお砂糖で煮てくれてたと思うのだけど、茶色にしみ込んだじゃがいものホクホクなところが皮のように一枚、二枚とはがれるぐらいのホクホクさで美味しかったな。
あの味はまだ再現できてない。おばあちゃんはどうやって作っていたんだろうなあ。

味の再現って簡単じゃないよね。母の味さえうまくいかないし。同じ調味料使ってても。なんだろうな。そして自分の作る料理の味は自分は好きだけど、なかなか同じように毎回作れなかったりもする。まぁ素材の味も季節によって違うし、例えばトマトが美味しい時期のトマト煮はびっくりするぐらいの美味しさだけどそうじゃないトマトだといまいちコクがなかったりね。なのでいつも安定して同じ味が作れる人が真に上手な人なんだろうな。

ほっくほくのかぼちゃ煮とか、ほっくほくのじゃがいもの煮物、作ろうっと。そしてそろそろおでんも美味しくなるね。次にスーパー行く時に材料買って来なくっちゃ。

まだツユクサが咲いていたころのツユクサのダンス。青い花びらがパールのように光って美しい、でも控え目なお花。

まだまだ暑い時だったので鳥枯れもあって、ちょうちょを探しては撮っていました。これはマクロでベニちゃんを。
ちょっとわかりづらいけど葉っぱに小さな卵がふたつ。これは誰の卵かな。

暑い中ピピンのヒナが寄ってくれました。ちょっとぼさぼさ。換羽中かな?

そろそろモズりんも登場です。ここを縄張りにしているいつものおんなのこかな。

こんな暑い季節もあったんだなあと、今から思うとすごく昔の過去みたい。

風のない朝、しずかにアゲハが休んでいました。

美しいね、いつ見ても。

そしてコゲラちゃんをはっけん。おいしいもの、あったかな。

蚊がいっぱいいるので日陰の道はあまり長居できませんが、なにかいるかなーと思って見てたらツユムシがいました。おもしろい顔してんね。

そしてここではあんまり見かけないキチョウが。だいたいモンキちゃんばっかりのなか、いてくれたのうれしかった。
すこしづつ季節が変わりつつある、秋の気配も少しだけ感じられて来た頃の写真たちでした。

コメントを残す