大丈夫、何もしないよ(上高地④)

魔法同盟、レベル15になりましたー。

15になると自分の強さが一定のところまでいくみたいで、だいぶファウンダブルをゲットしやすくなったかなー。
その分楽しくなってついやっちゃうのでエネルギーがすぐ減りますね・・これはポケゴのモンボ足りない問題と同じですよね。
というわけで、宿屋巡りをちまちましています・・。
砦にエネルギーゲット機能も追加して欲しいな~。

 

写真は昨日の続き。かわいくて永遠に続いてしまいそうな気配・・・

昨日、大正池の方面に来てくれるということが分かって待ち伏せをしていたマガモのベビたち。

ところがここでハプニング。
後ろに海外の観光客のグループがいたんですよね。彼らも当然私を見てマガモたちがこちらに向かってくるのを見つけて「わあ」て感じになったんだけど、その中の一人が石をカモに向かって投げてしまい。

当然だけどマガモたちはきびすをかえして戻って行こうとします。

あああ・・・・・・・・

石の届かない所まで急いで急いで移動するベビたち。
人間のすることは彼らにとっては迷惑なだけだよねぇ。私が代わりに謝るよ、ごめんね・・。

少し離れた所にはオシドリが1羽、いたんですよね。

こういう朽ちた木のところには美味しそうなものがあるようで、オシドリが寄って行ってごはんさがしをしていたらマガモのベビたちも一緒になってさがしはじめました。
こうやってみるとオシドリのベビみたいだよね。

しかしオシドリはあんまりフレンドリーではなくて、「ちょっときみたち邪魔!」てされちゃったので、ベビたちはまた固まって移動しはじめました。

ママもいっしょに。なんかやりきれない気持ちー。
ただ、私もここまで野鳥に興味がないころだったら石こそ投げないけど石を投げている人を見ても「そんなことしないで」て強く思ってなかっただろうし、彼らにとっては気持ちがゆるむ旅行の中の1日の一場面なので、なんとも、言いようがないかな。

私は彼らがどこにいくかを見てまたさっきはじめにいたところに速足で戻って、また近くで観察☆
ここに来ると海外の方はただ通過していくだけなので、さっきみたいなことはしません。

向こうに行く後ろ姿もかわええのう。

1羽が突然、ふと動きをとめてじーーーーっとする瞬間がありました。
大丈夫、なにもしないよ。かわいいよ。

コメントを残す