見える形と見えない形

季節は目に見える形で変わって行く時と見えない形のときがあるね。
今まではそういうのが花とか、体感だけだったけど、鳥見を覚えてからは見る鳥で季節の変わり目が分かるようになって、生活により深みが増した気がします。

ぷわぁーって散る桜。目に見えて季節が変わって行くところ。

もーいーかい?もーいーよ!
の、ツグミちゃん。見えてますよー。

春の時期は撮れるだけ上空にいるツバメを撮ってみますが、この時は腰が白い子が飛んでいました。ええと、腰が白いのはイワツバメかな?
イワツバメって近い距離で一度も見たことないなあ。

まだまだ桜の近くに行くとカワイイ写真が撮れそうで、つい足が向かいます。
シメちゃん昨日と同じ所にいました。

すべての桜にシメちゃんが行くわけではなくてお気に入りの木があるみたい。

選ぶ木は何基準なのかなぁ?
お口、開いてるとこが撮れました。かわいい☆

ここはお気に入りみたいだね。

公園にたまーにやってくるにゃんこ。
近所のおじさんのアイドルです。どうしたの?
別に触らせてくれるわけではないのです。私は知らん人ってカテゴリみたい。

ギャー!て独特の声がしたので見てみたらカケスでしたーーやったーー。
やはりきみたち、春と秋に数日見かけるね。ずっといてくれてもいいよここに。

かわいいアオジのさえずりを聞きながら公園にいるととても幸せな気持ちになります。
かわいいのよね。アオジのさえずり。

シジュッちがきました。そこのふわふわ、なんだろう。
人間の出したゴミっぽいなあ。巣材に使える?

絡みすぎちゃって取れなかったみたい。

春になってみんな行動的になってますね。

コメントを残す