惑わせるインスタ

私、インスタが苦手です・・・

プライベートではやっていません。一度やりかけたけど退会しました。今のところはインスタを鳥の写真関係でやる気持は持っていないです。SNSはツイッターとFBだけにしておくつもり。
気持ちは突然変わるかもしれないけど今のところは。

仕事でアカウントを持っているのでたまに更新するのですが、インスタってなぜか写真の雰囲気が何割増しかでよく見えるんですよね~。このマジックすごいよなといつも感じています。
同業者の作品をいろいろ見たりして研究することもあります。

最近のトレンドみたいなものも研究で見るのですが、見始めると自分の今までやってきているスタイルがぶれそうで時々迷ってしまいます。いいなと思ったものは受け入れるようにしていかなくてはいけないんだけど、これがベストと思っているものをコロコロ替えるのもどうかなぁと思ったりして。でももっと柔軟にならなくちゃいけないのかな。私が。

おしゃれな感じに作ることもできるし作りたい、が、相手からの要望はそうではない、とか、仕事では多々あります。すごいおしゃれな感じを希望してるのかと思ってそれ系で揃えてみたら「あれ、それが入れたかったのね」ていう、割と元祖なものを指定してきたりとか、どれだけやってもこの仕事は簡単ではない気がします。
この人はどんな感じが好きで頼んでくれてるのだろう・・と思ってみたり、少ない接客の会話でなるべくくみとろうとするんですけどずれる時があるんですよね。
逆に思った以上に合う場合もあるし・・・

どちらかというと私が作るもの、そしてうちのお店が仕入れてくるものって明るい色でかわいらしいタイプの花が多かったりしてて、くすんだ色のものは時と場合によって「枯れてる」て言われることもありがちなので、こっちがおしゃれだと思って提案して「違うか・・」てなることもあるんですよね。変わり咲きのものは「奇形」て思われたり、ね。その見極めが難しくって。定番なものがこの地域では受け入れられやすいようだし。
やっぱり少し田舎なので、定番のものをすすめたらいいのか都会っぽい感じのものをすすめたらいいのか迷うなーって時はほんとによくあります。
なので相手の服装を判断材料にしたりね。いろんな小さなヒントからなんとかその人の気に入りそうなものを引き出そうと試みてます。
考えてみたら相手が好きなものとかなんて、友達や身内なら分かるけど初めて会った人のは分からなくて普通だったりもするんですけど、どうしても花ってお菓子みたいにショーケースに並べられたできあがり品から選ぶわけじゃないのでさらに難しいのかも。

自分の感覚を信じてやってきてはいますが、時に見てて惑ったりしてしまうインスタって存在も大事だなぁと最近は思ってみたりしています。
この仕事もう20年以上やってきてますが同じものは毎回作れないしねぇ。

目の前のお客さんに真摯な気持ちで、毎回、がんばるしかないね。

 

仕事の話はこれぐらいにして。
イカルちゃん、今朝もみんなであさごはんだよ。

冬になるとトビが多くなりますね。きれいに背中が撮れました。ちょっと重たそうな感じがするね。尾羽が広がっているからかな。

もう、日陰が暗くて毎日白飛びか暗さの戦いを頑張っていますが・・。
レンズ替えたら白飛びしなくなるんかなぁ。

ミサゴせんせいはあちらを向いて朝のひとときです。

この日はトビが低空飛行で飛んでいました。北風が出る日はトビがよく飛ぶね。
下向いてくれたよ。かわいい顔☆

ピピンは枯れてしまった丘の上で時々お散歩しています。

イカルちゃんたちのカフェ。
美味しい実もあって、お水も飲めて、いいとこだね。

 

コメントを残す