Cutyハイタカと「災」の漢字の一年について

朝、いつもの公園に着いたらカラスがやたら騒がしい。
この公園は時々カラスがいるけれど鳴き方が違ったのでどうしたのかなーと思って林の中を見てみたら、明らかにカラスじゃない姿。

きみは・・!!ハイタカですね!!!わおわおーーー。大興奮!

見た目なんとなく幼鳥っぽい気がする・・・。猛禽の見分け方はいつもすぐ忘れちゃうのだけど、おなかが横ジマで、後ろから見ると茶色っぽいのはハイタカの幼鳥だったはず。
なんとなく幼げな顔を見ていても幼鳥っぽい!

こっち見たぁーーーかわいいーーーー!!!!!
めちゃくちゃかわいいーーーー!!ちょっとそこにいてね、ずっといてね、撮るから!

あーーーここまでかぁーーー。
ちょっとしたら飛んで行きました。

ハイタカ、去年も幼鳥らしき子を見たのだけど・・・一体幼鳥っていつまで幼鳥っぽいの??猛禽は。
さすがにそれなりにすぐ大人の毛になるよね?
となると去年とは違う子なのかなぁ。また逢えたらいいなあ!

その後ちょっとハイタカロスになりつつも目の前に来てくれた鳥さんをちょこちょこと。

2羽、仲よさそうだねー。

 

もうちょっとこちら岸に近づいてくれたらうれしいけど・・・そういうわけにもいかないよねぇ。

安定のジョビ、この日もパトロールしていました。おつかれさま。
背中がぷっくりまるまるですごくかわいいよ。

そして、水面ではカルガモがまだうたたね中・・と思うと目をあけてたりする(笑)

今年の文字、「災」でしたね・・ほんとに目立つ災害が多かったね。
うちも例にもれず実家の屋根から水漏れしました。それは台風の時じゃなくその後の急なゲリラ豪雨の時だったけれど、今までにないことだったので本当にびっくりしたし、実際ほんとに「災い」でした。
大きな台風も来たよねー。怖かったなぁ。台風が来たのが9月ぐらいだっけ。夏もとても暑かった。
今までの夏も暑かったけど今年は特別でしたよね。庭の花たちも枯れちゃったし・・・あれが普通に梅雨の時期があったらまた違ってたんだよね。梅雨明けが早すぎた。暑い時期は毎日サギを撮りに行ってたけれど、雨が降らなきゃ降らないで晴れてて写真は撮りやすいけれどやっぱりいろんなところの草が水が足りなくて茶色になっちゃってたし、今年はおかしい夏でした。

その前の冬も、とても寒い冬だったなぁ。
今回の冬はどうだろうね?今のところやっと12月の半ばにもなり、まあ冬だよねって感じで朝晩過ごしているけれど・・暖冬だという予報が出てたけれどどうだろう。
寒すぎる冬もいろいろと災害は起こるし(一番身近なのは水道管の凍結とか、それによる損傷とかかな)穏やかに季節がそれらしく過ぎてくれたらいいなあと思うよ。

あと、地味な災害?としては先日の電気温水器の故障ね(笑)今はもう新品になったので何事もなくお湯使えてます。

やっぱり「災」の字にはお世話になりたくないねー。

コメントを残す