タイミングのずれはしゃーないね

遠くの方に飛んで行ったカルガモたち、水にざざーっ。

カンムリカイツブリ、いました☆この子はここに定着したっぽいですね。この川を好きになってくれるとうれしいよ。

カワウさん頭上を通過~。彼らも徐々に婚姻色になっていきますよね。この子はまだ普通だけど、さっそくもうその気のカワウを見たよ。

ピピンが降りてきました。手前はこどもかな。後ろに親。

何が気になるのかなあ?私もそっち、見ちゃうよね。

アケビの実がなりはじめました。毎年同じ所に1つ株があって、もちろん公園内ではありますが人の手を伸ばしては届かない、という、川沿いにあります。
まだ早いよなーと思ってたらメジロちゃんたちがうきうきしてたので、もう実ははじけてるんだねきっと。
残念ながら5つほど実があって、すべて川のほうにむかって開いているのでこちら側から実の状況は分かりません・・・
かろうじて、撮れた一枚。完璧とは程遠いけどアケビと一緒だからいっかな。まだ実が若そうなんですけどねー。そばを離れなかったのできっと、この裏側ははじけていたのだろうと推測しています。

このアケビ、その後3つほどどなたか人間のおなかのなかに入ったようです。そしていつのまにか、ほんとにあっというまにすべての実がはじけてしまい、結局このあと楽しみにしていたアケビメジロは撮れないまま今年の秋は終わります・・・。このアケビ、紫になる前に終わっちゃったな。
こういうのもタイミングだもんねー。しょうがないなぁ・・・ざんねん。
でも、アケビの甘い果実がメジロちゃんたちを楽しませていたのを信じているよ。

 

コメントを残す