ぶんぶんと葉桜

体調を崩しているうちに令和になっていました。

元号が変わるということをこれだけ日本の人々が歓喜を持って迎えられる環境をお作りになった上皇陛下のお力はすごいなぁと思います。過去の慣習にとらわれず、なんて言葉では簡単に言えるけどなかなかできないことだもの。
そして日本の象徴としてっていう立場も、改めて考えるととても重いことだし。

何事もなく明るく迎えるために、私がしらないたーくさんの方のご努力とご尽力があったのだろうなと思うと頭が下がりますね。私が体調崩していたって時代は変わる。

体調、かなりよくなりました。
日中動いている間はもう全然普通なのだけど、家に戻ってリラックスするとまだ背中が痛かったりします。あと、朝がた起きる時も。
今回結構な回数病院に通ったよなあ。看護師さんの顔を覚えてしまうほどに(笑)
このまま、薬は連休明けのぶんまでいただいているので粛々と飲み続けて元気に母の日まで仕事を頑張りたいと思います。

 

外はすっかりグリーンの世界なので、桜の写真を見ているともう思い出のような感じになってしまうね。
葉桜になりかけた時、ほんとうに、私の好きな色の世界でした。

鳥さんがいなくなると桜の花を撮っていたり。すると・・・

あ!ぶんぶん!!!
このときは3月の中旬ぐらいだったけれど、ぶんぶんはもう活動を始めていました。
かわいいねー。

日があたたかくて、ちょっと気温の上がった朝ならもう活動しているんだね。

数匹がおしごとしていました。朝早くから、おつかれさま。

一匹のぶんぶんを見かけたんですが・・・・

どうやら左手がひっかかっちゃったみたいで(花粉かなにかに)しばらくこのままでグルグル回転してました(笑)そういうこともあるんだー。

しっかり足にお仕事の成果をくっつけていますね。

思いだしたころにまたヒヨがやってきます。
群れはもういなくて、単独で行動している子たちです。

これからどんどん明るくなって、あたたかくなって、いろんな虫が出てくるんだなーって思ったひとときでした(3月中旬だったので)。

さて、私も出勤するよー。って、そういう朝の時間です。

 

コメントを残す