優しさで打ちのめす

優しさで人を救うことは多分簡単なことなんだと思う。
優しくされたい人がほとんどだし。

人に優しくする人が本当は優しくされたいのかもしれないな。
優しい人は強い、とよく言われるけれどもそうじゃないことも多々あるよね。

自分だって強く相手に当たりたい。
でもそれがうまくできず自分らしくないならその方法は自分に合っていないから、自分に合う方法を・・と考えて行くと優しさで相手を打ちのめすしかないのだろう。

桜のふわふわの優しさ。

いちばん蜜が美味しい時期なんだろうね、休むことなくメジロちゃんのあさごはんは続きます。

まだきみの足元のお花たちはスタンバイしているよ。

待ち焦がれた一年間だったのかもしれないね。堪能してね。

ヒヨも仲間と鳴き声で会話をしながらピンクの世界にいます。

あさってぐらいに咲くかなあ?

眠くなるピンクの世界。あたたかくて、きもちがよくて。

メジロちゃんが下を向いたら「次どこの花にいこうかな」て考えている合図だよ。

ちょっと休憩中・・・。

群れで動いているヒヨと、一羽だけで単独で動いているヒヨ。
私にはどのヒヨも同じ顔に見えちゃう。この子はたしか、単独行動の子かな。
群れでいると休憩している暇がなさそうだけど、この子はおっとりしていました。

そもそも群れ組と単独組が同じ鳥であるって、面白いなあと思う。

コメントを残す