<在りし日シリーズ>春先の雨の日

雨の中のシメちゃん。
シメちゃん、つい数日前も姿を見かけました。くちばしの色がグレーになって、きっと、休憩に立ち寄ってくれたのかな。
この日は3月。雨の日でした。

雨の日は視界が悪いけれども、なんとなく鳥たちも落ち着いているように見えますね。

オオバンちゃんはこの日もヘコヘコと泳いで行きました。
露骨にこっちの姿を見つけると離れて行こうとするので、ちょっぴりさみしいのだ・・・。

ヒドリーズも雨の日はまったりって言う感じ。

私も、傘持ちでは機動力がほとんどないので、撮れる子たちだけを撮っていました。

このときはまだ早いかなと思っていた、サギたちの来訪(なのか通過なのか)。
見事に縦に一列だったので興味深かったなあ。
空気抵抗を抑えるためなのかな。

まとまっていたオシドリたち。ちょっと見づらいのだけどこの時は後ろの林にも何羽か、休んでいたよ。

 

いろいろといた季節が終わって今は川も、だーーーれも見かけません。
さみしいなぁ・・・と思いながら、お散歩のときに川面を見つめています。時々、トビが飛ぶぐらい。
ということで、毎日のお散歩はそろそろ川沿いコースに切り替えをしようと思っています。
あんなに冬場楽しませてくれたけど、早くもちょっとした鳥枯れ。
というより、新緑が美しいのはいいけれど、どんどん葉っぱが大きくなっていくので小鳥を見つける難易度がぐんと上がりましたね。

新緑の季節、きれいだけど、伸びるのはあっというま。

 

コメントを残す