春が来ると嬉しいこと

穏やかな水の上でカンムリカイツブリ。

今日はあっちの岸のほうにキンクロちゃんたち、いるようです。
あれ、左側の2羽はキンクロだね。

 

強風だった昨日の影響がまだ、川に残っています。

ヒドリーズがあさごはん。

ちょっとおめめの緑っぽい、おとこのこ。

珍しくモノクロにしてみました。
竹とアオサギ、和風になるかなあと思って。

ジョビ☆おはよう。

ひゅんっ!と飛ぶよ。

鳥が向こうの方を向いている時って何を想っているんだろうと思ってほのぼのした気持ちになっちゃう。

さっきのモノクロのアオサギさん。とおくにいます。

ヒドリーズと目があったよ。かわいい。

カルガモたちも増えてきました。真冬と比べたらだいぶ増えたかもー。
ここは春夏秋はカルガモぐらいしか川にはいなかったりします。今年はどうかな?

ふわっとペアが飛び立ちました。ヒドリーズはちょっと体が重そうに飛ぶね。

カワウも通過していくよー。

この子も恋愛モードだね。カワウ、一年中見かけるけれど繁殖している所は見たことがないなあ。いっぱいそのへんにいるんだけど・・・
ちょっと調べてみようかな。もちろん営巣の邪魔をするわけじゃないけど、考えてみたら巣立ったばかりのヒナみたいな子もほとんど見かけたことがないような気が・・

知らないこといっぱいあるわ。

 

春になって嬉しいなと思うことは、夕方が穏やかできれいだなと思うことが多いこと。
やっぱり春ならではの穏やかな夕暮れ、いいよね。癒される。
もともと夕方とか、ちょっとアンニュイっぽいのは苦手な方なのだけど春の夕焼けだけは好き。
包み込むような優しいオレンジ色の光。やわらかな風。

それぞれの季節にはちゃんと意味があるけれど、季節さんそのものは全然そんなこと意図しないで繰り返されて行くのだろうなあ。

コメントを残す