自分でもわからない感情が服には隠れている

今朝は今季一番涼しかったー!涼しいっていうか寒かったなぁ。15度だったみたい。コットンのカーデを半袖にはおっていきました。なんかでもまだ半袖を脱ぎたくない気分なんだよな。昼間は快適だものね。
もーだめ寒いってぐらいにならないと半袖って意外としまえなかったりする。

そして寒くなったからなのかヒドリガモの群れがいつもの公園にやってきました!カモ類の群れの飛来は今季初。こないだ1週間ぐらい前にオナガガモが一羽だけきていたけれど(すぐに抜けちゃった)群れとしてやってきてくれました。まだ渡りの途中だろうからすぐ飛んで行ってしまうかもだけど嬉しかったなー。ようこそ!だったよ。

いま衣替えをしています、というか終わった。ゴミ袋2個分、冬服を断捨離しました。
3年ぐらい着てなくても捨てるまでに至らない服って結構あって、私は特にぽんぽん服を捨てられないタイプなのでどーしても着ないまま次のシーズンになってしまって、ってのをやりがちなのですが、今季は思い切ってさよならしました。
一応適当に捨てる服を何枚か並べて携帯で写真を撮ってから捨てます。これをすることで捨てることに思い切りがでるのですよね。だからといって一枚づつ丁寧に着た上での写真を撮ればいいんだけどそこまではしなくて、ばばっと並べて撮るだけ。これしておくとあとで「あれ?あの服って捨てたっけ?」てのを確認できていいし、何かの折にその写真が目に入ってくると「あーこの服あったな、よく着たな」って思い出します。
結局、目に入るとその服を買ったときのことや着ていった場所とかの思い出が蘇るだけでもう今は似合わないしって感じなんだよねぇ。ただそれだけって感じの服も割とあったりしてて。見てれば満足するだけなんだろうな。だから今回は思い切りました。
それから、捨てるのに迷う服も手に取ってみて「これ、もし新品で今から買う?」て考えると「買わないよな」て服はもう旬を過ぎたのかなと思って捨てるきっかけにもなる。それから「痩せたら着よう」て服は「じゃあホントに痩せたとしてこの服着るか新しい服を買いに行くか?」て考えたら後者なんだよねー。断然新しい服を痩せて買いに行くほうが楽しいじゃん!そんなのすぐ考えればわかるのにね、なんで痩せられないんだろう?(そこ?)
自分でもわからない感情みたいなものが服には隠れているなぁとよく思います。気に入っているときはなんとも思わないけど何かが原因で(似合わなくなったなとか流行りが過ぎたなとか)手に取らなくなったり迷ったりする時にそれをいかに言語化するかが手放すきっかけになるなと。高かったから、てのもよくある理由。いい布を使っているなあとか手触りがいいなあというのも手放すのにブレーキを掛けちゃう。ブレーキがかかったときは無理して捨てなくてもいいなとも思うんだ、自分のものだしね。自分で捨てたいと思う時までとっといてもいいと思って。たぶん数年の間に捨てることになるのだから・・。自分で決めればいいのよ。うん。
でもそう言っておいていったん断捨離し始めると「あれもこれも捨てる?」て気分が捨てるモードに切り替わるのも面白いなーって思う。ほんと自分のことなのに自分の感情って予測不能だな。

 

毎日同じような写真を撮っていますが・・。ツマグロちゃん、おやすみ中。この辺が好きみたいだなあ、毎日みかけてた。

雨のあと、ふわふわベニちゃん。

よいしょっ!と足がヘンテコになってるのを写しちゃったセグロピピンのヒナっこ。

階段の上にあがりたいなぁ・・・

ふわっ!と簡単に上がっちゃいます。羽根の力ってすごいね。

2羽いたのですが、突然けんかがはじまりました。私もびっくり。何がきっかけ?突然すぎてピントが追えないわー。

お互いの強さをアピールしてるのかな?それも大事なことだよね。

今年も見ることができました、ふわふわ飛ぶほっそい黒い子、ハグロちゃん。

ゆっくりと羽根をまわしてしゅっと閉じる、を繰り返して、雅って感じです。

梅雨の中頃なのにめずらしくウミネコがいました。どうしたの?たまーーーに見るけどこの時期にここにいるの、珍しいね。一羽だけでのんびり飛んでいきました。

コメントを残す