過去が美しく見えるときがある

過去のことが美しく見えるときがある。

だいたいそういう時は今の自分に満足いってない時だけども。もしくは過去のほうが自分にとってキラキラした生活を送っていた時、みたいなね。気力が落ちている時だと思うので、今を楽しく満たすべくとりあえずなにか美味しいものでも食べるのが一番ね。

ということを書こうと思ったわけではなく・・・・今、昔のデータを振り返る作業をしていて、2017年2018年を見返していたらいい瞬間いっぱいあったなーって羨ましくなっちゃって。
過去のほうが機材も今より劣っているし(ボディがね)ベテラン度?も今のほうが上のはずなのにね。結局鳥さんと出会う運もあるよなーって思います。私の場合は2018年ぐらいまでは夏場はサギのコロニーが近くに幸いあったりして夏はサギ運が高かったなと思うし、いつもの公園も鳥さん以外の動物を見かけることもたまにあったりして。それはちゃんと川の下のほうまで草刈りされていて整備されていたから見やすかったっていうのもあるのだけど。
今はといえば、草刈りが川のほうまではされなくて下に降りれなくなってしまっているし、サギのコロニーもなくなったし・・て感じ。おそらく毎日のお散歩の時間も昔と変わらないから写真を撮る頻度は変わってないんだけど、鳥さんと出会う運が数年前よりちょっとだけ減ったかな・・

でも今日は嬉しいことがあったんだ。イカルが来ました。数日前に声は聴いていたけれど、ちゃんと群れを見たのは今日が今季初。渡りがちゃんと始まってる!ってワクワクしました。ここからの春先までは鳥さんがいっぱい見られるシーズンになってくるから、あんまり過去と比較して落ち込んでちゃだめだなぁ。そんなことをしている場合じゃないね。

ちゅんこベビがいました。ちょっとむこうのほう、葉っぱが茂っています。

ここで待ってろ、って言われたみたい。じっとしてうごかないよ。

晴れてきて暑さも感じるので、お口を開けたり閉じたり。

そして次の日、雨の日。

あじさいのところにまたチビカマちゃんみっけ!すこし前見た時より大きくなりました。そしてハラビロちゃんだなってわかった。おなかがひらべったい。

このときは雨の時だったので(たぶんちゅんこの日の次の日)上から横から雫があるからか、体にくっついちゃったね。きみのからだは小さいから雫がとても大きく見えるよ。

ちょっと移動したので私も角度を変えて。目に黒い点があるの、興味深いよねぇ。カマキリって不思議な生き物だな。そこで見てるわけじゃないのに相手には目があるって見えるもんねー。

こっちにもちゅんこベビ。おなかがぬれちゃわない?

このちびちゅんこは元気な子で、ぴょんぴょん跳んで移動していきます。ついていきました。

そこに水たまりがあるねー。自分の顔が映っているのかな?(それ、撮りたい)

湿った地面でごはんをみつけたよ。ハサミムシみたいなものかな。

ぶんぶんふりまわして、小さくしてすこしづつ食べてました。

ヒナはちいさくてまるくてかわいいなぁ・・眼福。

その下になにかごはんがあるんだよね。ひとつひとつのしぐさがかわいい。

コメントを残す