外が気になる時もある

今自分がこの町に住んで住み続けているからこそ撮れる風景もあるし、きっとここにいたら二度と撮れないのだろうという風景やシャッターチャンスもある。
わりと周辺で活動することに満足をしているのであまり外に気が向かないけれど、やっぱり気を向けたほうがいいのかなぁと時々思う。
何度も毎日通うからこそ見えるチャンスもあったりするしそれはとても大事なことだと思うのだけど・・・どこか離れたところにチャンスを見つけに出かけたとしたらそこに毎日行きたくなるのは必至だもの。それがきっとかなわない現状に自分でイライラしそうだなとも思ったり。

いつも悩んだ時は現状維持、て感じで過ごしてきている。何か動くときは向こうからやってくるのだとも思っているけれど、それは怠慢なのかなぁ。
ただ、いつもいるところで一生懸命過ごしていたらそれは怠慢じゃないのでは?とも思うし。

思うことばっかりだな。しょうがないよね。コロナで自由がいつもより少なくなっているもの。動きたいと思ったらすぐ動けたのに・・・けどみんな平等に同じ環境なわけだからあれこれ考えてもやもやするよりも自分の動けるところで密にならないようにディープに趣味を掘り下げて楽しみをいっぱい見つけたほうが得だな。きっと。

この日もぶんぶん。鳥さんがいなーい!のです。

とおもったらサンショウクイ。連日ここにいるんだけどさぁ、ホント近くで撮れないんだよなあ・・。こんな小さくしか。初めて今年滞在してくれているので普段とは違う鳴き声が聞こえるのは「あ!」て思えて楽しくなるよ。

ダイさんとアオさんがいますねぇ・・。おさかな、いるかなぁ。

エナガちゃんたちが近づいてきました!あらま、割と羽毛が少な目ね。

いっしょにメジロちゃんも移動していました。きみたちはなかよしだねぇ。

軽やかに高い空を飛び回っているサンショウクイ、木に留まりました。はぁ・・・遠いね。一応、ここに写っているのだけども。わかるかな?

エナガちゃんファミリーに遭遇したので一緒に行けるだけ木々を移動していきます。
めおとかな。なんか、距離感がいいかんじ。

子育てもやっとおわったね。もう1回、するのでしょうか?

明るいね、晴れると。今日も頑張っておしごと。

みつばちたち、バラが終わるととんと姿をみかけなくなるのですが、どこのお花の蜜を集めに出かけているのかな?

コメントを残す