金沢旅③2日目、兼六園と近江町市場と金沢駅

金沢旅行レポ、あとすこし。

1泊2日だったので2日目は朝おきて温泉入ってから朝ごはんを食べてチェックアウト。荷物だけ預けておいて今日は兼六園に行ってみよう、ということで朝のお散歩開始です。
なにせホテルのすぐ隣なのでめっちゃ気楽~。兼六園、初めて行きましたが季節柄梅が咲いていてそこにメジロちゃんがいてほっこりしました。その他はまだ緑の季節ではないけれど苔がすごくきれいだったなぁ。きっと金沢は雪がたくさん降ってもうちの地元みたいに湿気のない冬じゃないから、あれだけ苔がきれいにもつんだろうなと思いましたね。
けっこう起伏が激しいのにいつも水が流れているのも不思議でしたねぇ~。どこから水が流れ始めているんだろうなあ。

2日目は朝から雪予報で、朝のうちは雪が降っていました。水分の多いあられのような雪が降っていてあっというまに白くなりました。けどそれ以上は降らなかったからお昼ぐらいにはすぐとけちゃった。湿気があるだけで同じ寒さでも全然耐えられるなぁ。

その後そのままホテルを通過して近江町市場に向かいます。
ここも初めて行きました。名前はむちゃくちゃ知っているけれど思ったよりもこぢんまりしていて、いろいろなおいしそうなお魚が売られていて。八百屋さんもあって、ここでは昨日いたるさんで食べたさつまいもを買おうかなと思って買いました。五郎島のサツマイモ(自宅で今もちょびちょび食べていますがしっかりおいもの味がしておいしい)。それから天ぷら屋さんがあったので、お土産に天ぷらをいろいろと(美味しかった!)。
ちょっと小腹がすいてきたので回転すし屋さんに入ってちょこっとつまんでみたりして。
美味しいものはしゅーーっとおなかに入っていってしまいますねぇ・・・魚のおいしくないところに住んでいるのでおいしい魚を食べると「こんなにお魚って甘くて、しゅーっと口の中でとけてしまうんだなぁ」としみじみしながら食べました(笑)
近江町市場は値段的なものは観光地価格なので決して市場と書いてあっても安いわけではなく、それなりにします。地元の人は来ないのだろうなーっていう。ここでも観光客がまばらで歩いていても気が楽でした~。

そしてお散歩から帰ってきたらいい時間になったので、タクシーで金沢駅に向かいます。電車はお昼過ぎに乗る予定だったのでそれまで金沢駅のお買い物を堪能☆
金沢駅と兼六園とか、金沢駅と香林坊とか、ちょっと距離はあるんですよね、歩いていくには遠いかなぁっていう。だいたいタクシーに乗れば片道1000円ぐらいで着ける範囲でバスもたくさんあるみたいだし、名古屋でいうと名駅と栄みたいな感じなのかなーって思った。
駅もきれいになっていて、あんととりんと、というふたつの駅ナカ的なものが駅のコンコースの両脇にあります。いつのまにかどこに行っても新しくてスタイリッシュになっていて気持ちがいいよね、駅のお買い物って。
金沢にせっかくきたのでと思って自分用のお土産に和菓子を、それもお干菓子が欲しいなと思ってお店をめぐるんだけど和菓子屋さんの多いこと!ここでは圧倒的に洋より和ですね、しかも金沢のお菓子ってどれも華やかな色使いで京都とはまた違う感じで、どれをお土産にしようか迷ってしまいました~。私は色合いが柔らかい自然な色合いの琥珀が好きなので、琥珀をひと箱と、くず湯が飲みたいなーとこの冬ずっと思ってたのでくず湯を買いました。あとは晩御飯用にいろいろ気になるものを買ったりして、電車に乗って帰ってきました~。

ちなみに・・・母のお財布は車の中に置き去りにされていました(笑)よかったねぇ。

いつもの公園。むこうのほうでカルガモズがわたわたしています。
彼ら集団でぐるぐるしてる時があるけどなにやってるんだろうねえ。

そんなカルガモズとアオサギさんと、いつもの船。

お行儀よく並んでいくのはマガモたち。これにもなにか意味があるのかなぁ。

もうすこし遠いところにはカルガモズ。静かな朝。

とおもったらヒドリーズが飛んできました。なにかあったのね。

珍しくここにイカルちゃんとシメがおりてきました!ここにも来るのかー。ここなら地面に段差が結構あるので、地面すれすれで撮りやすいからうれしー!けっこう起伏のある公園だからタイミングよくいいところに降りてきてくれたら私はしゃがまなくてすむんだー。

私の気配を消してじわじわと近づけました。これがギリかな。コンパクトにまとまっているねえ。

とおもったらイカルちゃんたちが飛び立って個々で動いているであろうシメちゃんたちが残りました。

時々は降りてきたり、また飛んでみたり。彼らは羽根があるから自由だ。

冬が進むにつれてイカルちゃんたちとの距離もすこしづつ縮まっていきます。やっとここまでかー。旅立つぐらいにはもうあとひといき、近くに行っても大丈夫になるから、慣れてきてくれたのだね。うれしいよ。

シメちゃんのほうが警戒心が緩いのでなかなかイカルたちは近くで撮らせてはくれません。単体で動いていることも少ないし。シメちゃんのほうが柔軟なのかもしれないね。

コメントを残す