私のミネストローネ&素敵なおふとん

最近はまっているトマトスープ、というかミネストローネのはなし。

トマトスープを作るのに最近はまってます。そもそもトマトは大好きなので夏も冬も関係なくカレーにトマトは絶対入れるし、サンマルコでカレーを食べるときは必ずトマト系か、トッピングにトマトをのせます(余談だけどサンマルコのカレーはチキンカレーが一番好き!)。
で、家で作るときに毎回味をつけるのがちょっとめんどうだなーって思ったので、市販のミネストローネの素的なものを使います。でもそれだけだと量的にも薄いので、そこから自分の好きな味付けをして最終的に仕上げていきます。

大きな深いフライパンに野菜をばんばんカットして入れて、ぐつぐつ煮て、素を入れて。肉系はベーコンのときもあれば鶏肉のことも。どっちも美味しい。
そこからの味付けはまずお醤油は絶対。なんでもお醤油を入れてしまうタイプなのです、そうすると必ずなじみの味になるのです。もちろんミネストローネにお醤油は隠し味的に少量、軽くひとまわしぐらいいれますが、そのあと赤ワインを入れ、味を見て薄ければコンソメを入れてみたり鶏ガラスープを入れてみたり、ケチャップ入れたり日本酒を足したり酸味が強ければすこしお砂糖を足したり。そうするとね、でき上がりの味が複雑になっていい感じになるのですよね。

そもそも市販のスープの素自体がメーカーによって味がさまざまなので、今いろいろとためし中です。すでに具が入っているもので「あとはベーコンとおうちにある野菜を入れてね!」的な素もあれば、ホントにペーストだけで野菜もお肉やベーコンも自分で入れてねって感じのものもあるけど、毎回メーカーを替えるとまたそれぞれが違う味になるので週1ぐらいでまとめて作って毎日食べてても飽きないからいいかも。

なんか・・・こんなに長文にするほどでもない情報でした。はは。あ!あとね、必ず大豆の水煮をトマトスープには入れますね。大豆がものすごくうまい!
今週はキューピーのミネストローネの素を使って作ったけど、次はまた違うメーカーのを選んでみようと思います。
お野菜いっぱい摂りたいなって気持ちと、お料理したいなって気持ちが相関しない時ってあるじゃないですか。疲れてたり忙しかったり。野菜を切るのもおっくうだったり。そんなときは世間の美味しい素を借りてそれに自分なりの安心できる味を足して作ろうと思えれば、お料理に対するハードルってちょっと低くなって超えやすかったりするもんね。お料理は毎日継続だし、自分の体調にも直結するし、なるべくできるときはなんでもいいから作る。それも時短のもので。

 

外に咲いていたけいとう。かわいいなと思って見ていたら中でてんとうちゃんが休憩していました。

よくけいとうの中にはてんとうちゃん、いますよ。

ふわふわな感じだから居心地がいいのかもね。でもこの日結構風があって、けいとう揺れまくっていました。酔わないかなぁ。

いつもの公園は秋になってエナガちゃんをよく見かけるようになりました。

おや、シジュッちおはよう。いつも目の前に来てくれてありがとうね。

遠くの岸辺にアオサギさん。今日はちょっと水位が低め。雨の日は上の葛の葉っぱのところまできます。

シジュッたち、桜を移動することが多くなっていました。桜はいっぱいごはんがあるし、もう花芽を食べていることもあります。

珍しく近くの地面におりてきました。この子は幼鳥かな。

なんか、そこにいるのね!

あれ?ちがった?

ちょっと毛がぼさぼさなところがかわいかったよ。

コメントを残す