探す楽しさと難しさ

 今年の夏は、仕事で着ているトップス類を一掃しようかと思っていて、

新しく代わりに着られるものを同じ枚数だけ探し中。
いまあるのは色がはげてきたり、くたびれてきたり、いろいろ。
好きなものだけ残されてるけどさすがにちょっと手放したほうがいいかなーという程度の。
去年はそこそこ我慢して着られたけど、今年はちょっとどうなのかなっていう。
それらを一層しようかと。
なんとなく勇気がいるけど・・とっといても、着ないもんね。手にとって躊躇するものは。
・・・が今年ほど探しづらい年はないかも。
なんか、流行りが、だぼっとしたトップスとか、とろみ系のものとかがすっごい多い。
どこへいってもそんなのばかり。プライベートに着るのはいいだろうけど、
それ系って結構難易度が高いアイテムなのじゃないかなと思う。
人によってはより太って見えるんじゃないかと思うので。
だぼっとアイテムは細い人はより細く見せ、太った人はより太く見せるという、
逃げ場のないアイテムだと思うんだけどww
袖もほとんどないものとか、短めの半袖のものばかりで、
私のような二の腕がクーラーに弱い人にとっては五分袖や七分袖のものがほんとうに、ない。
普通のデザインのものならあるのだけど、襟ぐりが広く開いているものとかで、
中にタンクトップを着ればいいけど、そういうカジュアルさは仕事ではちょっとね。
かといってシャツ系はほとんど着てないので、カットソーで絞って探すと、
ちょっとコワザの効いたカットソーが、ないんだよなぁ・・・
例えば袖だけ異素材(だけどちゃんと袖の丈が長め)のとか。
仕事ではエプロンをするから、シンプルなものにちょっと技が効いている程度がありがたいのです。
レースとか、異素材とか、パイピングとか。
そういうのが好き。
例年割と見つかるんだけど今年はほんとうに見つからない~!!
シフォン素材は?といえば、それはそれで割と好きなのだけど、
シフォンは素材で暑さが違ってくるからいいものを選ばないといけない。
ドレープの出方とか、ぜんぜん違うし。
見た目同じようでも、触った瞬間いいものかそうでないものかが分かる。
さてそんなんで2週連続でアウトレットに行ったりしてるんだけど、
探せたのって2枚ぐらいか?ほとんどの店舗を回って。
無地系であまり華やかでないものと思って探すとかなり選択肢が限られてくるので、
ない中を探すのは楽しい作業ではあるけれど、ないとただ疲れただけで帰ってくるというか。
その割にメンズは五分~七分袖のものがとても多いんだよね。このギャップ。
結局いつも行く好きなお店でもなんとか2着、
違うお店で仕事用は2着。
これでとりあえずは1週間まわせられるかな・・・ちょっとだけ安心。
ボーダーはもう選ばない、と思っていたけど(飽きちゃったの・・)
結局、ボーダーも2枚。
まぁいっか・・・。素材は薄めだし・・。
私いまだに20代ブランドも良く見て回るんだけど(アウトレットでは)、
さすがにもう「これは無理だな」って雰囲気の服が増えてきて、残念だなぁと思ってみたり。
それ以前に材質が「もう無理だな」ってのも多かったりする。
過ぎてしまったんだなぁ・・・とかw
これだけ洋服をいろいろ着てきてると(年の数だけ)
どれが自分が着やせして、どれがそうじゃないかというのは見てすぐ分かったりするし、
夏物は特に手に取った瞬間にその材質で「あ、これは涼しい」「これは暑いな」というのも分かってくるから、あまり失敗する買い物はなくなってくるのだけど、
それでも、それだけにこだわっちゃうと本当に同じものしか着るものがなくなってきて、
ワンパターンになってきてしまうので、それもね、たまにはリフレッシュして違うものにチャレンジしたくもなるよね。
私、小さいころから洋服は好きで、
でも小さい頃はなかなかサイズにあうものがなくて(こぶとりちゃんだったもので)、
いつも母親と洋服を買いに行っても気に行ったのが見つけられなくて泣いて帰ってきたりしていたの。いつもいつも。
好きなデザインなのにきつい、とかで試着しても着れなくて。恥ずかしいやら疲れるやらで泣けてたなぁ。
当時は今みたいにさまざまなお店ってまだまだなかったから、特に。
アウトレットなんてものもなかったから、デパートとか名古屋の地下街とかで探したな。
懐かしい。
友達と買い物に行き始めるようになった高学年ぐらいからは、
よく鈴丹に行ったりしていたなあ。
ボーダーのシャツを買って帰ってきたら親に「囚人みたいな柄、やめなさい」って怒られたりとか(!)
ボーダーってまだそういう風潮だったんだよ、微妙に。当時は。
今そんなこと思う人っていないよねー。
今はもう休みも1日しかないし、仕事が終わってから名古屋に行ったりするのも時間的に無理なので洋服を買うといったら近場かアウトレットかネットか、でだけど、
それでもこの夏は袖のちゃんとある、ちょっと変わったかわいいものを探すのが難しく、
もうすこし、難儀しそうだ。むむむ。



コメントを残す