忙しいというのはいやだけど・・・

 3月は、特に後半がすごく忙しくて、

タイトル通り、あまり忙しいというのは好きではないのだけど、
何も家に帰ってできないぐらい、忙しかった。
朝から夜まで時間に追われる感覚・・・たくさんの仕事の注文を抱えて、
どれも絶対に間違えてはいけないと思うから緊張しているのが自分でもわかった。
ちょうどあたたかくなりかけのころだったし、寒いといやなので厚着をしていたら、
あったかいのかあついのかわかんなくなって動悸みたいに胸がドキドキしてきたり。
とりあえず猛烈な忙しさは3月で終わったけれど、
今になってもなんとなくまだ、落ち着かない。
忙しさのペースになれると、いつものペースに急に戻ったとしても、
速度があわなくてつんのめっちゃいそうっていうかw
いろいろな備品も一気になくなったので、備品をいつものようにそろえながらも、
この1か月がちょっと一休みで、来月に入ったら母の日があるから、また猛烈に忙しくなるのだろうなと思う。
ありがたいよね。ほんとにそう思う。いつも不安になるから。
今年の3月は、毎年いただいているところからのオーダーがなかったりしたけど、
その分が違うオーダーで埋まったりと、なんだかんだとやることがいっぱいだったな。
ついこないだ、プロフェッショナルで、京都の和食屋さんのご主人の特集を見ていたけど、
不安になるときがあったというのを見て、ほんとにそうそう、って思う。
比べるレベルじゃないけど、このままで本当にお客さんは満足しているのかな?って思うし、
お料理の世界も毎日すこしづつ味付けを変えている、というのと一緒で、
毎日まったくおなじ商品を作らない私の仕事の業種は、
暑さ寒さや、お天気できれいに見える色が違うから、無意識にいろいろと選んではいるけど、
お客さんがほんとに満足して帰ってくれてるだろうかっていうところは、ほんとのとこは分かんない。たぶんどの業種だってわかんないんだと思う。
なんかつねに、仕事は、完成ではないね・・・
4月に入ってすぐ、いつもの温泉でしっかり汗を流してきた。気持ちよかった~!
忙しい3月中にだって近いのだからいつでも行けたけど、不思議と仕事が忙しい時って息抜きまで気が回らなくて、家と仕事場の往復だけで、家に戻っても必要最低限の家事だけして、食事して、ひたすら寝ていた。
朝になるとしっかり睡眠時間だけは確保できてるので(一人暮らしの特権ですね・・・10時間ぐらいは寝てる)、しっかり体力も回復できているのだけども、
そのほかのことが頭に全く入ってこず。本も読めなかったな~。
普通のペースのときでないといろいろできないな、と思った次第。
暇すぎても、ただお金使うだけだし(=通販で買いものとか)。
これもまたバランスが難しいものですねえ。



コメントを残す