最近感じた、春のいろいろ

 来月になったらまた、ひとつ年を重ねることに。

30代最後の年ですね~、30代のうちにやっておきたいこと、とか、普段あまり自分を追い込まないので考えたりしてないけど、ちょっとゆっくりそういうのも考えてみてもいいかなって思う。
だいたい自分で追い込んでいくと自分でストレス溜めるので。
日々、ふわふわして笑っている生活を選んだほうが自分に負荷がなくていいよね。←甘えか?
日々の積み重ねが1か月になり半年になり1年になり、一生になっていくのだとしたら、
欲しいものはいろいろあるけど、やっぱり毎日を笑顔で過ごす時間を多くした方が絶対にいいと思うから。
それはそうと花粉症。私はスギに反応すると思われるのですが今年も開始しました。
2週間前ぐらいから。
日によって楽な日もあれど、夜中や朝に起きるとモーニングアタックがありますね。かゆーい!
花粉症は夜になるとひどくなると聞いたことがあるけど、体が疲れてくるからなのかな、体温が眠くなる前に高くなるからなのか、夜もなりますねぇ。
今も大きなくしゃみをしながら書いてますが。ううーー鼻に刺激が1度でもあると、しばらくは大反乱ですわ。
今年は漢方を飲んでいるのだけど(でも容量は適量の三分の一。つまり朝昼晩飲んでねってところを朝の分しか摂ってない)のでまったく効果があらわれず(レビューでは高評価だったんだけども)。
ま、そのうち終わるでしょう花粉症も。
いつものことなので。こんなにくしゃみしてんのに腹筋割れないんだけど!!w
ちょくちょくツイッターで、鼻うがいを始めたと書いていますが、
新しい器具にしてから(ハナクリーンS)なかなか調子よく毎日やってます。
昨日は張り切り過ぎて耳に水入りましたが・・危険なのよね、これがね。
いつも右耳がぼーんとするので、私は右が弱いのかなって思ってみたりもして。
それから、いろいろと空き時間を見つけて本屋に入り浸ったり(本気モードのときは2時間)、
色々読んだりしていて、本は楽しいなあと思ってますが、
集中し過ぎたせいかちょっと目がかすみはじめてきたので、ペース落とした方がいいのかなぁと。
うう~ん、本はこのリスクがあるからね。目が疲れるというリスク。
耳はどれだけものを聞いても疲れないからすごいなって思うけど(でもきっと本能で聞きたいものを選んでものを聞いているんだろうね)、
早く本が耳で簡単に聴ける時代になってほしいな。オーディオブックはまだまだ高いからね。
コンビニにATMがあればいいのにな、とか、24時間振込ができたらいいのにとか、
そういうのって願うと数年後にはもう社会的に叶えられてきたことだから、
オーディオブックも今後、数年先にはもっともっと需要が高くなるんだろうなって思う。
私は細かいことを知らないけどきっといろいろな論議もなされているのだろうと思うし。
著作権と人件費なのかな。機械の話し手ではきっと満足しないから、人間は。
実用化することを願っていよう。その頃は老眼にもなってるだろうし、きっと、普及するハズ。
それと車購入の件・・・まだあれやこれやと妄想マックスの状態なのですが、
四角い車がいいなと思っているのだけど昨日の夜やっと道でコンパスにすれ違えた!
四駆ぽい車とすれ違う時には必ずフロントグリルの数を計算するんだけど(ジープは7本なのでw)
7本だ!と思ったら、コンパスの紺だった。
思ったよりコンパクトで、いい感じ。あと予想以上に都会派な感じだった(都会派ってw)。
私の休みと東海圏のジープのショールームの休みが同じなので、まだ見に行けてないのだよ・・
でも私的にファーストインプレッションは◎。
乗って見たいな。シートがふわふわらしいので楽しみ。
今のビートルは3ドアなので、やはり使い勝手は5ドアのほうが格段にいいんだよね。
ただ3ドアだと後ろの席がしっかり密閉された感があるので、安心してモノを置けるというのもあるんだけど。
いずれにせよ妄想はまだ続きそうな模様。
妄想してるうちに今の車のヘッドライトが黄色くかすんできたので、クリーニングしてもらったほうがいいのかもしれん。やっぱりおめめがぴかぴかだと、それだけで車はぴかぴかに見えるからね。
それはそうとザ・ビートルの、夜ライトつけた姿はめっちゃかわいいね~、あのまつげみたいなLEDのちいさなてんてんライトと、真ん中のライト。
おめめがきらきらしていて、きゅんとする。
最近結構走っているのを見かけるから、見るたびに目を追う車ですね。
かわいいもん!
私の車も、幼稚園児の前を通ると必ずみんな振り返ってくれるよw
たまに、散歩中の犬にはほえられるww
増税前の新車購入と思われる、ぴかぴかの車が結構走るのを最近見かけるので、
ああ、やっぱり新しい車が走っている街はいいなぁ、って思ったりするのでした。
仕事も来週は大きなヤマ場を迎えるので、今日だけはちょっとだけ、のんびり。



コメントを残す