温泉女子

 最近ね、地方ローカルテレビ局で「温泉女子」の再放送をやっているので、興味がある温泉を録画してちまちま見ています。

30分番組で毎回二人の女子が出てきて温泉を巡るという番組で、
いつの再放送をやってるんだかわかんないのだけど、女子がバスタオル姿で入浴している映像が結構出てくるので、男性もニヤニヤ感がある番組ね。
(私も見るの好きよ、若い女子が温泉入ってキャーキャー言っている姿ってかわいいので)←もはやオヤジ

今年に入って今までと同じ、いやもっと頻繁にいろんな温泉に行きたいと思っているので、
先日は湯の華に行った時に「ゆらん」という雑誌を買ってしまったぜ。
近隣の天然温泉の施設が載っている雑誌なんだけど、
このへんに行きたい時はこの温泉に寄れるな、とか、
ここのお湯よさそうだから行こうかな~とか妄想しています。

岐阜って、長野にも近いんだし、長野も岐阜も温泉が多いのだから(長野は日本一多いのだそう)、
日帰りでも充分行けるのだし、自分の定宿ならぬ定温泉を見つけたいものです。

あんまり「天然温泉」という響きに今まで敏感ではなかったけど、
湯の花も「天然温泉」って書いてある。こないだ行った時に気づいたんだけど、
雑誌には「一部かけ流し」って書いてあるのね。
一部ってどういうことだろ?と思ったら、外の露天の1か所と、中のお風呂は天然温泉で、多分源泉をつかってて、あとのお風呂は普通のお湯なのかなーと。
シルキー風呂とか、炭酸風呂は多分、そうなんだろうな。

「ゆらん」には温泉の定義とか、各天然温泉は加水のあるなし、加温のあるなしも書いてあるから、
参考にしながらいろいろ行ってみようと思う。
やっぱり温泉ってすごく気分転換できるしね~☆



コメントを残す