わさお

 震災の前、「わさお」を観てきました~。

わさおは、映画の公開の前にテレビ番組で知っていたんですけど、
ブサかわな顔がほんとに癒されますよねぇ・・
番組では、外で飼われていてちょっと薄汚れた(=外犬の定義ねコレ)ワンコだ、
白くて大きなふわふわ犬だから、サモエド?って思っていたんだけど、
サモエドじゃなくて秋田犬なんですよね。
秋田犬の中でも数パーセントの確率でしか生まれてこない、希少種なのだそうです。

この映画も前情報ナシで見に行ったのですが、
動物ものの映画だし、子供もみる映画だからそんなにクオリティには期待してはいなかったけど(でも大きな白い犬が大好きな私はぜひとも見ておきたかった)、
予想以上にいいクオリティにびっくりしました。
いい意味で裏切られたなぁって感じ。

なおかつ、映画を見た後「わさお」のドキュメンタリー番組をたまたまネットで見てさらに驚き。
わさお、前編、わさお本人(本物)のみで撮ってるんですよね。
普通、動物映画って何匹もスタント犬だとか、代わりの犬を使ったりするのが普通なのだろうと思っていたのだけど、
すべてのシーンでわさお本物が動き、眠り、演技して。
これはマジでスゴイ!って思いました。

そして、そのドキュメンタリー番組でも伝えていたけれど、
映画をすすめていくうちにわさおの顔つきが変わっていくんですよ。
始めはのほほんとしたブサかわ犬だったのだけど、だんだん演技をこなすうちにりりしくなっていくんです。
これはわさおはやれないだろうっていうシーンも、何度も繰り返すうちにわさおは演技できちゃうんです。
「こんなにうまくいくかなあ?」と疑心暗鬼で見ていた面も少なからずあったから、
私もてっきり別の犬を使っているのだろうと思い込んでた。
すごいね、わさお!

役者陣も味のある方ばかりが出ていらして、いい感じで癒されました~。
青森の海べたのお魚屋さんが舞台で、時々魚市場のカフェみたいな飲み屋さんみたいなところも舞台になるんだけども、
本当に魚市場の近くにあんな雰囲気のいいお茶できるところがあったら、
いいなーって思ったなぁ~。

ストーリーは、わさおの今までのノンフィクションかなと思っていたけどそうじゃなくて、
わさおという犬が主人公の、ノンフィクションもすこし入って、でも映画としてのストーリーはちゃんとあって、っていう感じでした。

わさお、青森にいるみたいで見に行く人も多いんだとか。
近かったら、私も生わさおに会いに行きたいなあ・・・

・・・なんて思っていたら、今回の大きな地震が起きました。
わさおは無事みたい。わさおのブログもありますよ。
ちなみに私、ツイッターでフォローもしています^^



コメントを残す