10月突然、大豆のごとく

 シティボーイズミックスPRESENTS「10月突然、大豆のごとく」の名古屋公演に先日いってきました~!

シティボーイズは本当に大好きなのでここでも何度も何度も書いているけれど、
毎年1回の公演には何があっても必ず行ってます。
今年は5月に、短編映画の公演があってその時もシティボーイズのお三方を見ることができたのだけど、
10月にいつもの恒例のお芝居があるということで、チケット取る時から楽しみでしょーがなかったのだ☆

振り返れば1995年からほぼ毎回、欠かさず見に行ってますよ^^
ポッドキャストの大竹さんのラジオも時々聞いてるし、毎週金曜の大竹さんとゲストがきたろうさんの番組はシティボーイズファンにとっては欠かせない番組です。おもしろいんだから!

10月ということで、いつもは5月が定例のお芝居なのだけど、会場が今回は名鉄ホール。
名鉄ホールは小さい頃にしか行ったことがなかった劇場ですが、レトロですねえ~変わりませんね。
シティボーイズのチケットは先行のハガキが毎年くるのでそれで先に取っちゃうのですが、
今年もなかなかいい席でした。前から2ブロック目の最前列、まぁまぁ真ん中で。
いつも思うのだけど、最前列の席、一度でいいから座ってみたいわぁ。あそこは運の席なのかねえ?

さて例年どおり、パンフレットを購入して開演前にじっくり楽しみます。
シティボーイズの公演のパンフは結構高く(1800円)、かつ公演の内容とは全然カンケーないというパンフなのですが、これがまた、いいんです。
でも今回は「大豆のごとく」というテーマがついているので、大豆がテーマだったかな?
中村有志さんのヌードも載ってたりするので(!)すが、相変わらず中村さんもイイ体してんなー♪

そろそろ公演の感想に・・・・・

シティボーイズはいくつかの短編コントをやっていくタイプのお芝居なのですが、
今回も大笑いしてきました^0^

今回はシティボーイズ3人と中村有志さん、若手はザ・ギースとラバーガールが出演されてたのですが、
この若手2組がいい味だしてましたね~、この点はやっぱお笑いやってる若手さんだけあるな、と、安心して見ることができました。

どのコントも面白くって、事前に大竹さんの番組で「大阪の笑いとは違う、東京の笑いを楽しんでもらいたいな」というコメントを聞いていたので、確かにこれは大阪の笑いとは違うよね、って感じで。
大阪の笑いはひねってひねって笑いを生み出していく、その場のモノに対してボケツッコミありって感じなのだけど、東京の笑いはひとつのことに対して掘り進めていくところで生まれる笑いみたいなものがあるよーな気がします。ひねって笑わせるというより、直感で考えさせて笑わせる的な。
そこが分かる人にはシティボーイズの笑いってすごくはまると思う。

私は東京も大阪も笑いに関しては大好きですが、なかなかお芝居で、60代近い(超えてる?)あの3人のパワフルでダンディーなおじさまがたがステージを走りまわって楽しめる場ってないと思います。
しかも毎年変わらず。

そして、演出などのスタッフ陣がみんな若い人ばっかなのね。
若い人たちにそういうのを任せてお芝居をやっちゃうっていう、そのなんというか、普通なら「大丈夫?」と思わせるところを見事にクリアしていっちゃうシティボーイズってすごい。
大竹さんはよくテレビに出てるけど、いっつもおしゃれだし(今回もおしゃれでしたぁ!かっこよすぎる)、きたろうさんは映画やドラマによく出ていらっしゃるあの雰囲気の良さとは違う、いい味があるんですーおしゃべりされると。本当に。
斉木さんもドラマにも出られるし、でもパチンコの番組でやってたり、お気楽な感じで好きなようにやってる感じだけどそれがまた良くって。
舞台でもやりたいように、やりたい分だけアピールしていくところがたまらないっ。

そして毎回最近は出演される中村有志さん。演技がマジ上手い。
今回花嫁姿になって登場する場面があったのですが、それが客席から登場だったので、
運よくそこで私の目の前を通って行かれました~!!

ここでネタのことを書いても、見てない人にはわかんないとは思うけれど、
私が好きだったのはきたろうさん扮する患者さんが、病院に行って先生に「頭の中を整理してほしくて来たんですけど・・」なネタ。
スクリーンが別に天井から降りてくるんだけど、そこにその患者さんの頭の中の状態が写されます。
それがちょうどパソコンのデスクトップになってて、いろんなアイコンがぐちゃぐちゃ。
「あー相当ぐちゃぐちゃになってますね、ではひとつづつ整理していきますね」と先生がプレステのコントローラーみたいなやつを手にもちながら、それぞれの気になるアイコンを整理してそこで笑いをとっていくネタ。

そして、大竹さん扮するお客さんが、「叱りバー」というバーに行って、
そこにはポールダンス用のポールがいくつか立ってて、バーなのにそのポールが席代わりで、
斉木さん扮する店員さんに2時間という時間制限でひとつのポールをゲットして、
そこに現れるイマドキな若者4人(ギースとラバーガール)にとにかく、気づいたこと全部を叱っていくというネタ。
叱り方がいつもテレビで見てる大竹さんのああいう感じの叱りパターンと同じで、
若者たちもどんどん大竹さんを怒らせる言動をし始めるので、怒りがどんどんヒートアップ・・・というネタ。

などなど・・・

あとは多分WOWOWでは放送できないかもだけど、例の反日ネタやら、腎臓を切ったり売ったり・・・というブラックなネタもあったりで、
やっぱり面白い。本当に面白い。

もう、ぜったい死ぬまでに1度は見ないと後悔する公演だと思う。
すべての人に薦めたい。
WOWOWでも確かに放映はされるけど、舞台ってやっぱり生じゃないと面白くないよね~。テレビでやる面白さは、生で舞台見てる楽しさのほんの1割ぐらいだもんなぁ。

お芝居が終わった後、とってもいい気持ちになって浮かれて帰ってきました。
来年も公演してほしいなぁ、ここ数年シティボーイズのお三方は、舞台後のあいさつの時に、
「本気で来年はもうないかもしれないよね、こんな年寄りで毎年やってんだから」って言われますが、
ずっとずっと、続くことを祈っています♪



コメントを残す