うまいもん&お花見紀行@東北

 ひさびさに連休がとれまして、
どこかにいこうかなと思ってはいたのですが、
思い立って、東北地方に行ってきましたー!

目的地は彼さまの実家のある福島です。
でも岐阜から福島って・・とおいよね?
彼さまの友達で、クルマで日本中をぶんぶん回って仕事してる人がいるのだけど、
その人いわく「7,8時間かな」と。
今回は私のクルマで行くことにしたのですが、ビーは大丈夫だろうか?壊れないのだろうか?

それに私、東北って行ったことがなく、ぜんぜん距離の見当がつかず。
体力的にも大丈夫なのか?

・・・まぁ、大丈夫だろ!ってことでしゅっぱーつ@夜10時。
到着は朝の予定(笑)

今回のルートは、多治見から中央道に入って岡谷ジャンクションで長野道、上信越とまっすぐ突っ走り、北陸道に入って新潟に入り、そこから磐越で山を抜けて猪苗代湖を通って福島、というルート。
私、上信越までしか行ったことがなかったですが、夜というだけあって長野道に入ってからはずーっとまっすぐの道だし、運転もしやすかったです。
もちろん運転は交代交代で・・のつもりですが私は正味1時間ぐらいしか運転しなかった(笑)

岐阜を出てから新潟ぐらいまでは夜でも割とあたたかかったけど、
さすがに磐梯山あたりは山に普通に雪が積もってて、久々に雪を見てちょっとびっくり。
東北地方なんだ・・・と再認識。

明け方に福島に到着。
福島って・・・・・・・・思ったより、田舎(あっ、けなしてるわけじゃなく)。
雰囲気としては岐阜市みたいな感じで、のどかーな感じでほっとした。
もっと都会かなと思っていたのだけどね、でも私はこれぐらいの街がちょうど動きやすくて好きです。

福島では、彼さまの実家にお邪魔しちゃったり(初でした。しかもいきなり行っちゃった・・)、
とにかくこのへん、桜がこれから!なんですねー!
東海地方はもう終わってしまっていたから、やはりこちらは寒いんだなぁと。
街の中でもいちばんいい見ごろで、山に入るとまだつぼみ。八重桜(やいざくら、っていうのね、東北は)もまだまだ。

山の景色を楽しみながら、飯坂温泉にもいったし、土湯温泉にもいって日帰り入湯☆
桜がいっぱい咲いている山に登ってみたり、
土湯温泉ではのんびり露天風呂に入ったり。
いいお湯でしたー。癒されるーー!

今回いろいろ思ったのですが、こちらのほうは何をするにしてもちょうどいいコストパフォーマンス。
無駄に高くないし、日帰り温泉も安い。
あとで書きますが、食べ物もおいしくて安い。最高だねーこれは。

福島では、街のほうでは有名だという「ゆず」というお店につれていってもらって、
ゆずおにぎりをいただきました。

手前のがゆずおにぎり。まるいおにぎり全体にゆずみそがぬってあって、
それを焼いてあります。焼きゆずみそおにぎり。
おいしかったー!こちらの味付けって全体的に甘めな印象です。
煮物も甘い感じで美味。
味噌汁はさすが東北、具だくさん!嬉しい^0^


このお店で初めてメニューでみかけたものがあったので注文してみました。
「凍み餅」。
なんとなくイメージはしていましたが、出てきたのはこんな感じで、
お餅を凍みさせて、それをもどして焼いて、甘辛醤油で味付け。
ほっこりしましたねー。色がちょっと黒めで、よもぎか何かが入っているお餅かなと思いましたが、
その後道の駅で買った凍み餅には「ごぼうの葉」が練りこまれていました。
高野豆腐みたいな感じのものを水で戻して、フライパンに油をすこしひいて焼いて食べるといいのだそう。
こちらの地方は「凍みだいこん」とか「凍み豆腐」とか、
こういう美味しい食材も多いねー。いいなー。

しばらく福島周辺をうろうろして、その後私が「牛タン食べたいんですけど」とリクエストし、
仙台までさらにドライブすることに。
いったいどれだけ走ってるんだ、ビートル・・・でもとても快調に走ってくれました♪
福島から仙台は、高速道路で1時間。
なんか、1時間って距離さえ「近い」と思っちゃう。

仙台も今まで行ったことがなく、機会があったら行ってみたいなと思いましたが、
仙台もいいところですねー、名古屋みたいな感じで。道も広いしわかりやすい。
仙台では、仙台駅の牛タンロードの中の「善次郎」というお店で牛タンを食べました。
「利久」というお店が一番おいしいらしいですが、満席だったのですね。


奥のお手手は彼のお友達の手です(笑
牛タンと、牛タンソーセージ。
牛タンも、ちゃんとしたのを食べるのは初。
塩けが強い味付けでしたが、コリコリっとして、おいしかったー。
麦飯にとろろかけて食べるのも最高です♪

その後仙台で泊まり、朝になり、今日はもう帰る日。
とはいえ高速はもちろんリーズナブルに帰りたいので、夜まで時間がありました。
「じゃあ、下に降りて行きながら海沿いをドライブして、相馬にでもいくか?」ということになり、
海沿いの道に出て、ずーーーっと太平洋を眺めながらドライブ!


岐阜には海がないので、海をみるとテンションあがります。
ずーーーーーっとむこうまで海だー!しかも、そんな状態が何か所もある。
せっかくなので記念写真☆

気持ちよかったー。
夏は混むのだろうなー。

海沿いを通りながら、相馬市に入ります。
ここでおいしい魚料理を食べさせてくれるお店があるそうで、
斎春」というお店に入って、頼んだおさしみの定食が!!

むちゃくちゃおいしそう・・・
手前が刺し身の盛り合わせ、奥の写真はつぼだい焼き。

まぁこんなにおいしい魚料理を食べたのはいつぶりだろうって感じで、むしゃむしゃ食べちゃいました。
特にうにが!!なんて甘いの~~感動!
つぼだいは、この大きさ(結構大きいです)でもまだ「中サイズ」。
脂がぷりっぷりに乗ってて、涙でそーなぐらい美味しかった!

魚屋さんでもあり旅館であるお店だったので、帰りにすこしお土産を買って帰ります。
岐阜じゃおいしい魚は食べられないから、私にとってはとても貴重でした☆
胃袋おいて帰りたい~。

その後、福島市内に戻り、
帰りながら猪苗代湖に行ってみようということに。
猪苗代湖についたころにはもう夕方で、風もつよくて寒かったけれど、
こないだテレビで見たダッシュ村のアヒルのバルーンアートに乗ろうみたいなやつに出てきてたとこだし、
興味深く観光しました~。
琵琶湖の2番目に大きい湖ということだったけれど、ほんとさむかったなあー。

その後、今度はもうひとつ、食べ物紀行。
帰りに新潟を通って帰るわけだから、「新潟でおいしい、鳥のまるあげの唐揚げを食べさせてくれるお店に寄ろう」ということになり、
猪苗代から五泉市に入り、五泉名物といわれる、「とりかん」というお店のからあげを食べに行きました。

何よりここの売りは、びっくりするほどの大きさの唐揚げ。
私が頼んだのはこま切れのほう。


これでこま切れ・・・でかいんです!
鳥の半身分のからあげ。私の手の大きさと比べてもそんなに参考にはならないかもですが、
とにかくでかい。ケンタッキーが4つ分って感じ!


でもメインの売りはこっち。丸揚げのほう。
これで鳥の半身。てことは・・・フライドチキンよりもでかいし、丸焼きに近い(笑)
でも、どちらも衣がクリスピーぽくてサクサクしてすごくおいしいし、
なによりも「新潟のからあげはカレー風味」というだけあって、
カレー味なんだよね~、不思議!

食べられるかなと思ったけど、食べちゃいました☆

その後はもときたルートで無事、6時間ぐらいかけて家にたどりつきました~。

何をしにいくというわけでもない旅の始まりだったけど、
行ってみればいろいろと観光しちゃったり、おいしいもの食べちゃったりと、
地図でみたら「こんなに車で動きまわったのか」とびっくりするほど動いた旅でした。

しかも私たちが行った時はお天気もよく、穏やかだったけど、
昨日とかは寒の戻りで雪が降ったそう。
びっくり・・・やっぱり寒いのだねー。岐阜と比べると、1か月ぐらい遅いのだろうな。

いけるねー、ビートル。全然元気。むしろ高速で走らせたほうが調子いいわ♪
とても充実した旅になりました^0^やっぱり思い切って行ってみるべきです。



コメントを残す