口内炎

う~・・口内炎が、痛い。

口内炎って結構治るのに時間かかりますよね。今回は下の、前歯の下の方、つまり一番奥のところにできてます。
食べるのに直接の支障はないんだけどやっぱり口を動かすと都度痛い。泣ける~。

季節の変わり目だし、今月はいろいろと気持ち的に落ち着かないのでできちゃってもしょうがないかなぁ。早く治るといいけれど、もう1週間以上できている状態。半月ぐらいかかるかな。

口内炎ってでき始めちゃうと何やっても治るまで痛いままな気がするよ~。

さて、気を取り直して。
カワウさん、ばたばた。

今度はこっちをむいてばたばた。

むむむ。手前の小さな石。

ひょいっと。

そんな小さなところじゃなくても、周りにももうちょっと過ごしやすそうな石が点々としているのになあ。そこがいいのね。

ちょっとばかし、ふわふわ。日干しのはじまり。

でも私が見ているからちょっと落ち着かないみたいで、

あ~、やっぱり、ごめんね。飛んで行っちゃいます。

少し横の岸にはダイさん、おくつろぎ中。

こちらも、ちょっと居場所を変更しまーす。

少し涼しくなったら小鳥たちの姿を多く見かけるようになってて嬉しい。
シジュッち、おはよう。ちょっとぼわっとしてるね。

だんだんと日が短くなってきて、朝の光も変わってきましたねぇ。
東から、直接強い光があたっていると、なかなか写真がむずかしい。

ポケゴTL39になったよー&ポケ森も地味に

まずはポケゴ。やっと先日TL39になりました~!

やっとここまできたよ・・・!!

38の後半ぐらいからちょっと頑張り始めて、移動する時に起動させるようにしたりしてました。39にはなりましたが、ここからがまた長いね・・
でもなんというか、あああと少しなんだなーって思うと感慨深いです。自分の生活の中にだいたい入って来ていたポケゴ。まさかここまで続くとも思っていなかったゲーム。こつこつとやりづつけて来てちゃんとゴールは近くなるんだなぁと今更ながらゲームに教えられております・・。
まだこれから本気出さないと行けないし、つかまえたポケモンもコンプではありません。レイドはほとんどやれてないのでスイクン以後はほぼつかまえていません。
伝説系はタスクで徐々にゲットしていけたらなと思ってます。来月スイクンきてくれるのでうれしい。そしてミュウツーも出現ということで。

まああまり無理せず、でもあきらめずの状態でやり続けて行けたらいいな。

今朝タマゴからうまれてくれましたーケンタロス!

かっこいいねえ!いままで影しか見れてなかったからなあ。

そして今日のチコリータのあとのメタモンはびっくりしました!

ポケゴやってる全ユーザーが「は!?これなに!?」てなっていたようで・・
ナットみたいな形してたし、は?は?だれ?て私もなったよ。
久しぶりにゴープラが黄色く光ったのもときめいた!!

楽しいね~ポケゴは!

つかまえたポケモン見てると「ああこれあそこでつかまえたなー」とか「これつかまえるために知らない公園検索して行ったよな」とか、思いだされるんですよね・・って回顧はまだ早い早い(笑)

 

そしてポケ森も地味に地味にやっています。ゆっくりなので全然進んでないけれど、なんか、癒されるね~。BGMもかわいいし。
毎日フォーチュンクッキー買いに行って、あとはうろうろまわってって言う感じかな。
ポケ森は無課金でやってるので地道にリーフチケット集めていますが、バックも手前の背景もしらかばにしたらとてもいい感じ♪フェス会場みたいだね!

楽器キャンプ場は相変わらずです☆

ダンベルをラブリーにしてみたり・・・

おおお、ウメジロじゃないか☆と思ってみたり・・・

 

そんな感じでやってますよー。

初秋の日

雨の日は涼しいね~。クーラーをつけずに過ごせる日も徐々に増えてきた。
カワウさんたちは年中ここにいるみたいだから、暑いも涼しいもあまり関係がないのかなー。
お水のなかでふわふわ。そろそろ飛びたいのかも。

やはり!というわけでこのあと飛んで行きました。

ダイサギさん&コサギさん。

トンボのペアが、卵をうんでいたよ。ちょん、ちょんって先頭の子がオチリを水にくっつけています。

ムクちんたち、群れで朝の水浴びやらお水を飲んだりしていたけれど・・

飛んで行っちゃうんだー。ちょっとさみしいなぁ。
群れでいても彼らは警戒心が強いですね。割とどこにでもいるけれど、強いね。

堤防にピピンがきました。ベビかなぁ?ちなみに背景の子もベビ。
ベビって言うより、もう青年っぽいかんじだね。

そのうしろにいるもう一羽、合わせて三羽とも、青年だよ。

真夏はなかなか姿を見せてくれなかったシジュッチたちも出逢いやすくなってきたね。

冒頭のカワウさん。エメラルドの目が素敵。

 

雨がなかなか止みませんね~。一度降り出すと何日も同じように降っています。
そろそろ、真夏に着てた服が肌寒いなと思い始めました。七分袖なのだけど。

秋の長袖の服をチェックしないと行けない季節になっていってるのかな。まだこのちょうどいい涼しさを堪能したい。

涼しさは癒し。

いつもの日常で

暑い暑い夏が終わって、気分転換にいつもの川の、より下の方に降りられるところに行ってみます。
お、ササっちの青年かな。

この夏はなかなかハグロちゃんを撮っていなかったのですが、久しぶりに撮りました。
毎年思いますがとても個性的ですてきな色合い。そしてスリム。うらやま。

のぞき見みたいになっちゃった。ホオジロ、ごはんをくわえています。この子はまだ親のお仕事をしているんかな。

すこしとおくでダイさんがなにか、あさごはん。

まだまだ、狙います。足元のゴミ・・・・

川のゴミってなんとかならないのかねー。何で捨てるのかな。流れて行くのを見るのが楽しいかもしれないけどさあ。

思い切っていきました!

ちょっとちいさめをゲット。これじゃまだあさごはんさがしはこの後も続くかな?

この日はトンボたちの仲良し姿も見られました。こんなところで、っていうところだけど、きれいなハートの形だね。

こっちはシオカラさんたちかな?こちらは、ハートっていうよりも半円って感じ?

まだ地元では赤くなったトンボは飛んでいません。
お彼岸過ぎてぐっと冷えてきたら、真っ赤な姿のトンボに出逢えるかな?

夏はとてもとても暑くて長かったけれど、涼しくなると一気に冷たさととなりあわせになりますねー。季節はきちんと移ろいゆきますね。よかった。
9月に入ってからは専ら涼しさを愛でています。鳥枯れっぽいシーズンだけど、涼しさを感じたいからお散歩しているところもあります。

一番いい季節はあっという間に過ぎ去ってしまうね。

真夏最後ぐらいのいつもの川で

いつもの川沿いに行ったら、カルガモたちをみかけたよ。
どうやら、親子のようです。この家族はこどもが5羽かな?
たぶん、今までであったことのない家族だと思います。って、このにっきで夏になってから家族を何ペアか見かけてるけれど、多分全部違うと思うんだよね~。
育ち方とか、こどもたちの数もそれぞれ違うし、ここまで大きくなったらちょっとやそっとでははぐれたりしないような気もするしね。もうちょっと幼いベビだといろんな案件で減ることはあるだろうなぁと思うんだ。

 

はい、いきますよー。

穏やかな川。

おや、カワウさんの色素のない子ですね。この日ものびやかに日干し中。

ちょっと涼しくなったら雑草の緑の色が少し変わりました。これからは茶色くなるばっかりかなぁ。

ダイさんのスサァ。スサァすごい久々に撮った~。

ちょっとやる気のない、いつもの魚お選びタイム。

こちらはコサギ。かゆいかゆい。

 

実はこのあたりの写真は8月末ぐらいのものなのですが、雨が降り始めた9月からこの川に行けてないんですね。水量も増えてるから行ってもサギたちいないと思うので。
ただ、彼らそろそろ飛んで行く時期でもあるので、ちょっと最近気になってます。
晴れが続いたらまた、行ってみなくちゃなあ。もういなくなっちゃってるかもしれないね。

けんか。

8月終わりの時期はコサギたちの戦闘もちょこちょこと見かけました。
この日も、おお、おお。
右の子威嚇してますよ。右からしかけていきます。なんか人間もこんな感じだよね~一緒だね。おもしろーい。

さっきの右の子、左の子に飛びかかります。

どっちかいうと右のほうが優勢。左がひるんで逃げるけど応戦してますね。
どうしたどうした。

背景が残念なんだけども、踊っているようにも見えますね、写真だとね。

あわわわ、なかなか派手にやってます。首を狙ってるよ!

足も嘴も使ってなんだね。威嚇している方が年上かなー。足が黒いよ。
威嚇されてる方はちょっと色が薄いから若いのでしょうか。

でも、なわばりっていうほどの場所でもないような気がするんだよね~。
いつもいるわけじゃないし、きみたち。

割と長い間おっかけっこです。

なかなかしつこいよ。

場所をかえながらおっかけまわしてます。

結局おっかけられたほうが少し遠くに逃げて終わったのですが、おっかけられたほう、ぶわっとしてました。
うしろにいるダイさんは関係ないけど、たまたま歩いてた(笑)

ケンカもするよね、時々はね。仲良しが一番いいけれど、いつも仲良しって言うわけにはいかないんだなぁ。

コサギパイセン

9月に入ってからお天気が悪い日が続いていますね~。
雨がしっかり降らないと「お散歩行かなきゃ」って使命感みたいなものが働いてしまうので、雨の日が続いた最近はちょっとのんびりしています。
ずっと8月まで雨がなかったからなぁ。

ダイさん、なんかつかまえられました?

このコ、首がゲーハーなんですよね。どうしたんだろう。

首がちょっとさむくないですかね?

あくび。

こちらは違うダイさん。
左側はコサギ。上手におさかなをつかまえる名ハンターです。

どうやらその姿が気になって、ダイさん近づいて行きました。

「コサギパイセンどうやったらそんなに上手にとれるんすか?」

「・・・・・・・」

パイセンはただでは教えてくれません。
ダイさんどんどん近づいてきます。

「パイセン教えて下さいよ~」

「・・・・・・」

「ねえ、ねえ、パイセン!」

こんなに近づいてもコサギのほうはちょっと首の向きを変えて目の前で狩りを続けます。

ダイさん絶対コサギのことガン見してるよね?これ。
でも、横取りしようとするほどの器量はなさそう。

「・・・こうやってやるんだよ」

「かっこいいっす!」

「コサギパイセン、このへんでいいっすか」

「じゃあな」

コサギは場所を変えながら、ダイさんをかわしてまた一人で狩りを続けていました。

種類が違う鳥同士ってどんな感じなんだろうね?なにか、やりとりみたいなものってあるのかなぁ。

結局このダイさんは、のんびり水面を見つづけていました。

がんばってね。

いつものおさるさん♪

少し前なのですが・・・地獄谷にまた行ってきました~♪

久しぶりにニーニッパを持ちだしました。手ぶれ補正ついてないので、やっぱり今使うと安心感はちょっとだけ減っちゃいますね。
あまりたくさんのレンズを比較しながら使うことが今までないため、ボケの美しさとかは実感がないのですが・・・どんどん出番は少なくなってるレンズのひとつです。

この日、暑くて、山の中にきたら涼しいかなと思ったけど暑かったです~。
初めて有料の駐車場のほうに来てみました。
今までは無料のほうに停めて、15分ぐらい山道を歩いていたけれど、この駐車場圧倒的に近くて次からはこっちに来ると思う(笑)

おさるさんたちは日差しが暑かったこともあって、だいたいのおさるさんが日陰にいました。ちょっとだけ、お湯のあるところに来てくれてたりしたかな。
当然のごとく夏なのでお湯には入っていません。

気持ちよさそうな顔をしているけれどね。

相変わらずここのおさるさんたちは毛並みがめちゃくちゃいいです。

ベビもいましたよ。

お湯を飲みに来てる所にもくっついてくるね。かわいいね。

今回はお連れがいたので、写真はほどほどにしてきました。

その後、車でぐるっとまわって、無料駐車場がわのカフェでまったりしました。

そしてそれから、そのまま山を上がって万座温泉に行って、また戻って志賀高原に行ってきたんですが・・・ものすごくよかったんですが写真がありません!写真を撮り忘れました~(笑)ほかの人たち絶景スポットでいっぱい写真撮ってたりしてたのに、写真という存在を忘れるぐらい景色に見とれてました。
志賀高原、運転しててもとてもとても楽しいスポットだと思うんですが、今回はあまり鳥さんをみかけられず・・・。
標高高いけどいるのかなぁ。いそうなところは多かったんだよね。

またちゃんと調べて、行きたいと思います!
万座温泉のほうは私が一番好きなお湯なので、とてもまったりできましたー。乳白色のお湯は最高に気持ちがいいです。意外と近いのか、遠いのか、日帰りできちゃいました。今度から気楽に行けたらいいな。

秋にも行ったら気持ちがいいだろうなー。たのしい長野旅でした。やっぱり長野、好きだ。

 

ビートルのその前は

 

昨日私の前の愛車のビートルの赤の写真をアップするためにさがしていたら、その前に乗ってたラシーンの写真も出てきたので懐かしさついでにアップします☆

 

なんだなんだ、今見てもめっちゃかわいいじゃないかー。

ラシーンには7年乗りましたかね。こちらも新車で購入。1台をなるべく長く乗るスタイル。なんとなく今私がレネゲードに乗っているのが分かっていただけるような趣味ですね(笑)
要はおもちゃみたいな車が好きなんですよね。形がどうあれ。
ほとんど覚えていませんが、壊れなかったと思います。そりゃー国産だもんねー。

 

ラシーンは今はもうほとんど走っていませんよね。たまーに見かけると嬉しくなります。このころから車を通したオフ会的なものに参加するようになりましたが、レネゲードは全然オフ会に参加したりできていませんね。昔は休みも取れたりしてたので週末に出かけたりできましたが、今はもう難しくなってしまったし。

結局私が乗っているクルマは今までの確率100%で生産終了になっているというわけで・・。笑えるようで笑えないですが。
レネゲードはどうでしょうー?長く続くかなぁ?

 

今でももしラシーンが新車で買うことができるなら、欲しいなと思います。

 

残念なニュースでした・・

個人的にはとても残念なニュース・・・

独VW、「ビートル」製造を2019年に終了 小型車の象徴的存在(ロイター)

https://reut.rs/2xcwNZt

(↑時系列で違う記事出ちゃってたらゴメンナサイ)

 

時代の流れもあるので仕方ないのだと思います。ビートルが大好きで、いつか乗りたいと思っていて念願の赤いビートルを手にしたのは20代後半の時。それから「もう無理」という廃車になるまで11年半だったかな?乗りました。
新車で購入して3年目からあちこちが壊れ始め、ひととおりいろんな部品は交換したんじゃないかと思います。最後の3年ぐらいはエンジンをかけるたびに「エンジンとまるなよ~?」と願いながらキーをまわしていました。私の車はどうも速度メーターのイモビ部分が弱かったようで、3回はメーター交換しましたね。4回かなぁ。その他ガソリンのにおいがしたら配管にひびがあって交換してもらったり、エンジン回りの部品の劣化はだいたい交換し、ビートル特有の室内天井の布がはがれてたれてくる現象も直し、ほんとに笑えるけど最後は運転席の室内から外に出るときのドアの持ち手に亀裂が入り、ボンドで補修してドアを開けるときはなるべくその取っ手を使わないようにしたり、ダッシュボードも鍵が壊れちゃって開けられなくなってたりと、それでも大好きで乗り続けた車でした(長いね)。

私はニュービートルになってからの第二世代を買ったわけですが、そこからザ・ビートルにうまれかわり、サイズも大きくなりちょっとポルシェっぽいデザインになったころから、「ビートルはかわいいっていうよりちょっとかっこいいのか?」という路線になり始めましたね。価格も上がったし。

ニュービートルに乗りたいという私の夢は、私が生きている人生でかなえられたので本当に良かったと思っています。乗りたいと思う時に乗っていて良かった。今もし憧れを持ちながら過ごしていたら、絶対に後悔していたと思う。

人にとって大事なものはいろんなものがありますが私にとっては車がほぼ生活の中で一番力を入れたい好きなジャンルなので、いろいろと大変だったけど、赤いビートルは心の中でも生きつづけてるんだ☆

 

今後VWはEVに力を入れて行くようですが・・・じゃあかわいいビートルでEV作ったらいいのに、とつい私は思ってしまいますが、やっぱりザ・ビートルのサイズ感でEVとなるとコスト的にもいろいろと無理があるのでしょうねー。
それに、変化をしていかないと顧客は飽きますからね。次なる、新しい、素敵なクルマづくりをしていってほしいし、その中で私もデザイン等に惚れた車が出てきたらいいなぁと思います。

 

ああーそれにしても残念だーーーこればっかりはなぁ。しょうがないもんなぁ。
日本から撤退する、というニュースは少し前に知ったけど、その時も相当落ち込んだりしたもの。

かわいい車が街からすこしづつなくなっていくのかなぁ。

 

 

「それって・・・」「・・なにか?」

今月はいろんなことがあって、一年の中で一番ヘビーな週を過ごしています。なんか、あれもこれも一気に起こって。いろんなことが。

大丈夫かなぁ私・・・って思ってます。

 

風の中をすいーっと移動していくゴイちゃん。これは8月の時の写真。
なにがいいって、チョロ毛がスマートに風になびいていて素敵です。

先日ベビの写真アップしましたが、多分その親じゃないかなって言うホオジロちゃん。
ここのお立ち台は気に入っているみたいで、時々ここでさえずってます。

この日もまた、いつもと変わらぬ川の風景。
右側のダイさんのお姿がすましてて素敵よ。

 

のんびりしていたら、群れの中の一羽が急に飛び立ちました。ちょっと不自然だったので「どうしたのかな?」と思って観察していたら・・・あ!カエル持ってます!

きっと誰にも取られないように、移動したのかな。少し向こう岸に近いだれもいないところにおりました。

どれどれ・・・あああ、トノサマを捕まえたのかなあ?
よく捕まえたね。このトノサマ、もう動いていませんでした。

何度も水にぱちゃん、ぱちゃんとしてます。多分もう命はないと思うんだけど・・ちょっときみの口には大きそうなんだよね。

一生感銘何とか食べようと奮闘していますが、私はカエルがなんとも「あいたた・・・」て痛々しくて(笑)。手をつかまれたり、お股をつかまれたりしてるので「あわわわ」と思ってました。

なんだかこのトノサマのシルエット・・・。人間みたいですねぇ。

ここで大変大変。後ろから、なかなかうまく食べられないトノサマを横取りしようと一羽が飛んできたんです。
あわてて歩いて逃げるさっきのダイさん。

「それって・・・」て見てる目の前でまた、水の中にぽちゃん。

そんなこんなしていたら、

わあまた違う一羽が近くに来ちゃった。
2羽に見つかってしまうダイさん、大ピンチ!

 

早く飲みこんじゃわないとやばいよーって思いながら見てたんだけど、ふと・・これはちょっと拡大したのですが、あれ!?もう口にくわえてない。もう食べた?あんなに大きさに難儀してたのに!?

 

って思ったら、どさくさにまぎれてどうも水の中に置いてしまったみたいです。諦めたのかなぁ、それとも、「持ってないよ?なにか?」て言う顔を周りのダイさんたちにしたいがために、置いたのかな。

 

最後の顔がなんとも、面白くて、一人でとても楽しい時間を過ごさせていただきました。

でも食べられなくて残念だったね・・・ダイさん。

 

わいわいしてきた

涼しくなりましたね。秋っていうのは、隙間にすうーっと冷たい空気が入り込んできて、なおかつそれが心地いい時と「ちょっと寒い?」ていうときと紙一重。

今日もカワウさん。
ダイさんとちょっと意識し合っているっぽい。

青空に飛ぶと彼らもぱきっと色が出ていいかんじ。
私の近所で見かけるカワウさんたちは、大きな群れというよりはいつも数羽で動いていたりすることが多いかな。単独行動派な子たちと、よく出会います。

二羽のカワウさんは、奥が色素薄い系のいつもの子。
ひょっとして親子とかかもしれないね。

ダイさんがまたやる気なさそうに水面を見つめています。

日が照ってきました。そしてメンバーが少しづつ・・・多くなっていきます。

ここは白い子たちの集まり。ちょっとね、またコサギたちが機嫌悪そうなんですよね。

あーあーやっぱり。さっきのコサギたちが、岩違いのカワウとダイさんのうしろでけんかしてます。

私は相変わらずの左側のカワウさんの口の開きかげんが面白くてしょうがないです。
何その形。頭でっかちに見えるね。

この日はこんな感じで、コサギが後ろであばれたりしながら、そのほかの子たちはのんびりしていました。

 

雨が続きますね~。秋雨前線、のようですね。
あんなに暑かった夏がもう戻ってはこないというのが不思議です。いつも今日その一日が一番スタンダードで、自分の周りの空気が湿ったり、乾いたり、暑かったり、寒かったり。

地球は不思議な存在。

まぁ、きみさ、品ってものはないよね。

今日はちょっと自分勝手なカワウさんのお話。

きみがそうです。今日の主人公。
カワウさん、ひょいっと川の中から移動。身軽ねぇ。

このカワウさんの近くには、違う岸にコサギさんとカルガモが1羽いました。コサギさんはそのうち、どっかに飛んで行ったのですが。

さっきひょいっとした岩から、たたたっとしばらく水面をかけぬけてカワウさん移動したいみたい。

シャーーーーーーーーっ。

カルガモさんの岸のちかくにやってきたよ。
泳ぎながら、少しの間ご飯を探してたみたいだけど、なんかカルガモさんを意識してるね。

わあわあ、そこにカルガモさんいるじゃーん。
わざと近くで岸に上がろうとしてます。

カルガモさん迷惑がってるよー。

おかまいなしっ。

ふむんっ。

なんだよ、陸に上がったの気に入らないのかあ?とでも言いたげな。カルガモさん絶対迷惑がってるー。

おもむろに乾かし始めちゃったりして。もうカルガモさん、絶句って感じでしょうか。

わぁわぁー、わぁわぁー、ってご機嫌な感じ。

カルガモさん、もうここで落ち着くからいいやって感じで座り込みました。

ほんとおかまいなしだよねぇ。何そのリラックスしまくりな感じ(笑)

ボケちゃったけどカルガモのその、いかにもよけてる感が(笑)
カワウさんヘンテコ顔も最後に見せてくれました。

 

カワウって冬鳥のオオバン的なところがあるような気がします。まぁ、品はないよね。
近くで魚つかまえたサギとかいると平気で取りに行こうとするし、実際おっかけまわして横取りもするしさ。
憎めないけど、まぁ、やっぱり、品はないよね。

 

なかよしゴイズ&今季初、冬鳥の声。

いまとなっては懐かしい感じでもあるのですが(もうゴイちゃんを気軽に見かけなくなっちゃいました・・移動しちゃったのかな)ゴイちゃんが2羽くっついて飛んできたことがありました。

なかよしなのかな。

ほんと、かぶりそうなぐらい近いっ。

この2羽はどっちもおとな。

この日は親子らしき、ゴイちゃんとホッシーが2羽一緒に飛んでくることもありました。

ママなのかなあ?一定の間隔で鳴いてます。この写真撮るまではホッシーのほうが鳴いてるのかと思った。

うしろからついていくホッシー。

このときは後ろ姿しか追えませんでした。親子でいつまで移動するのかな?

今年は9月に入ってからめっきりゴイサギを見ることがなくなってしまいまして。

あまり今年は数多く出逢えなかったかもしれないな。ダイサギ、チュウサギ、コサギは例年通りよく見かけたし、ササゴイも一定数は逢えたのだけどね。

恐竜みたいなホッシー。

こっちは弾丸で巣に戻っていくキジポッポ。

どんどん鳥さんも季節に応じて移動していきますね。

そういえば!イカルちゃんがすでに渡ってきています。(イカルチドリも私はイカルちゃんと呼んじゃいますが、冬鳥のイカルのほうです)

はじめて今季声を聞いたのが4日。それからほぼ毎日声だけ聞いてます。いつもの公園なのだけど、昨日の朝やっとこちら側の木のほうに来てくれていました(それまでは川を挟んだ対岸のどこかの林の中の声がかろうじて聞こえたぐらい。ほんと小さな声で)

どう考えてもイカルちゃんに間違いありません。早いよね?うれしいな。
この公園には毎年定着してくれるイカル。おそらくコイカルではないと思うので、イカルのはずです。
姿はまだ見れていないのですが、そのうち撮れたらいいなと思います。ただ、まだ1羽だけのようです。よくさえずってくれるんだけど(仲間を呼んだりするのかなあ?)警戒心がかなり強そうなのですよね。

冬鳥の声を早くも聞くとは、この秋はちょっと面白くなるかも!て思ってます♪

台風の話&11羽連れの最強親子

先日の台風の被害。日にちの経過とともに私自身がちょこちょこと買い物とかで地元をうろうろすることが増えて行くと、ああここでも、ここでも、と言う感じで被害を見かけます。
今回の台風はやっぱり、まんべんなくといういい方はちょっと合わないかもしれないけれど、「あそこだけ被害があった」て言う感じではなく、あらゆるところで被害があったというのが印象的です。強かったもんね・・・怖かったし。

一番多いのは看板がナナメってるのと、もしくはかなりナナメってしまっているか、飛んで行っちゃった系ですかね。それから、倒木。

看板はなぜか(大体理由は分かりますけどw)ラブホとかパチンコ屋とかの看板が軒並み大きくてもナナメってますね・・。それが隣に立ったりしている普通のお店や企業の看板はびくともしてないのを見ると、やっぱり・・?と思ったりしてしまいます。
ただ今までの台風でこんなふうになったことは一度もないので、それだけでも今回の南風は相当な暴れん坊だったんだなぁと思ってしまいますね。

倒木も、街路樹から、いつもの公園も何本か倒れた跡がありました。かなり大きな木ですね。何の木だったかな・・?実がなる木ではなかったような気がしますが。
ただ、街路樹でも公園の木でも、下の方の幹に苔が生えているのはちょっと危険な木だと思います。古くなってるか、中が空洞っぽいか。

いずれにしてもけが人はでていなさそうなところの倒木を見かけただけなので、それだけはよかった。やっぱり台風は外に出ちゃあかんね。

そうそう、倒木と言ったらいつもの川沿いコースのサギのコロニーの林も倒木とか折れたりした関係で半分ぐらいの木がなくなっちゃってました。上が。これにはびっくり。
相当だったはずです。下は神社なんですよね。
神社に被害が出ていないことを祈りたいです・・神様がいるところだから大丈夫かな・・ってそうなのか??
ただ、神社って防風林になってる所多いけれど、あれは理にかなってるんだなーと改めて思いましたね。それに、当たり前ですが街路樹とか林の木とは違う木が植えてありますもんね。

 

北海道の地震も本当に大変だなぁと案じるばかりなのですが、大阪の台風の後始末も相当大変なのではないかな、と思います。地元ではいろいろなニュースで情報が流れているのでしょうが、全国ネットになっちゃうとやっぱり地震のほうが被害が圧倒的に大きいものね・・・

 

さてそんないつもの川沿いなのですが。ここしばらくの写真は8月の写真なので、まだまだ川は平和です。

茶色い塊がいくつかある・・・また、見つけました。

カメラで見てみたら、おおお!家族ではないですか。しかもかなり成長してますね、ベビたち。真ん中で唯一足が見えるのがママです。
割と今年は今頃になってカルガモの親子を見る機会が多くてとてもうれしいんだ~♪

私の姿を見つけて警戒したのかな(ゴメン)ママが泳いでベビたちの先頭の塊のほうにきました。そろそろいくよー。

ちょっとざわついてきました。

それにしてもほとんどもう体つきはママとおなじぐらいだよ・・・かわいいよめちゃくちゃ。こんなに固まってるーしかもそれぞれが思い思いに動いてるの見るのすごくかわいい!!!
のびしてたりして、何ともキュートです。

移動がはじまりましたよ。今回の親子は・・・なんと11匹のヒナを連れてます!スゴイ!!ここまで大きくなるまでに、ほぼ全勝に近いぐらいじゃないですか!?
きっと全然雨が降らなくて川の水も上がらなかったので、それがよかったのでしょうね。ただこの親子、初めてここで見たので、違うところで子育てをしてきてるんだと思います。
何にせよママの力スゴイ!!!
こないだブログにアップした親子は9羽だったので、この親子はまた違う家族のはずです。上流か下流かどっちかで子育てしてきたんじゃないかな(まだ飛べなさそうだし)。

わあーーーすごいなーー。

毎度面白いなと思いますが、ずっと水を泳いでいくわけじゃなく、ちゃんと陸(岩)の上を歩いたりしています。ずらずらーっと。

ひとまずここでもう一度きちんと集合&停止。ちょっとひとやすみだね。

 

このあと彼らはゆっくり川下のほうに移動して行きました。
泳ぐとあっという間にスピードが出ちゃうから、ここから先は見ているだけだったなぁ。でもありがとう。見させてくれて。
毎回親子を見ると強くそう思います。

 

けんか&最近のSNS

いつもの川沿いに行ったとたん、すでにいた2羽のコサギがけんかしはじめました。
この左側のコサギ、いつもケンカしかけてるヤツだなー?ここ最近よく見かけるんだよね。

怒られたのか右側、飛び立ちます。

まだ怒ってる。ぶわっとしてる。

またこれがしつこいんだよね~。右側にいるさっき飛んで行ったコサギのところを執拗におっかけまわしています。

後ろからきたきた!

結局、あっちの方にまで追いやってました。なんだろう?
縄張り争いなのかな。でもさあ、この川にいつもいつもこのコサギたちがいるわけじゃないしさ。

きっと、なにかあわなかったんだろうね。人間同士でもあるもんね。どうしてもダメな人。あれって何だろうね~。
一緒にいても全然分かんない人。何を考えてるのかっていうか、なんか、大体は同じ空間を共有してると合わせようとする気持ちみたいなものがあったりするんだけど、どうやっても無理って言う人。表むきはうまくいっているようにみえるから「いいな」て思えても実は全然思いもしないことを相手が考えていたりとか・・・

まあ、人は結局自分ではなくて他人なので考えてることが分からないのは当たり前ではあるのですが。どうしても無理だったら結局諦めるしかないんだけども。

あと、ネットでもあるなあ、そういうパターン。
こっちが意図したコメントを「えっそう捉えるの?」ていう視点から返事が来る人とか・・。ちょっと卑屈なお返事が来たりとか。えっそこまで思って言ってないけど・・て思って、いいわけというか「そうじゃないです」的に言葉を追加しても伝わらないことが。まぁ知らない人だったら諦めちゃいますけど。最終的は。
ツイッターとかでも、今は大体知っている人にしかリプしないけど、知らない人にリプするとあれっちょっと違ったか、て思うことは時々ありますね。

(ちなみに今のところはブログ含め私の全インターネット関係でそんなコメントをいただくことは皆無です!みなさん優しくてありがとう)

まあ、近づかないほうが幸、て感じでしょうかね。私も長くネットをやっておりますが(1994年からはずっとやってる)いろいろな折で、あれ?と思うようなこともありましたね。
それに、やっぱりSNSでもツイッターの場合は割と尖った意見(愚痴とかも含め)が感情的に入りやすいような「みんなが御意見番」的SNSでもあったりするし、リプをしたけどそれに対するお返事が来る場合と来ない場合があったり、とか、まあほんとに意味通りの「つぶやき」的なライトな感じで自分が接するぐらいにしとくのがいいのかなと思ってはいます。
ただ私はSNSの中でツイッターが一番好きだし、ヘビーに見てます。FBも見てるけど、やっぱりツイッターのほうが気楽かな~。
インスタはやっていません。多分今後もやるかなぁ?て感じ。
マストドンはアカウントだけ持っているけど、そこまでは今はまわってないかな。

というのも、mixiを先日開いてみてたんですよ。mixiもヘビーにやっていたころがありましたから、好きだったんですよね。そして今見てもあのレイアウトはとても見やすいと思う。お知らせもあり、コミュニティもあり、日記も見られてニュースや天気も簡潔に目に入ってくる。もうほとんど人がいなさそうだけど、SNSとしてはあれが一番見た目は今でもしっくりするなと感じます。フォントとか色合いとかも含め。
SNSってそういうのも自分の居心地の良さとかかわってきますよねー。
そういえば「ログイン履歴の時間を表示するかも」ってツイッターも先日話題になってたけど、ツイッターにいらんと思うんだよね・・mixiは割と限られた空間だったので、友達がログイン中だったらすぐに連絡取り合えたりが便利だっただけで、ツイッターにも要るかなぁ。多分その機能が追加されたとしても私は設定しないと思うな。時間機能みたいなものは不特定多数の人に知らせる必要なんてないと思うので。有名人なら別だけど。

結局、SNSがどんどん日常に入ってきたことで、自分の気持ちを口で言うだけじゃなくて改めて「文章」にして世界中にばらまくということをする人口が圧倒的に増えたので、もう文字だけのやりとりでは人間性をはかれなくなってきたのかなと感じてはいます。
こういう私のようなコアな趣味的なブログとかでは割と分かる人というか、合う人が多かったりするのでほとんど心配はしてないんですけど(それにここにたどりついて、なおかつコメントをいただけるというのはある程度の一歩の勇気みたいなものもありますしね←これが受け取り手にとってはとてもうれしい。コメントをいただくことよりもうれしかったりしますよ!)自分のテリトリーで楽しくできたらいいな、というのがモットーです。

 

ともだちのーー、わっ!

高まる防災意識(と大げさにいうほどの内容は今日は、ない)

ダイさんの飛び出し。白い色合いの光がちょっと変わってきましたね。秋っぽい感じ。
まだまだ暑いのだけど、ちょっと朝日が澄んでた気がするな。

この日はまだまだ暑い日でした。最近やっと涼しくなってきたね~、朝晩が。
まだクーラーは入れています。

オチリ、ぬれないのかしら。

普段は歩いていても足が見えるぐらいの浅さの流れですが、この日はちょっと水が多かったのか、それとも深み(というほど深くないけど)のところなのか。
浅いほうがお魚見つけやすそうだけどどうなんだろう。

ちょっと飛んでは着水、また飛んでは着水。結構深いねここも。限界ぐらい?

幼そうなアオサギさんもいました。飛び立つ瞬間です。

幼いアオサギさんは色素が薄いのでなんとなく遠くから見てても分かってきました。
何を考えているんだろうね。
グレーの色がなんか、大人の色よりもみずみずしくてきれいな気がします。

 

今回の台風と、北海道の地震。
嫌でも防災意識がいつもより高まっています。これを機に自分の家や車、そしていつも持ち歩いている荷物の中での防災グッズをいまいちど点検中です。
ここまで本気でいろいろ考えてるのは初めてかも。ちょっとマジです。
いまいちど、いまいちど。

災害に遭った時に防災グッズの整ったところに自分がいるかどうか(持ち歩いているかどうか)というのもあるけれど、できるだけの持ち物は気を付けていたいなあ。
となると自然にいつも持ち歩いているバッグが重くなります(笑)そして車載の防災グッズもどんどんトランクに増えていきます。

防災グッズについてはまた改めて記事を書こうかなーと思っています。本当なら実際自分が災害に遭って、これが一番必要だったっていうのがリアルに分かって書くのが説得性はあるけれど、ありがたいことに今のところそのような状況にはいないまま過ごしてきました。ただ、これからどうなるか分からないので、できる限り「もし」って状況をシミュレーションして防災グッズを日常生活に近い形で揃えて行けたらなと思っています。

 

台風、こわかった。

台風とてもとても怖かった・・・。
日中~夜にかけて、中心部ではない台風の右脇の暴風域が入っていったエリアにいますが、まあほんとに怖かった。
風の音も相当だったし、すぐ100mも先にある街路樹が倒れたり、うちには金属の畳一畳ぐらいの板が飛んできていたり(うちの職場の看板が飛んで行ったかと思って焦ったら違った)。

わぁぁ風がぁぁ!と思った瞬間にそんな音がしたり、また、すぐ近くの看板も飛んで行ったみたいだったので、瞬間風速でそうなったんだろうな。
とにかく、私の家も、実家も職場もなんともなかった(多少植えてある庭のいろいろが倒れたりしてしまっていますが)ので、ホッと胸をなでおろしています。

 

が、今度は北海道の大きな地震。
天災はほんとうに、困るよね。一日も早くみんながいつもの日常を取り戻せることを願っています。もうそれしか願えないよ。

 

 

川沿いの、真夏によく行ってたほう。おりてきました。ダイさんかな。

控え目に見てますね・・・。いつも「それじゃつかまえられないよう」てツッコミ入れてます。こころのなかで。

もう一羽来ました。2羽で、なにか水面を見ています。

が、ここでハプニング。2羽よりちょっと大きなダイさんが、後ろからお叱りをしました。
あわてて飛び立とうとする2羽。

なにかあったのかなぁ。気に入らなかったんだね、後ろからきたダイさんには。

何にも悪いことはしてない気がするけれどもね・・?

まんなかにいた、2羽目。逃げなかったんだけどまた後ろからさっきのお叱りダイさんにガン見されてます。ちょっと左の子、頭がけば立ってる(笑)

場所を変えて今度はその2のコースに。ここにはコサギさんがいました。

カルガモちゃんたちも。この3羽は時々みかけます。セットになってる。

コサギさん、身ごしらえ中・・・

このコ、オシリのクルンとした毛がかわいいな。

そしてアンテナもたってる・・・。かわいい・・・。

 

台風でサギのコロニーも枝がかなり折れてしまって半分ぐらいのスペースになってしまっていました。来年どうかなぁ・・。というか、冬場にダイサギさんたちやってくると思うしそこを使うと思うけど、留まれるスペースがそれだけ減ってるのでみんな来てくれるかなと心配です。

いったん飛ばしてから、待つ

いつもの川沿いコースのその2に来ました。
コロニーのあるその1の場所は、よく飛んでるサギを撮ったりしてきたんだけど、そもそもコロニーにいるサギがかなり少なくなってきたのです。当然あまり撮れなくなったので、気分転換にこっちに来ました。

ここは多少は川の水面に近づけるんだけど、一番下までは下りられない所です。ちょっとした堤防ではないけど、そんなところで座ってくつろぎながら待つスタイル。

幸いにもササっちが臨戦態勢になってました。かっこいい!

どうかな、なにかいるんだね。

このときはつかまえませんでした。期待したけど・・。

ざんねん~、多分私のせいですが飛んで行ってしまいました。
ここは、階段を下りて行く時にいったん鳥さんをだいたい飛ばしちゃうんですよね・・・。それが申し訳ないというか。ああーごめんって毎回思います。
また戻ってきてくれたりするんだけどね。それを待つ、って感じです。

おや、今度はこちらで、幼鳥らしきササっちが狩りをしています。
なんか、石みたい。後ろの石と色が同化してる(笑)

 

水面すれすれで撮っている写真ってどういうタイミングで撮ってるんだろう。
ひたすら待ってるのは分かるけど、いったんはそこに近づくまでに鳥さん飛んで行ってしまわないのかな。
ブラインドを張るにしても、張ってる時に飛んで行ったりしないのかな。それとも夜とか早朝に、起こさないようにブラインド張ったりするの?一回張ったらそのままにして何日も使うの?
いろいろと分からないことが多いです・・。

ハクちゃんのベビかな?やってきました。

ちょっと乱れた感じで、なおかつ首がほそいのがまだあどけないね。

 

初見さんと癒し系

今これを書いてるのは台風がこれから来る時。
大丈夫かな~、なにごともないといいな。みんなにとって。

川沿いをてくてくお散歩していたらちょっと見慣れないお顔。
あ!ホオジロのヒナかな?珍しい。多分わたし、初見だと思う。うれしいよ。

2羽いました。最近このへんで親が巣材を運んでるのを見かけたから、どこかで大きくなったんだね!えらいえらい。

背景がちょっといまいちだけど・・・まあいっか。
すでにかなり警戒心も強い子たちだったし。

どことなく幼げでかわいいな。

カルガモちゃん。実は羽根をけがしているのか、それともなにかあったのかで短めなんだよね。
ひとりでいることも多くて。元気そうだからあまり心配してないけれど・・

ちゃんと飛べる子たちが空を飛んで行くよ。

この日は条件もよくって、並んでる所が撮れました☆やったね。

元気よく向こうに向かって飛んで行ったよ。

コサギさんも通過。

カルガモって言うのは見てると落ち着きますね。
癒されるよ。