かわいい茶色のきみとヌスビトハギのきみと

昨日の最後の写真でひょこっと目の前に登場した子はこの子だったのでした。
ノビタキ・・・だよね?だよね?きみ、去年も1日だけ見かけた子だよね?
今年も寄ってくれたのかな!?わおわお、うれしいー!

そう、去年も、いたんです。1日限りで。
うちの地元はほとんどノビタキ見かけないので(いるかもしれないけど私の動くエリアにはいない・・)すごくうれしいんです、逢うと。

そう、前もこの木にとまってくれたよね!わあわあ、今年もとまってくれるのね!

ぶるるん!

ぶるるるるるん!

すぐ整うね。

結局この子もこの日1日限りで、次の日に行ったらもういなかったなぁ。でも、もし去年の個体と同じだとしたら、すごくラッキーな気がするよ。もし私が鳥の言葉が分かる耳を持てていたら、きみの冒険話をいっぱい聞いてあげたい。

 

この日はホオジロちゃんも見やすいところに出て来てくれてました。
おそらく昨日のおとこのこのペアの、おんなのこです。ちっちっち、て鳴いてます。

おやおやおや、首すごいね。180度まわるんだ!

なんとなくおぼこい感じがとてもかわいらしいね。

草むらにはベニちゃん。しっかり太陽があたりはじめたらみんな羽根をひろげるの、すごくかわいい。

太陽の光がまぶしすぎて青色がとんじゃった、しじみん。

ヌスビトハギは彼らの休憩場所にぴったりみたい。
花の色がしじみんの羽根の色(閉じた時)と同じなんですよね。まだこの時期は花が咲いている枝も多いので、しじみんが擬態した感じになっています。いいところを見つけるよね!

いろんな子に逢えてたのしいな。

 

コメントを残す