チコちゃんの秘密☆

実はもうだいぶ前、9月の始めのことなんですけど、いつも好きで見ているチコちゃんの舞台裏、という面白そうなセミナーを見つけたので神戸まで行ってきました!

これはNHKカルチャーセンターが開催したもので、9月は神戸で、そして今月は広島だったかな?でも、講演する方がかわって講座があります(広島は確か今週末だったような)。

・・・ということだったので、とても楽しみに行ってきました。
チコちゃんって、表情がすごく豊かですよね。CGでやっているというのは知っているし、何気なく見てても実はすごい技術なんだろうなというのが分かる番組ですよね。

私が受けた神戸の講座はこの番組のプロデューサーさんが講師でした。

 

この番組を作ったいきさつから、現場ではどんな感じなのか、そして一体チコちゃんは誰がやってるのか・・・・私が聞いて覚えている限りが以下です!

・一番知りたい「チコちゃんって誰がやってるの?」はトップシークレット。木村さんじゃない?という声もよく聞かれますが、当の木村さんは「俺じゃね?」とか言ってるみたいです(笑)
身長とかの差も気になりますが、岡村さんとゲストの方は通常一段上に舞台が作られてますよね。あれも意識してそうしているみたいなので、チコちゃん自体の身長も普通の大人の人が入っていそうな感じですよね?
それから最後の縁側のところを見ても、岡村さんとの身長差を見るに、なんかホントに木村さんが入ってそうな気がしますよね~。どうなんだろう!?動きとしゃべりもぴったりだしね!

・舞台の背景にある小道具はすべて「ひとひねり」したものが置かれているそうです。背景にも注目して見ていると、なんか有名なものをもじったような小道具がたくさん置いてあるんですが、ひとつとして「そのまま」のものはないそうで、大道具さんがなにかをひとひねりしたアイデアを生かしているそうです。
そう思って見ると「ほんとだー」てなるよ。

・キョエちゃんって誰?
番組の最後の縁側で出てくるキョエちゃん。「おかむらおかむらー」て言ってるあのキョエちゃん、反響がとてもいいらしくて、今後キョエちゃんの背景に迫るような展開も考えておられるそうです。キョエちゃんには家族がいるのか、とかね!

・チコちゃんのCGについては、NHKのCGのチームの技術力がすごくてあんなふうに自然な感じにできているそうで。ちょっとでも人間らしくするには、視線の行き先とか、その時の首や体のバランスとかが不自然だとすぐ違和感をわかってしまうそうで、それをなくすために加工されているのだそうです。チコちゃんの目にスタジオの照明の光が映るのも、もちろん加工されてああなっているんだって。すごいなー。

・スタジオのチコちゃんには顔があるのか?という質問が出て、その答えは、あるそうです。どんな顔なんだろう???
そしてスタジオでは岡村さんを始めゲストの人にはほとんど打ち合わせなしでぶっつけで番組が始まるそうで、岡村さんも展開を知らされないままっぽいです。打ち合わせをするのは木村さんとアナウンサーの方ぐらいなんだって。
そして、ゲストの人の、チコちゃんが「ボーっと生きてんじゃねーよ!」て言う時に「わわわ」て体を反らせたリアクションをしているんだけど、あれはああやってくださいって指示しているわけじゃなくて、きっとゲストの方が自分が出る前に前の番組を予習して、前に出たゲストの人がそうやっているから自分もやろう的な感じでリアクションしてるのではないかな?と講師の方はおっしゃっていました。

あとはなんだったかなぁ・・・忘れちゃいましたが、たくさんのチコちゃんの秘密を教えてもらいました!楽しい講座だったなー。

講座中、きっと私も含めて誰もが「チコちゃんここに来てくれるのかな!?」て期待は持ってたと思うんだけど、さすがにそれはなかったです・・。ひょっとして!?て思うよねーふつう。けど、秘密もある程度あったほうがこれからも楽しく見るし、これからのチコちゃんの展開が楽しみ!

日帰り神戸旅だったので、朝行って、ランチは近くの中華屋を調べて行って食べて、講座を受けて、ちょっとデパート行ってお茶して、地下うろうろして帰ってくるという、神戸に行ったからどこかへ行ったというのはない旅でしたが、良いリフレッシュになりました~。

コメントを残す