いろんな発見

あかん・・・あかん・・・風邪気味かも。
なんとか元気になりたい!

ちょっと前の朝。エナガちゃんがサンカクのごはんをみっけたね。

すぐに食べないで、しばらくくわえていました。

エナガちゃんとシジュッちは混群で動いていることが多いから、この日も一緒にいたよ。
なんか、シジュッちが周りを警戒するパトロール班的な役割をしているように見えてしょうがないことが多いです。
ちょっと気になるものや、空に飛びものがあるとすぐにシジュッちが警戒して鳴いています。

がんばりやさんだね。

みすじちゃんかなぁ?

川にはまだ、冬の鴨類は来ていません。カンムリカイツブリだけかな。
カルガモたちの姿が増えて来て、なにかあると飛び立っています。

イソシギらしき子がぴぴぴーっと鳴きながら通過。このイソシギは、多分去年からここにいてずっと単独行動しているんじゃないかなあ。

黄色いボートと赤いオールとカルガモちゃん。

いましたいました、水上の貴族(勝手に呼んでる)。

それから、対岸のほうになんかわからない木の停まり場所みたいなところがここ数日あって、そこに鳥さんがいたから何かなーって撮ったのですが。
水にいるのはカルガモたちですよね。寝てたりします。
木の上にいるのって、カルガモじゃないよね。
・・・ウミネコ????

 

ウミネコだとしたら、ここは内陸だし、ユリカモメはたまに見ることがあってもウミネコは初めてだと思う。幼鳥かなー。

渡りの季節っていろんな発見がありますね。

コメントを残す