残念なニュースでした・・

個人的にはとても残念なニュース・・・

独VW、「ビートル」製造を2019年に終了 小型車の象徴的存在(ロイター)

https://reut.rs/2xcwNZt

(↑時系列で違う記事出ちゃってたらゴメンナサイ)

 

時代の流れもあるので仕方ないのだと思います。ビートルが大好きで、いつか乗りたいと思っていて念願の赤いビートルを手にしたのは20代後半の時。それから「もう無理」という廃車になるまで11年半だったかな?乗りました。
新車で購入して3年目からあちこちが壊れ始め、ひととおりいろんな部品は交換したんじゃないかと思います。最後の3年ぐらいはエンジンをかけるたびに「エンジンとまるなよ~?」と願いながらキーをまわしていました。私の車はどうも速度メーターのイモビ部分が弱かったようで、3回はメーター交換しましたね。4回かなぁ。その他ガソリンのにおいがしたら配管にひびがあって交換してもらったり、エンジン回りの部品の劣化はだいたい交換し、ビートル特有の室内天井の布がはがれてたれてくる現象も直し、ほんとに笑えるけど最後は運転席の室内から外に出るときのドアの持ち手に亀裂が入り、ボンドで補修してドアを開けるときはなるべくその取っ手を使わないようにしたり、ダッシュボードも鍵が壊れちゃって開けられなくなってたりと、それでも大好きで乗り続けた車でした(長いね)。

私はニュービートルになってからの第二世代を買ったわけですが、そこからザ・ビートルにうまれかわり、サイズも大きくなりちょっとポルシェっぽいデザインになったころから、「ビートルはかわいいっていうよりちょっとかっこいいのか?」という路線になり始めましたね。価格も上がったし。

ニュービートルに乗りたいという私の夢は、私が生きている人生でかなえられたので本当に良かったと思っています。乗りたいと思う時に乗っていて良かった。今もし憧れを持ちながら過ごしていたら、絶対に後悔していたと思う。

人にとって大事なものはいろんなものがありますが私にとっては車がほぼ生活の中で一番力を入れたい好きなジャンルなので、いろいろと大変だったけど、赤いビートルは心の中でも生きつづけてるんだ☆

 

今後VWはEVに力を入れて行くようですが・・・じゃあかわいいビートルでEV作ったらいいのに、とつい私は思ってしまいますが、やっぱりザ・ビートルのサイズ感でEVとなるとコスト的にもいろいろと無理があるのでしょうねー。
それに、変化をしていかないと顧客は飽きますからね。次なる、新しい、素敵なクルマづくりをしていってほしいし、その中で私もデザイン等に惚れた車が出てきたらいいなぁと思います。

 

ああーそれにしても残念だーーーこればっかりはなぁ。しょうがないもんなぁ。
日本から撤退する、というニュースは少し前に知ったけど、その時も相当落ち込んだりしたもの。

かわいい車が街からすこしづつなくなっていくのかなぁ。

 

 

コメントを残す