ウルウル乙女

梅雨ではありますが、雨はそんなに降りません。
いつもの公園でぜんぜん鳥の声も猫の声もしなかった上にちょっと暑かったので、田んぼコースに行ってみようかなぁ、と思って出かけました。
ふと、いつも曲がるところで茶色いなにかが視界に入って来て。
ん?て思って二度見したら・・・えええ!!うそうそ!!きみたち!!!!タマシギ!!!???(私の驚きと戸惑いが!や?に含まれております)

あわてて車を引きかえし、もう一度、確認。やっぱりそうだ。
タマシギのめおとがいました。うそーここにもいるんだー!きてるんだー!こないだダーウィンで見たばっかりだよーー。

 

ここの田んぼ、私もそんなにたくさんはいかないけれど、夏はだいたいケリがいて、あとはサギ類と、カルガモも何ペアかいるぐらいなんですよね。去年はほんとに一瞬シギ類がいたりしたけど、だいたいはいつものメンバー的な感じだったんです。
なのに!タマシギ!すごく意外だったのでびっくりしたし、すごくうれしかったです。
でもちょっとまってね・・きみたちがいるところ、新しく建物を建てるために整地した所なんだよね。まさか営巣してたりは・・あ、してないね。よかった。

タマシギは派手なほうがおんなのこ。地味なほうがおとこのこです。

ううっ、ほんと、地味ですね。私のことは意識してます。一応車中から。でも急に車を停めることになっちゃったし、大丈夫かなぁ。ちょっとだけ撮らせてね。無理はさせない。

それにしてもこのタマシギのおんなのこのおめめったら・・なんとまあ色気があるのでしょう。ウルウルしてます。
なんか、すごい興奮しちゃってエンジン停めてないもんだから、結局ブレ写真連発でほとんどピント合ってなかったりするんだけど、それにしてもほんとにおおきなおめめ。

何かを追っかけるようなしぐさもしてくれました。ちょっとぶれてる。

ビニールの線がはられているので、移動するのにはこれを超えなくてはいけないみたい。後ろにおとこのこがいますが、先導するのはおんなのこなのですね。

あああ・・目が・・・つむってる・・・まるで絵にかいたようなつむりかた、かわいすぎるうーーーーー!!

 

このあと2羽でより奥のほうに歩いて行ったので、これ以上は追いませんでした。うわぁ嬉しかったなあ。また逢えたらいいよなあ。

 

田んぼにはそのほか(今日はほか扱い 笑)夏のメンバーがいらっしゃいました。

ケリたんだ!と思ったら、幼鳥ですね、まだ。なかなかこの田んぼで子育てのシーンは見れませんね~・・。まぁそんな見やすい場所で営巣はしてないと思うけれども、私もそこまで探しまくって追いかけまくるつもりは全くないのですが、いつかちいさなベビを見てみたいな。

ダイサギさん、そこそこ優雅に田んぼをあるいていらっしゃった。

独特のフォルム。見ていても嫌気を感じさせないのはその真っ白な体と優雅な体つきからでしょうかね。

意外と、魚もカエルも虫も丸飲みにしちゃう豪快さはあるし、顔は決してにこやかではないけれど、魅力的ですね。

 

はあびっくりした。ほんとにタマシギの乙女は、色気たっぷり。

コメントを残す