営業活動に戸惑う私

きのうから数日間は「きゅきゅの地元の猫あるき」回、です。

きのうのつづき。

結局、10分ぐらいじーーーっと虫を見ていたけれど捕まえるほどの気合いはなかったようで、赤にゃんこはだらんと休憩。
ずいぶんフレンドリーねぇ?今まで私の前でこんな態度取ったことがないよねぇ??

 

ヒョウ柄も、少し移動。石の上にちんまり。

端正な顔立ち。猫の表情っていろいろですねー。
でもあまり意識して見ていることがなかったので、あんまり、わかりません。どういう子がいい顔をしているかは。

たまに「あーあの猫はおんなのこかな、カワイイ顔しているなあ」ておもう猫に逢うことはあっても、大体私が見るのは外猫ばっかりなので、まあみなさん自然界での経験に満ちた顔をしています。

 

白いところが多い猫ってかわいいな。

こんな表情をしてるの初めてなんだけどな・・・
気を許してくれてるのか、ただ気が向いただけなのか。

ちょっと鳥が上を通過しました。この写真、個人的に好きな感じ。

これも、好きかな。
何かに興味を持っている様子もかわいらしいですね。

ふと立ちあがって、下の方にいる赤にゃんこに声をかけます。
ねえ、早く行こうよー、もう待ちくたびれちゃったよー、て雰囲気。

私が先に行くんだからね、って、ちょっと歩いて赤を誘います。

赤がきたきた。
かわいくとびかかって、まるで人間を見ているよう。
「ごめんごめん、またせたねー」

そして、上の方にふたりで歩いて行きました。

 

こういう首輪が付いてて外を歩いている猫とはどう接したら良いものなんでしょう??
えさをあげたりする気は全くないけど、やっぱり夜だけ家に戻ったりしてるのかな~。首輪してるし・・・。
いつも愛でているおじさんたち、いますが、この人たちが飼い主なのかも分かんないんですよね、そもそも挨拶ぐらいしかしないし、しないようにしているので(なぜならしゃべってる時間が私にはない)。

また明日もこうやって出逢えるのかな・・。

コメントを残す