猫営業活動

いつも私が鳥撮りお散歩に行く公園には、時々にゃんこたちも歩きまわるのですが、だいたいは近くに行ったりすると逃げて行きます。
私ももともとあまり猫とのご縁がない生活を送ってきているので、正直猫との距離はちょっとわからないところがあります。
だから猫のほうもそれを察して近寄ってこないのかな、と思っていました。

 

ところが、6月に入ってから急に彼らと私の距離がぐぐっと近づいたんですよね。なぜなのか、わかりません。
きっと猫世界で私への営業命令が下ったのでしょう。ふふ。

 

今までは数m先にいたらそそくさと去っていくのに、この日はどれだけ近づいても大丈夫だったので、ちょっと撮らせてもらおうかなと思って何枚か撮りました。
この2匹は御近所のおじさんたちに愛されているにゃんこで、首輪もつけてもらっています。日中は好きなようにさせているみたいだけど、私はおじさんたちがこの子たちを触ったり愛でたりしているのを見るだけで、私が積極的にさわりに行くっていうことはしていませんでした。

2匹、仲良しみたいね。

肖像権かかっちゃうかな(笑)
手前の子はヒョウ柄の首輪、奥の子は赤いハートの首輪。
どちらもとってもお似合いよ。

この2匹の立ち位置は、後ろにいる赤にゃんこのほうが上のようで、手前のヒョウ柄はどこに行くにも赤にゃんこの顔色をうかがったり、鳴いて催促してみたりはするけど自分から仕掛けて行く感じではありません。

ちなみに赤にゃんこはなにをしているかというと、草むらに虫がいて、それをじーーーーーーーーっと10分ぐらい見ています。ながい。

赤にゃんこは動かないのでヒョウ柄は待ちくたびれたように近くを動き回ります。じゃ、私のお相手してね。

手持ち無沙汰感満載です。

舌、すごいねえー。ざらざらだー。これだけざらざらなら毛づくろいも難なくできるんだろうね。

ヒョウ柄にゃんこ。警戒はしているようですが、今までみたいな「わわわ逃げろー」て感じではないですね。

ちなみにもともと私自身は野良猫(外猫)には一切触らない方針でやってきましたが、この子たち毛並みがいいのですこし触れるかな?と思ってチャレンジしてみました。
赤にゃんこは背中を触らせてはくれたけど、指で触ったら背中がくにゃーーーんと反ったので「あ、あんまり好意的ではないけどまあ触ってもよし」ぐらいに思われたのかも?
ヒョウ柄のほうは全くダメでした。手を出すと離れて行きます(1mぐらい)。

 

猫、かわいいかも・・・。それにしても全く距離感がつかめませんー。
犬を飼ってきた経験があるから、なんか、猫にはどう接したらいいのやら。
喜んでる感じしないし。むむー。

次に逢った時も近くに寄ってきてくれるかな。

 

ところで最後の写真なのですが・・(前も載せてます、1回)。
私、ほんとにツメがあまいのよね・・。背景とか考えたつもりなのに、鈴に1本の雑草がかかってる。この1本は見えなかった~(涙)
気を付けてるつもりなんだけどなあ。撮るときに。できるだけ。
これさえなければなーってことをこの日も思いました。まだまだです。

コメントを残す