またもやもやしてきちゃった

びよーん、とのびちゃってる。
なにか、さがしものだね?

タンポポが咲きはじめてからやっと、タンポポむしゃむしゃカワラヒワの気にいった写真が撮れるようになってきました☆

ふわふわのなかで、むしゃむしゃしている感じ。
かわいい・・・!!

めずらしくメジロちゃんがいました。
うわーすごい白飛びしたーー(笑)

そうそう、びっくりなことにまだオシドリたち、いたのよ。
ほんとにびっくりした。1ペアだけだったけれど。
移動しないのかなあ。ただ、それ以後見ていないし、いるのかどうかは今は分からず・・

体の色とおんなじグリーンのアオジ。
このころほんとにかわいくよくさえずっていて、聞いていてうっとりしてました☆

小さい写真なのだけど・・・実は拡大するとすべてコムクドリ!
あああーーコムクちゃんは2年前に1回しか近くで撮れていません。
ほぼ初見初撮りの鳥さんに近いです。
これぐらいのサイズの群れが2つ、いつもの公園に来てはいましたが、始めずっと普通のムクドリだと思っていたのでこの写真を撮った後も確認しないまま、この日はスルーしちゃってました。
どのみち、彼らもいつもの公園の真ん中にいてくれたわけではなく、私が写真を撮れないエリアとか(立ち入れないところ)、木の上の方にいたみたいなので、頑張れば撮れたかもしれないぐらいの感じではありましたが・・・

リベンジ、したい!

 

 

最近、また写真についていろいろと考えてしまっています。
あんまり深刻には考えてないんだけど、なんていうかなぁ、自分の中の図鑑埋め的な鳥見も楽しいけれど、それがしたいために撮ってるのかなーって思ってみたり。
それから、はっと驚くような素敵なシチュエーション(たとえば500pxでアップされてくる海外のクオリティの高い鳥写真みたいな)で撮るには場所も待つ時間もかかるのは分かるのだけど、場所って・・・そんな場所、見つけているようで地元にはないのかもしれない、と思ってみたり。
一応ふつうの市街地だから、限界はあるのかなぁって。背景がきれいにボケて無駄なものが写らない写真を撮りたいと思っても、やっぱり雑草が入ったり、後ろの建物が入ったり、看板があったり電燈があったり、するんだよねぇ。なるべくそういうのを避けて撮ってはいるけれど、思い切り自然の場所ではないから、どうしても思ったように撮れないことも多かったり。「この電柱なければいいのに」とかさ。

ただ、思い切り自然の場所にいけばその鳥がいるかっていえば、多分いないし。

絶景は自分で見つける!というモチベーションは普段から持って動いてはいますが、「う~ん」と悩むようなことも多くて、このままでいいのだろうかって感じたりもします。

 

コメントを残す